スポンサーサイト

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫のいる生活

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07


ghjgyt

主人の母は心臓の持病があった事もありますが、子供達に遺言書も残し、
自らで葬儀の全ての手配を生前に行っておりました。
本当に凄い母でした。
穏やかな、晴れ晴れしい、静かな葬儀でした。

”生まれ来る事も、向うの世界へ旅立つ事も、
やはり友達、仲間、親族と供に共有する事”が本来のあるべき姿であると••


yu76543

何故か??

yuite33

みんな主人にすりすり••

yuuu765

あの~私の体も空いていますが••

tyu6543

あたちは、父たんのかばんにスリスリなの。


futo546

千葉発 至急里親募集。
ガリガリで目がグチャグチャだった仔が

fda

こんなに可愛くなりました。

fda


詳しくは”ぶしろぐ”

のブログで。
あたち、早く優しい母さんと父たんに逢いたでちゅ

保護主さんもワンルーム成猫と暮らしており、
成猫さんのストレスがマックスらしいです。

多くの心優しい方の目に止まる事を祈っております。

futo546

fda
人間達よ、なじぇあたい達をしゅてる!!
あたい達のちかえちは3倍がえちよ。覚えといてね!!


島根発 山道に捨てられた衰弱していた3兄妹
今はすくすく元気に育っております。
里親様募集中!!


bv
ハチ君 約3ケ月(♂)
cvvfdsv
きゅうちゃん 約3ヶ月(♀)
bbvvv
じゅうちゃん 約3ヶ月(♀)

詳細は”おでぶにゃんこさん”経由
"島根動物愛護ネットワーク”のブログで。


futo546

”おいらの仲間、プルタン”


bんkj

3歳くらいの男の仔だ。
人間大好き、でも、猫は嫌いらしい。
四肢に障害があって常にプルプルしているから
名前はプルタン。
先天的ではなさそうなので、車に轢かれてたのかもしれね~んだ。

おいらのマブダチの武士君の母ちゃんが
大家さん猫おばさんと一緒に
江戸川のにゃんこの保護活動をやっていて、猫おばさんの家に
連れて来られたプルタン。でも、ここの家にはもっともっと
傷害を持ったにゃんこ達が沢山居候していて、
プルタンは里親さんが見つからないと、
また江戸川沿いに戻されっちまうかもしれねえんだ。
優しい父ちゃんと母ちゃんを何とかして見つけてやりてぇな!



詳しくはぶしろぐ
futo546


”太っちょ通信”
 
 
futo1751

futo546FeLV(猫白血病) futo546
BiBiちゃん頑張ってるよ!
今度は、BiBiちゃんが奇跡を起こす番だな!
応援パンチ頼むど~
病気なんか、食っちまえ!


futo546 


me700

桜の花とBiBiちゃんはとっても似合っています。
そして”生きてやる!”というBiBiちゃんの生きる息吹を感じます。


”cats freaks panther"さんのブログ
のBiBi
ちゃんは母猫の体内にいた時にFeLVをもらい、
発症してしまいました。癌が発覚して抗がん剤の治療中です。
抗がん剤の合間に インターフェロンの連続投与をしています
今度はBiBiちゃんが奇跡を起こす番。

スポンサーサイト

« はっけよ~い。|Top|お留守番 »

コメント

葬儀ご苦労様でした

生前から何もかも手際よく執り行ってるとは見事な生き様でしたね・・・
人が亡くなるということは大変なことで、それを悟ってたとしても見事というほかありません。
逝く者が辛いのは当然としても、送る者も辛いのは事実。
ご苦労様でした。
昨日は母の二回忌で墓参りに。
本当は今日ですが、皆の都合を考えてでした。
墓地は見晴らしのいいところで紅葉真っ盛りでした。
母が亡くなったとき、紅葉を愛でる余裕などありませんでしたけどね・・・
残された者は悔いのない人生を送ることが、亡き者への恩返しになるのかも知れませんね・・・

実に天晴れなお母様ですね。私には子供も夫もおりませんが、己の死に向き合う凛とした強さや、残していく肉親を思いやる優しさに感嘆します。

旦那様、思いっきりお顔スリスリされていますね。猫の顔の力(変な言葉?)って結構強いんですよね。角度が悪いと鼻当ての部分が鼻に食い込んで結構痛いんです。。。

ご冥福をお祈りいたしております。

 母さん、ご葬儀お疲れ様でした。立派な・・・素敵なお母様ですね。
 離れていてもずっと見守っていてくださったお母様が・・・と思うとご主人の切なさや悲しさはいかばかりかと・・・。きっと、母さんという温かくて素敵なパートナーに巡り合えたことに安心して旅ただれたのだと思います。
 これからはずっと父さんと母さんの胸の中で、いつもしっかりと支えて見守り続けて下さることと思います。
 私もお母様のように生きられたら・・・と思いますが、深い慈愛と強い心がないとお母様のように潔い生き方をするのは難しいです・・・。本当に素晴らしいお母様。。。。
 どうか・・お力落としの無いように、これからはお母様も分まで母さんは大変だけどきっと困ったときや辛い時にはお母様がそっと背中を押して支えてくださるはずです。
 心からお母様のご冥福をお祈りしております。
 母さん、元気出してね。。。

ご冥福をお祈りいたします

母さん、お疲れ様そしてご苦労さまでした。

生前に自ら葬儀の全ての手配を済ませていらしたなんて
ほんとうにすごいお義母さまだったんですね。
そんなお母様に育てられたご主人も素晴らしい方に違いないと確信しています。
だって母さんが今こうやって心穏やかな日々を送ってるということが、
それを証明してくれてますものね!
そんな素晴らしいお義母さまに出会えたことは母さんの一生の宝ですね。
お義母さまも母さんだから息子を託して安心して旅立たれたのではないかと・・

心よりご冥福をお祈りいたします。

義父が亡くなった時に人目もはばからず主人が男泣きに泣いていた姿が忘れられません。
ご主人様をどうぞいたわってあげてくださいませ。
お義母さまのご冥福をお祈りいたします。

親は偉大

うちの母は胃がんの術後経過が思わしくなくて亡くなりましたが
手術前一時退院した時にもう生きて帰宅できないと予感していたのか
1週間の間に家中の掃除をしてから再入院しました
亡くなってから自分の葬式費用を用意していたのを知り
改めて親の偉大さを知りました

それにしてもニャンズたちは
ご主人が好きなのですねぇ♪

素晴らしいお母様ですね。
そしてそのお母様を大切に想ってらっしゃるママさん・・・
また素晴らしい方なんだと思いました。

にゃんずも、パパさんの胸の内を知って
何も言わずに寄りそってくれているのかもしれませんね。

このお写真はご葬儀の後に撮られたのでしょうか。
すべてきっちりなさって旅立たれた
お母様の気持ちを表すかのようなきれいな空・・・
きっと、ママさんのことも天国から支えてくれると思います。

心よりご冥福をお祈りいたします。

dejavuewords さんへ

dejavuewordsさんのお母様が旅立たれて、
既に一年の時が過ぎてしまったのですね。
本当に早いものです。
如何に死ぬかを考えると、自ずと”如何に生きるか”を
考えます。義母の葬儀でお坊さんのお経を聞きながら
何故か海外で生活した過去の
思い出が走馬灯の様に頭の中を駆け巡りました。
年を重ねていても、若くとも、明日何が自分の身に起こりえるのか?
改めて、私も遺言書を残しておこうと思いました。(苦笑)
そして残された人生を悔いなく生きたいと、私も痛切に感じております。

黒目がちな巻き毛さんへ

本当に女性は男性と比較して、逞しく、頼もしいです。
あまりにも潔い死に方に誰もが”えっ”の言葉だけだった様です。
病院まで歩いて行った様ですから••
結構遊び人であった義理父が泣いていた姿に
本当に胸が痛みました。

何かを察したのか?白美ちゃんは主人にスリスリ、
太っちょもずっと寄り添っていました。
主人もこの3にゃんずがいる事で本当に癒されていると思います。:)

お帰りなさい。
ご主人のお母様を見送られたのですね。
御自身で手配され、希望の形で送られ、
残された者の為に、遺言状をしたためる。
とても、しっかり、毅然とした方だったんですね。

いつ迎えるかは解らないけど、その時に一つでも後悔することが少ないように、日々を大切にせねば・・・

お母様のご冥福をお祈りいたします。


ご葬儀等々でのお疲れを、
母さんもご主人様も残されませんように。

たかこさんへ

元気にしていらしゃいますか?
たかこさんもご自分のお母様とご主人のお母様と
何時かは死に直面する事と思います。
私も私の両親と義理父と••でも、葬儀に参列しながら
こんな場面は可能ならば二度と立ち会いたくないです。(苦笑)
82歳ですから、ある意味長寿は全うしていると思います。
それでも、それでもやはり別れは悲しいです。
ですので、たかこさんはお若くしてお父様が旅だっているわけですから、
気持を考えると本当に胸が痛みます。
主人は元気です。:)3ニャンズが心配で主人はもう2日位
実家にいると思っておりましたら、長男にもかかわらず、
告別式の夜中、名古屋まで帰ってまいりました。(笑)
今はにゃんずに癒されっぱなしです。:)

woobee さんへ

本当に潔い死でした。せめて”さようなら”の涙を流す時間を
作って欲しかったと思っています。
来年の春にはレンタカーを借りて
温泉に行こうと考えていた矢先の事でした。
何の親孝行も出来ずに旅立たれて、残された私は後悔でいっぱいです。
きっと今頃は主人の横で、厳しく叱咤激励していると
信じています。(笑)”馬鹿息子を宜しく”と言われていますので。(笑)
本当に優しい義理母でした。
残された者として、”限られた命を精一杯生きる事”
これが私達の残された課題かと思っています。:)

おでぶにゃんこ さんへ

主人は殆ど実家には帰らず、週に一度電話は入れても
2分くらいで終わってしまう義理母との会話でした。
その主人も主人の弟もやはり葬儀では号泣しておりました。
周りが涙をそそられました。
改めて、男の子と母親との不思議な結びつきに感動しております。

そして3にゃんず達に囲まれて悲しみも半分に。:)
もう、部屋いっぱいをみーと白美ちゃんが駆け回り、
太っちょは口開けてぼーっとしている姿を見ているだけで、
私達はどれだけ癒されていることでしょう。
凄いですね動物の目に見えない力は••:)
改めて、この子達と暮らせて本当に幸せです。:)

まっとし君へ

まっとし君もその若さで一体何人の身内の方の葬儀に参列
した事でしょう。その事を思うと胸が張り裂けそうです。

私は本当に久し振りの葬儀の参列でした。
幸せな死だったにも関わらず、辛かったです。
本当に辛かったです。出来るなら逃げ出したかったです。
これからまだ、何時か義理父と私の両親の葬儀に参列する事を考えると心が重くなります。
まっとし君のお母様も本当に偉大な女性ですね。
男性はきっとこんな準備はできないと思います。
これは女性の偉大さです。きっとまっとし君の中に
主人の中に”母”と言う存在は生き続けると思います。

はい、にゃんずは主人が大好きです。
私よりもずっとずっと大好きです。何故なのかな~(笑)
世話しているのは殆ど私なんですよ。ご飯も。
やはりまたたびでも塗っているのでしょうか?(笑)

下僕父は、自分が死ぬなんて思ってない状態で亡くなりました。
検査に行ったら即入院で、検査をする度に余命宣告が短くなりました。
家族も「ホントに死ぬの?」っと受け入れられない状態でした。
入院して10日後に、もうこの世にいなくなってました。
亡くなる直前まで普通に会話もしてたので、人の命って
突然終わるんだな…って初めて人間の脆さを感じました。
お義母様のように、生前にご自分で死んだ後の手配(お別れの準備)が出来たのは、
すごく幸せな最期の迎え方なのではと思いました。
お義母様のご冥福をお祈りいたします。

お久しぶりです!!

なんと、葬儀の手配まで生前に行うなんて、
なんと気丈なお母様だったことでしょう。
ご愁傷様、お疲れ様でした。
猫たちもなんとなくわかるんでしょうね。
お父様の方を慰めてあげようという感じが伝わります。

こんにちは

私も自分の人生の最後は設計済みです。
普段行き当たりばったりで生活していますが、最後のフィニッシュは綺麗に着地しようともくろんでいます。
全てを段取りしていた義理母さまを参考にさせて頂いて、更にいいプランが出来上がりそうです。

最初の写真を見て宇田さんが
「あれ?これは白美?太っちょ?」って訊いてました。
私は白美って解りましたが、宇田さんは大きくて理解出来なかったみたいです。
親が大きいから、子供も大きくなるよねって話しで盛り上がりました。
パパさん、3ニャンズに囲まれて、癒されて下さい。

あんずミャミャさんへ

義理母の潔さに本当に驚かされました。
元々心臓の持病を持った母でしたが、
此処まで計画的に死を見つめていた事に我ながら”あっぱれ”です。
その点息子(主人)は本当に暢気で、ひらひら蝶々の極楽とんぼです。(笑)
全ての事が初めての事で、恥をかきながら今回の事は
勉強をさせて頂きました。
若くても若くなくても、明日の命の事は誰にも分からない事。
良く実家の母も”何時何があるか分からないから、
自分の事は整理整頓しておきなさい”と言われています。
改めて、友達一人一人に生きているうちに遺言書をしたためておこうかと思ってしまいました。(苦笑)

はい、このスリスリは主人が帰って来た夜に撮りました。
全てを理解している様に、主人に甘えておりました。
主人も本当に幸せそうでした。:)

ほんなあほなさんへ

何時も日本中を飛び回っている、ほんなさん。
その忙しさにも関わらず、ブログを更新してコメントを残し、
見習わなければと、何時も感心しております。
後悔しない生き方をほんなさんはしていらっしゃいます。

働く目的を失った私は、義理母の死で改めて色々な事を考えさせられました。
如何に死ぬかを考えれば、やはり如何に生きるかが、自ずと
見えて来ます。色々な意味で今回の事は私達夫婦に良い教訓と
なりました。
告別式が終わるや否や、3にゃんずの事が無性に恋しくなり、
まるで恋人に逢いに行く様に家路を急ぎました。(苦笑)

ドンタコス下僕さんへ

義理母は4年前に心臓で病院に運ばれて、
こんど倒れたらもう命は無いと言われていたそうです。
ですので、突然とは言いながらも有る意味、家族は死は覚悟しておりました。
ですので義理母も自分の中で区切りをつけ、遺書を残し、
自分の人生に区切りをつける事が出来たのだと思います。

それを考えると、下僕さんのお父様は
きっとまだお若くしてお父様は突然に旅立たれて
しまったのでしょうね。残されたご家族は本当にお辛かったと思います。一期一会の気持で人と合い、自分の生き様をやはり残したいと
改めて感じた義理母の死でした。きっと下僕さんの優しさはその辺から気ているのではないでしょうか?

まちゅみさんへ

本当に、本当にお久し振りです。
お元気でしたか? 
まちゅみさんも色々な事が続いた様ですが、
少しは落ち着きましたでしょうか?
ブログを読ませて頂く限りは、お元気そうで安心しております。
人生は本当に色々あります。私も通って来た道です。
でも、苦しみの向うには必ず光がさしますので。:)
またこれからもチョクチョクブログを除かせて頂きます。:)

いろいろと大変でしたね
でも、旦那様のお母様、要するにお姑さんを、そんな風に思える人って、多くないと思うし、いかに太っちょの母さんの人間性がすばらしく、その人間性に惹かれたのがステキな旦那様で、その旦那様のお母様も偉大なお母様だって思うと、類は友を呼ぶんだなぁ^^って思いました^^
にゃんこもみんなそれがわかるんでしょうね^^
幸せそうにすりすりしてますね^^(笑)

チョミさんへ

人生の終焉を設計済みですか?
チョミさんらしいです。:)
私なんて何にも考えておりませんでした。(苦笑)
ですので、今回の出来事は私達夫婦には本当に教訓でした。
如何に死ぬかは、如何に今を生きるかに繋がって来ます。
本当い綺麗な、優しい顔をした義理母の最後でした。
まるで生きている様でした。私もそんな死を迎えられたらと
改めて考えさせられました。

白美ちゃんは本当に甘え上手です。この仔がいる事で
また太っちょにもみーにも良い影響を及ぼしています。
不思議な猫です。唯一この白美ちゃんはじっと私達を見つめてくれます。時々猫なの?と思う事さえあります。:)
この仔が我が家にやって来たのは、必然なのかもしれないです。:)
何時か必ず、
白美ちゃんの成長を宇田さんとお二人で見に来て下さいね。:)

ご立派なお母様でしたね。
自分が亡き後、残された者が困らないように
また、ご自分も自身の人生をきちんと終わらせたかったのでしょうか。
考えてみれば、私の周りも80を過ぎた両親が3人。
主人の父は最近遺言を書いたと言ってました。
人の死に接すると、自分のこれからの生き方を考える機会になりますね。
お母様のご冥福をお祈りいたします。
母さんもお疲れでしょう、しばらくゆっくり休養してくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ksm56 さんへ

私は再婚ですし、同居をしておりませんでした。
一緒に母とは長い間暮らしてはいないのです。
結婚当初から一緒に暮らしているお嫁さんとは
また感じ方も全く違うと思います。
一緒に暮らすこともなく、そして愛知県に
越してきてしまった為に親孝行らしい事を全くできませんでしたので、
本当に後悔です。でも、82歳でしたから長寿は全うできたと
思っています。女性は凄いですね。
私も明日何があるかわからないので、
これからは私物の整理や、友達に当てる手紙も用意しようかとも
考えています。:)
にゃんずは偉大です。私達の心の隙間を完全に埋めてくれました。:)

いずみ123 さんへ

土曜日の夜に愛知県に戻り、のんびりお風呂につかり、
にゃんずと会話をして、23時頃ベッドに潜り込んだら、
玄関で”パパ帰ったよ~”との声。日曜の夜帰るのかと思っていたら、
やはり主人も3にゃんずに逢いたかったのでしょうか?(笑)
それほどにゃんずは私達を癒してくれました。
白美ちゃんなんてもう、主人にスリスリ。それを見ていてこちらも
微笑ましくて、猫さまさまです。(笑)

でも、今回は身内の葬儀に参列して、自分の身の回りもそろそろ
整理をしていこうと考えさせられました。
いずみ123のところと全く同じで、我が家も年齢順で行けば
我が両親と主人の父と3人がおります。
お葬式••許されるなら出したくないですし、二度と死に顔なんて見たくないです。(苦笑)

どんなに強い絆で結ばれていようと
ひとには必ず、別れが来るもの・・
だからこそ、未練を残さないよう
この世で関わっている間に
精一杯の思いを込めて向き合うことですよね
刹那の中にこそ、永遠はあると信じています。
思いを込めて過した時間は、思い出となって
いつまでも消えることはないでしょうから・・。

にゃんずたちも、ご主人との一瞬一瞬に
それぞれの思いを込めて甘えているのでしょうね。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりです。

お母さま、ご立派に逝かれたのですね・・・・
遺言を残し、自らの葬儀の段取りもなさって・・・きっと普段の生活も折り目正しく、潔く生きていらしていたのではとお察しいたします。

そんな素晴らしい生き様を私も見習いたいものですが・・・
はてさて私には到底難しそうですね。

白美ちゃんの甘えてる姿に癒されますね。

ご主人様お寂しいでしょうから白美ちゃんありがとうね。

ご葬儀のお疲れが出ませんように・・・・

寒くなってきましたねお体ご自愛くださいませ

Slavaさんへ

Slavaさん?私は義理母の葬儀でお坊さんのお経を聞きながら
色々な事を考えておりました。
何故か海外の仲間が無性に恋しくなり、
でも、連絡も途絶えている友達も多く。今の自分なら誇れるのですが、青あの頃の自分は弱かった。(苦笑)
私も今から少しずつ人生の中で出会って来た
友達に長い遺言書を書こうか?なんて考えています。:)

にゃんずは本当に私達を癒してくれました。
もう、にゃんず無くしては生きていけません。(苦笑)

ジョルままへ

そろそろ新居へのお引っ越しですね。
引っ越しは大変ですが私は大好きです。
私もまた引っ越したくなりました。(笑)
整理整頓もでき、新たな場所と地域で新しい事が待っていると
思うとワクワクして参ります。:)

主人の葬儀は本当にお天気も良く、
静かな、晴れ晴れとしたものでした。
母の死に様に彼女の人生を垣間みた様です。
私も見える場所は綺麗にしていますが、
見えない場所に物がごちゃごちゃ。
少しずつ整理して行こうと思っています。(苦笑)

明日、何が起こるかわかりませんので••(笑)

来年への延期の件、了解しました。
ご主人様にも、よろしくお伝えください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ねこ奉行 さんへ

年明けにゆっくりお会い致しましょう。:)
楽しみにしております。

私のブログのコメントにも書きましたが、
うちの奥さんが、太っちょの母さんにメールを送ったそうです。
届いてなかったら、また迷惑メール確認してみてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quantum0208.blog53.fc2.com/tb.php/560-5fa9ed47

Top

HOME

Quantum

Author:Quantum
喧嘩で怪我し、左目に障害を持つエイズキャリアの太っちょと
左目が無い片目のみーそして、雨の中、段ボールに捨てられていた白美のブログです。全員、元野良猫です。
縁あってこの仔達と人間二人が一緒に暮らす事になりました。


yuuyuuy
”太っちょ”♂
2009年の2月3日より、同居。
推定年齢:8歳
FIVキャリア
dfdfdf
”みー"♀
左眼球が無い。
2009年8月より同居
生年月日:2009年5月頃
dfdfdf
"白美"♀
2010年7月より同居
生年月日:2010年5月頃

A90

A90

A90

The Memoirs.


私の回顧録

外国人付き秘書の日記
アメリカ西海岸珍道中
The Memoirs of Snowy



現在の閲覧者数:

futo546 この言葉


presented by 地球の名言




にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へしらすちゃんが、
早くお家へ戻れます様に

一日も早く 迷い猫さん達が お母様の腕に抱かれます様に.
”しらすちゃん” gift ”紀の猫”さん ”ちゃびmama”さん
”ちびちゃん” gift
”里親募集” みんな、温かい家族を待っています。

”島根発 ” 山道に捨てられた衰弱していた2兄妹 今はすくすく元気に育っております。 里親様募集中!!
”島根動物愛護ネットワーク
じゅうちゃん(♀)

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。