スポンサーサイト

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Ten Commandments of Dog Ownership

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10


The Ten Commandments of Dog Ownership
from the dog's point of view

fgh



私はもくれんさんの猫のとなりのブログで
”犬の十戒”を初めて知りました。
きっと私のブログを訪れていらっしゃる方で
犬ブログを書かれている方はご皆さん存知なのでしょうね。

ネットでサーチしてみたら、wikipediaには
”The Ten Commandments of Dog Ownershipは、
作者不詳のまま広く世界に伝わっている英文の詩で、
日本では「犬の十戒」として知られているが、
実際には原典があり、
ノルウェーのMrit Teigenというブリーダーが犬の買い手に渡している
「犬からご主人への11のお願い」が元である。”と記載されておりました。

4. Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment.
You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.

私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう
でも...私には貴方だけしかいないのです。

7. Remember before you hit me that
I have teeth that could easily crush the bones of your hand
but that I choose not to bite you.

私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど
私は貴方を噛まないように決めている事を。 ”抜粋”

全文は以下にあります。
犬の十戒

私は生まれてからずっと、実家では犬達と猫達と暮らして来ました。
猫は出入り自由で自由気ままでしたが、犬はずっと外に繋がれたままでした。
受験勉強の時、夜にジョンが鳴き出し鳴きやまないので
”もう、煩いから無くの止めてよ”とお尻を思い切り叩いた思い出があります。
そこにあったのは私のジョンに対する怒りだけでした。
彼は悲しい瞳で私を見つめていたのを思い出します。
この”犬の十戒”を読んで涙が止まりませんでした。
今日のブログはジョンに対する贖罪の意味で書かせて頂きました。

上記の写真のトキちゃんは
飼い主さんが一軒家の家賃を払えなくなり、ペット不可のマンションに
引っ越す事となり、飼い主さんの身勝手な行動で
処分されそうな所を”こまちさんが”保護しました。
彼女も猫を沢山保護しており、あっぷあっぷ状態です。
詳しい事はこの下の”大阪発”でご覧下さい。
私が出来る事はこうしてブログに記載する事くらいです。

全ての悲惨な状況の動物達を助けられなくても、
目の前にある命だけでもつなぎ止めていけたら••
祈りを込めて••



素敵な一日であります様に••


あたち達の事、
おもちろかったら
、”ぽちっ”ておちてね。

にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村
futo546

大阪発
里親さん・預かりさん募集

飼い主の身勝手な行動で処分されそうな所を保護しました
室内犬を外で保護してます
どうかトキの為にも宜しくお願いしますo(_ _)o


fgh

名前:トキ
性別:オス(未虚勢)
年齢:13年9月1日
体重:15キロ
犬種:ミックス(ゴールデン・レトリーバー × シーズー)

詳細は"猫のひたい”さんのブログで。

futo546


A90
   
5/29日付けで、
やっと憧れの”デカ顔倶楽部”に新入部員として
入る事が出来ました。詳しい事プロフィールは

”我が家の猫物語 ブチ切れしっぽのチビ太とシャムもどきのseikoの日々”
紹介して下さっています。どうぞ、ご覧下さいませ~。

そして”我が猫ちゃんも全く負けてないわよ”と
おっしゃる猫ちゃん、どうぞ入部なさいませ~:)”


futo546

”おいらの仲間、プルタン”


bんkj

3歳くらいの男の仔だ。
人間大好き、でも、猫は嫌いらしい。
四肢に障害があって常にプルプルしているから
名前はプルタン。
先天的ではなさそうなので、車に轢かれてたのかもしれね~んだ。

おいらのマブダチの武士君の母ちゃんが
大家さん猫おばさんと一緒に
江戸川のにゃんこの保護活動をやっていて、猫おばさんの家に
連れて来られたプルタン。でも、ここの家にはもっともっと
傷害を持ったにゃんこ達が沢山居候していて、
プルタンは里親さんが見つからないと、
また江戸川沿いに戻されっちまうかもしれねえんだ。
優しい父ちゃんと母ちゃんを何とかして見つけてやりてぇな!



詳しくはぶしろぐ
futo546


”太っちょ通信”
 
 
futo1751

futo546FeLV(猫白血病) futo546
BiBiちゃん頑張ってるよ!
今度は、BiBiちゃんが奇跡を起こす番だな!
応援パンチ頼むど~
病気なんか、食っちまえ!


futo546 


me700

桜の花とBiBiちゃんはとっても似合っています。
そして”生きてやる!”というBiBiちゃんの生きる息吹を感じます。


”cats freaks panther"さんのブログ
のBiBi
ちゃんは母猫の体内にいた時にFeLVをもらい、
発症してしまいました。癌が発覚して抗がん剤の治療中です。
抗がん剤の合間に インターフェロンの連続投与をしています
今度はBiBiちゃんが奇跡を起こす番。


futo546 

me598   
◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆



futo546 


迷子のルルちゃん捜しています!!
”紀の猫”さんのブログで


仙台市若林区で迷子のちゃびーちゃんを捜しています!!
お近くにお住まいの方宜しくお願い致します。

”ちゃびmama”さんのブログで

 futo620

ミカエルちゃん、
皆が応援してくれているから、ゆっくり里親さんを待とうね。:)


gift
詳しい事は ”猫と石とまったりの生活” 



最低でも一ヶ月は
おおらかな気持ちで猫側から歩み寄って来る迄、
ただただ待ってあげる事です。
人間が猫ちゃんにしてあげられる事は、
それだけです。そうすれば、
必ず、必ず猫ちゃんの方から歩み寄ってくれます。

人間も同様すが、”誰かに幸せにしてほしい、
”誰かに癒して欲しい”とかの欲望を相手に求めるのではなく、
”自分が何をしてあげられるのか?”の発想を転換する事で、
人間の気持ちは自由に解き放たれると思います。
自分の為の社会なんて、ありえないのですもの。

futo546


 ”迷子の白い猫しらす”
gift

スポンサーサイト

« The Ten Commandments of Cat |Top|締まりのない顔 »

コメント

トキちゃんのおうち・・・

 トキちゃんのお家がみつかると良いですね。。。。
 私も子供の頃からずっと犬と暮らしていました。今から15年前に肺がんで亡くなったのですが・・。大きな犬でしたので外の大きな犬小屋で暮らしていました。
 でも・・・日本は、四季があって夏は蒸し暑いし、蚊がいるし、冬は寒いし・・。外での暮らしは決して平穏では無いです。特に年老いて弱った仔にとっては厳しい環境です。いつか・・犬を飼うことがあったら、その時には家の中で。って思っていました。欧米だとお家が大きくて広いし、お庭も広いから大型犬でも家の中も庭も自由に歩き回って過している姿をテレビなどで見かけます。ですが日本の場合は、ほとんどのお宅が大型犬は外で飼われているお宅が多いので鎖に繋がれている仔を見る度に切なくなります。
 トキちゃん、高齢なのですね。早くずっと一緒に暮らしてくれるご家族がみつかりますように・・・祈っています。
 何も出来ないのが歯がゆいですが・・・とにかく少しでも多くの方の目にとまり、温かい家族がみつかりますように。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

動物のきもち

一瞬ワンちゃんブログになったのかと思いました_(^^;)ゞ。
そうですねぇネコにはネコのイヌにはイヌの気持ちがありますよね。
それを人間の都合勝手で振り回してはいけませんね
動物の気持ちを想像するくらいの余裕は欲しいものです

「犬の十戒」は何年か前に「犬との10の約束」という映画で話題になってその時に知りました。
私も生まれた時から犬の居る環境で育ち、最後に飼っていた犬は私の中学の時の友達からもらって、
16歳で旅立つまで一緒にいました。
この「犬の十戒」を読んだときに思ったのは、
家があって、ご飯をもらえても、かえりみられない寂しさ・・・
私もどうだったんだろう、可愛がっていても・・・
もしかしたら・・・自分勝手な可愛がり方や愛し方ではなかったかと・・・
いろいろと考えさせられました。

犬や猫だけでなく生き物を飼うという事は責任のあることですよね。
せっかく縁あって迎え入れた命を大事にしてほしいです。
人間の身勝手で不幸になるなんて、許せないです。
トキちゃん、新しい飼い主さんがみつかるといいですね。




凄い!私はここまで調べませんでした。
大切に育てた仔の幸せを願って作られたのでしょうね。
私も里子に仔猫をだしましたが、相手の方の生活や性格を
気にしました。幸せな暮らしが出来るようにと...
トキくんの里親・預かり募集載せて頂きありがとうございます。m(_ _)m

犬の十戒は、映画になり、本になりで、目にした事があります。
もくれんさんの所で、トキちゃんの事を知り、
こまちさんの所で経緯を読み、腹立たしい気持ちと、悲しみで、一杯になりました。
どうぞ、トキちゃんに安らげる場所が見つかりますように・・・。

たかこ さんへ

私の子供の頃は殆どの犬は外に繋がれたまま、
今でもそうですが、冬は寒く、夏は暑く。
鎖につながれたままで一生を終えるのですから、考えると
過酷な一生かと思います。
子犬ならこのマンションで保護できても、大型犬は••
トキちゃん13歳ですもの。大型犬はそんなに長く生きられませんもの。
せめて、せめて老後は穏やかに、静かに迎えさせてあげたいですね。
少しでも皆さんの目に止まって頂ければと祈る気持でいっぱいです。

まっとし君へ

やはり、そう思いました?(苦笑)
きっとそう思う方がいらっしゃると思っていました。(笑)
猫と違い犬はアジア圏はずっと鎖に繋がれて生涯を終わりますから
人間も大変かもしれないですが、動物の気持を思いやる
ゆとりと心を持ち得たいですね。
私も今だから言える事です。
あの頃は、自分の事だけで精一杯でした。(苦笑)

maimimi さんへ

私も昨日”犬との十戒”を調べていて
「犬との10の約束」という映画が有る事をしりました。
でも、この十戒を読みながら涙が止まらなくて、止まらなくて
こんなに泣いたのは久し振りだった様な気がします。
改めて太っちょを抱きしめてしまいました。
猫にも十分に通用する十戒であると思います。
昨日から頻繁にニャンズい話しかけています。
そうすると太っちょも目をみて私に答えてくれる様な気がしました。(苦笑)
年老いて、生活に困り、ペット不可のアパートに移る為に
長年暮らしたペットを保健所に連れて行く。
他の方法が探せば必ず解決策が見いだせると思います。
こんな人たちが後を絶たないのは本当に悲しいですね。

もくれんさんへ

もくれんさんのブログで沢山泣かせて頂きました。(苦笑)
でも、改めて言葉の話せない動物の事を考えさせられる
良い機会でした。保護主さんが里親さんに猫ちゃんを引き渡す時に
充分に使え十戒です。:)

ほんなあほな さんへ

私も同じです。もくれんさんとこまちさんのところでトキちゃん
の事を知り、経緯をしり、そして犬の十戒を知り、
涙を流し。13年間ずっと室内飼いで供に暮らした愛犬を生活苦で手放す。友達や、知人に託すならわかります。でも、その手段が保健所ですから••そうしてそんな残酷な事が出来るのでしょうか!!!
許せないですよね。

こんにちは

5年位前にチョミさんの友達から巡り巡って、2歳になるレトリバーの里親さんを探してるって話が来たんだ。
その家はね、とっても大きな家で家族で幸せに暮らしてたんだけど、事情が出来て、小さなマンションに移ることになってね。
人間が生きるのも大変な状況で、その飼い主さんはもう頭がパニックになってたんだと思うんだ。
誰も引き取る人がいなければ野良にするわけには行かないから、処分するって言ってたんだ。
それから必死で探して、チョミさんの友達が里親さんを探してくれたんだ。
お別れする時に飼い主さんは泣いてたけど、犬は楽しそうにしてたよ。
でも今は家に会いに来て、お互い交流を持ってるよ。
元飼い主さんも凄くいい人で、本当にその時は考えることも出来なかったんだと思うんだ。
最終的に誰も居なかったら、僕ん家の家族になってたよ。
それはちょっと怖いよ・・・
人には人の事情があって、どうしても何とも出来ない時もあるけれど、家族とをして迎えたら、何があって命を大事にして欲しいなって僕は思うんだ。
そのことを思い出したんだ。
長くてゴメンね。

クリちゃんへ

今はこうして、ブログの仲間がいてくれる。
もし、太っちょとみーを色々な事情ができて手放す事に
なったらブログで皆さんに助けを求める事ができる。
そして、きっと、きっと誰かが助けてくれると信じています。
でも、ブログも持たずもし、自分1人で悩んでいたら、
それも大きな年老いた犬であったら、きっと途方にくれて
いたでしょうね。人には人の事情があります。
年老いて、持ち家を手放す事となったら・・・・
まずは、自分が生きていかなくてはならない。
その時にどうするのだろうか・・・
人間関係が稀薄になった今、それでも周りの人達が
誰か助けてくれると信じたい。

クリちゃん?チョミさんなら絶対にほっとけないもの。
きっと自分で何とかします。と手をあげちゃうでしょうね。:)
それを考えると、やはり猫ブログの方は頼もしい。
もし、くりちゃんのところにワンちゃん来ていたら
今頃はクリちゃんどう付き合っていたかしら?

私が初めてこの『犬の十戒』を読んだとき、大泣きしたのを覚えています。
今もダメですけどね・・(-_-;)
健気な犬のことを思い出しながら読むと 泣けて泣けてしかたないのです。
うちのヨハンが言うことを聞かなくて時々、腹が立つこともあります。
でも叱る前にこの犬の十戒を思い出すと手が出せなくなります。
彼らは口がきけないので、吠えるなどの表現で伝えるしか手段がないのだから・・
飼い犬とて飼い主は選べない・・
人間の身勝手に振り回されて挙句の果て、その犠牲になってしまうのは彼らです。
どうか、このトキちゃんに残りの犬生を穏やかに過ごせる場所が見つかりますように。。。

母さん、『猫の十戒』っていうのもあるの知ってました~?
そして・・・『真・猫の十戒』というのもあるんですよ!!
個人的には「真」のほうが好きです。
笑える要素たっぷりだし、なにより猫っぽいデス。
そしてやっぱり最後で泣いしまう・・のです。

犬や猫たちに多くの幸せな時間を分けてもらってることに感謝ですね。

woobee さんへ

私も昨日初めて犬の十戒を読んで大泣きしてしまいました(苦笑)
本当にそうえすよね。全ての飼い主さんはこの犬の十戒を
冷蔵庫に貼っておくと良いと思います。
叱る前にこの十戒を読んだら、絶対叩けないと思います。
猫は自由気ままで良いですが、お外で鎖に一年中繋がれている
ワンちゃんの事を考えると、本当に切なく思います。
ですので、私が子供の頃した犬への仕打ちは、
この十戒を読んだら、大泣きになってしまいました。

そして、やはり猫の十戒が有る事も知りました。
で、これを読んで大笑いをしてしまいました。(笑)
本当に、これぞ猫であり、女ヤクザのみーや、クロちゃんですね。
本当に私を馬鹿にした眼差しで、今でもキャットタワーの上から
見下されています。(笑)

▼・ェ・▼

子供の頃に一度だけワンコを飼いました。
スヌーピーの家みたいな赤い屋根で白い犬小屋を作って。
でも気がつけば散歩もあまりしてあげず。
時間もないと、裏にあった学校のグラウンドで夕方放すと、
狂ったように走り回る彼女の名前はその名も【ラン】。
ランの事は私の懺悔ネタです。
これを読んで、あの頃の自分が如何に駄目駄目だったか思い出しました。
そのうちブログに書きますね(´・ω・`)

dragon11

私も同じです。当たり前の様に犬がいて、そして鎖で繋がれていて••
散歩は殆どが両親でしたが、母に散歩を頼まれても、面倒くさいとか、
寒いとか言い訳を作って行かなかったり••ずっと繋がれている
犬の事を考えたら本当に心ない私であったと••
今だからこんな偉そうな事を書いていますが、
あの頃の私は、我が儘で、自己中心的でした••
ブログ楽しみにしています。:)

話は変わって私は丸の内の新丸ビルの斜向いの
ビルの17階にいました。あ~あの頃が懐かしい。
dragon11 さんが羨ましいです。:)

私もたった一匹の犬を幸せにしてあげられなかった事は後悔してもしきれないです。
うちの子は主人によく叩かれていました。
叩かれた子は当然怯えます。
それを、主人は『なんだ、その卑屈な顔は!』と追い打ちをかけました。
卑屈な顔になるのは当たり前です。
私がその子を助けてあげられなかった事が残念でたまりません。
何のためにうちに来たのか…もっと幸せな生活ができる家に引き取られれば良かった…。
それでも、亡くなった時にはお花を買ってきてくれて泣いていた主人でしたけどね。
犬を幸せにしてあげられなかった分、今は寅吉やサテツに
ここに来て良かったと思ってもらえるようにしたいといつも思っています。

いずみ123 さんへ

きっと、きっと皆さん同じ様な経験をしているのでしょうね。
アジア圏の犬達が特に大型犬はずっと鎖に繋がれて生涯を終えます。
それが当たり前の様に••
私も大人になって、
今だからこんな精神的にゆとりのある事を書けますが、
実際その立場になってみないと分からない事も沢山ありますもの。

犬の十戒。子供の頃に手にしていたらもっと接し方が変わっていたと思います。動物をお飼いになる方は家の家訓の様に家族が
見える所にこの犬の十戒を貼っておくと良いでしょうね。:)
私も我が家に来て良かったと太っちょとみーに思ってもらえる様に
頑張ります。:)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quantum0208.blog53.fc2.com/tb.php/416-260fbf4f

Top

HOME

Quantum

Author:Quantum
喧嘩で怪我し、左目に障害を持つエイズキャリアの太っちょと
左目が無い片目のみーそして、雨の中、段ボールに捨てられていた白美のブログです。全員、元野良猫です。
縁あってこの仔達と人間二人が一緒に暮らす事になりました。


yuuyuuy
”太っちょ”♂
2009年の2月3日より、同居。
推定年齢:8歳
FIVキャリア
dfdfdf
”みー"♀
左眼球が無い。
2009年8月より同居
生年月日:2009年5月頃
dfdfdf
"白美"♀
2010年7月より同居
生年月日:2010年5月頃

A90

A90

A90

The Memoirs.


私の回顧録

外国人付き秘書の日記
アメリカ西海岸珍道中
The Memoirs of Snowy



現在の閲覧者数:

futo546 この言葉


presented by 地球の名言




にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へしらすちゃんが、
早くお家へ戻れます様に

一日も早く 迷い猫さん達が お母様の腕に抱かれます様に.
”しらすちゃん” gift ”紀の猫”さん ”ちゃびmama”さん
”ちびちゃん” gift
”里親募集” みんな、温かい家族を待っています。

”島根発 ” 山道に捨てられた衰弱していた2兄妹 今はすくすく元気に育っております。 里親様募集中!!
”島根動物愛護ネットワーク
じゅうちゃん(♀)

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。