スポンサーサイト

2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
輪廻転生

2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06



me620




  私は National Geographicの大ファンで、
  海外にいた頃からこの雑誌の愛読者です。

  その中で一際私の心を夢中にさせたのが上記の
  3人の子供達のミイラでした。
  今でもこの一冊だけは大切にとってあります。

  向って左側の少年のmummyを見た瞬間に胸がいっぱいになり、
  まるで私は遠い昔その少年の母親であったかの様な
   そんな衝動に駆られたこの気持はなんなのでしょうか?
  
  遠い昔、インカでは人間の生贄は神への特別な供物であり、子供は純粋だと尊ばれ
  永遠に神と供に生きられると神に捧げられました。
  アンデス山中の標高6739メートル、世界で最も高い場所に有る遺跡から、
  この子達はとても綺麗な保存状態で発見されました。
  
  親が子供を犠牲として差し出し、山頂までの旅につきそう事もあったようです
  どんな思いで、愛する我が子を神の生け贄に捧げたのでしょうか?
  そして、どんな思いで小さな穴の中でこの子達は息絶えたのでしょうか?
  でも、この子達の表情は今眠りについたばかりの本当に穏やかな表情をしています。
  今にも微笑んで目を覚ましそうです。
  
  ”3人は、高所の影響と、トウモロコシのビール、チチャを飲んで気絶したらしいと書かれています。
   これは苦しむ事無く来世に旅立たせる為の、配慮でもあったらく
   3人とも、穏やかな表情で生きているかの様です
   (1999年11月号 National Geographic 参) ”

  何故、急にこんなブログを書いたかというと、
  私の大好きなブログで
  ”外国のとある町で胸苦しいほどのデジャブを感じたことがあります。
  前世の記憶・・非科学的なことなのでしょうか。
  あるにしろ、ないにしろ、
  私が最も解明をのぞむ分野です。”と書かれてありました。

  輪廻転生。この非科学的な分野を私も漠然と信じております。
  死んで肉体と魂が切り離され、その魂がまた新しい肉体に宿る。
  前世の記憶が完全に削除されずに、
  新しい記憶とともに前世の記憶が脳の片隅に存在している。
  私がカナダでも、アメリカでも、ドイツでもロシア人に縁があったのは
  きっと何か意味があっての事であると思っています。  
  そんな経験を皆さんお持ちではないでしょうか?
  
   

あたち達の事、
おもちろかったら
、”ぽちっ”ておちてね。

にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村

futo546

”おいらの仲間、プルタン”


bんkj

3歳くらいの男の仔だ。
人間大好き、でも、猫は嫌いらしい。
四肢に障害があって常にプルプルしているから
名前はプルタン。
先天的ではなさそうなので、車に轢かれてたのかもしれね~んだ。

おいらのマブダチの武士君の母ちゃんが
大家さん猫おばさんと一緒に
江戸川のにゃんこの保護活動をやっていて、猫おばさんの家に
連れて来られたプルタン。でも、ここの家にはもっともっと
傷害を持ったにゃんこ達が沢山居候していて、
プルタンは里親さんが見つからないと、
また江戸川沿いに戻されっちまうかもしれねえんだ。
優しい父ちゃんと母ちゃんを何とかして見つけてやりてぇな!



詳しくはぶしろぐ
futo546


”太っちょ通信”
 
 
futo1751

futo546FIVとFeLV futo546
みんな頑張ってるよ!
応援パンチ頼むど~
病気なんか、食っちまえ!


futo546 



”ハーヤンとノンチ”さんのブログ
こちらは保護した野良猫さんが全員FeLVキャリアだ。
その中でハーヤンが治療中



”cats freaks panther"さんのブログ
のBiBi
ちゃんは母猫の体内にいた時にFeLVをもらい、
発症してしまった。癌が発覚。抗がん剤の治療中。



”『犬猫救済の輪<strong>』動物愛護活動ドキュメンタリー"さんのブログ
こちらも保護した野良猫のモコちゃんがFeLVキャリアだ。
生命に関わるほどの重度の貧血中で組織細胞治療中


みんな、辛いけれど、
飼い主さんと一緒だから頑張れるよね!

futo546 

家猫さんとして生まれていたら、
この病気に掛かる確立は凄く低いと思います。
保護されて、こんなに幸せに暮らしていても
ある確立で発症してしまいます。
ならば••過酷な状況の中で生きている野良猫の
寿命が短命で、壮絶な死に至るのは一目瞭然なのかもしれないです。
野良猫の、特に雄猫は縄張り争いの為に、喧嘩による傷口からの感染や、
ウイルスを持った猫との交尾による経口感染が多く、
不治の伝染病に掛かり死亡する確率が非常に高いです。
母子感染して生まれた子供は
もっと短命です。
ペットとして家猫で飼われてる猫の平均寿命は15年といわれていますが、
野良猫の場合はたった3~4年と言われています。

futo546 


迷子のルルちゃん捜しています!!
”紀の猫”さんのブログで


仙台市若林区で迷子のちゃびーちゃんを捜しています!!
お近くにお住まいの方宜しくお願い致します。

”ちゃびmama”さんのブログで

 futo620

ミカエルちゃん、
皆が応援してくれているから、ゆっくり里親さんを待とうね。:)


gift
詳しい事は ”猫と石とまったりの生活” 



最低でも一ヶ月は
おおらかな気持ちで猫側から歩み寄って来る迄、
ただただ待ってあげる事です。
人間が猫ちゃんにしてあげられる事は、
それだけです。そうすれば、
必ず、必ず猫ちゃんの方から歩み寄ってくれます。

人間も同様すが、”誰かに幸せにしてほしい、
”誰かに癒して欲しい”とかの欲望を相手に求めるのではなく、
”自分が何をしてあげられるのか?”の発想を転換する事で、
人間の気持ちは自由に解き放たれると思います。
自分の為の社会なんて、ありえないのですもの。

futo546


 ”迷子の白い猫しらす”
gift



”アニマルコミニュケーションのサイトです”
gift
スポンサーサイト

« 猫白血病の陰転化|Top|動物と暮らす覚悟 »

コメント

おっしゃっていたのはこの子たちのことでしたか・・。
言葉もないほど完璧なミイラなのですね・・。
びっくりしました。
あぁ・・写真を見た今でも信じられない思いです。
私は・・これまでいろんな方との不思議な出会いを
経験してきたように思っています。
その方たちは、私に「代償をもとめない」ということを
教えてくださいました。
もしかしたら、私がこれまで生きてこられたのは
そういう方たちの心があったからではないのか
とも思っています。
太っちょの母さんからも強くそんなオーラを感じています。
私の文章を引用してくださって光栄です。
心にとめてくださっていることに感謝しています。
・・・ちょっと感激してしまい、言葉がでてきません・・
本当にありがとうございます。

塔子さんへ

本当に標高の高い所から発見されたミイラの為に
驚く程、保存状態がいいのです。
今にも目覚めて、微笑んでくれそうです。:)

すいません、勝手に文章を引用させて頂きました。
名前もと思ったのですが、きっと塔子さんはあまりお好きでは
ないだろうと思いまして、”私の大好きなブログ”とさせて頂きました。:)
”その方たちは、私に「代償をもとめない」”
私もこれは海外の人達から学びました。
そう思う事から、凄く生きていく事が楽になりました。
そして、そのお返しは”人生が返してくれています”:)
やっと、此処に来て”今の自分が好き”と言える様になりました。
それを思うと、
若い頃は生きるのが本当に苦しかったです。(笑)
私、塔子さんのブログは大好きです。
私の言いたい事、書きたい事を書いて下さっているようで、
読みながら”うん、うん”と相づちを打っております。:)

今日の画像はとても印象的ですね。
わたしは輪廻転生は信じています。というより、魂の不滅を……。
だから、この一生を大切に、という思いと同時に、来世に向けて少しでも自分の魂を改善・進化させられるよう、意識しなくてはと思っています。

前世の記憶は、普通ないのですが、たとえば今世での癖やルックス(たとえば日本人なのに髪の毛が天然パーマだったら、欧州にご縁があるとか)にも前世のヒントがあると聞いたことがあります。
わたしに関していえば、小さな頃からヨーロッパに惹かれて英国とカナダに住んだこと、いくつかの国でフランス語とスペイン語で話しかけられることが多かったことで、「何かご縁があるのかな?」と思ったりしています。
でも、前世が見える人にたまたま出会い、別々の機会にそんな2人の人に「あ~中国の◯◯地方にいましたねー」と同じことを言われたことも。
いろんなところに生きていたのでしょう(^^;)

あ、先日は「薄茶のトラ猫やんちゃ説」は面白かった♪
ブログネタになってよかったです。
チビ太ちゃんの今の穏やかな生活ぶり、楽しませていただきました。
ありがとうございました。

心静かに。。。

 心静かに今日の記事を拝見しました。母さんのブログはいいな・・・。とても穏やかで静かな空気が流れています。
 こんなに綺麗な姿のまま発見されたのですか・・・。本当に眠っているようですね。肉体は永遠の眠りにつき、魂だけが神の元へ・・・としか思えません。
 輪廻転生やデジャブってあると思います。一度も行った事が無いはずの場所なのにどうしても気になる場所とか会った事ないはずなのに引きつけられる人に会ったり。
 今日は、とても静かな気持ちになりました。母さん、ありがとうございますm(__)m
 

風の宝瓶宮さんへ

風の宝瓶宮さんのコメントに鳥肌がたってしまいました。
”だから、この一生を大切に、
という思いと同時に、来世に向けて少しでも自分の魂を改善・進化させられるよう、
意識しなくてはと思っています。”
このコメントでまた私自身心が清められた気が致します。
そしてもっと逞しく生きていける様な自信も頂きました。:)

”前世の記憶は、普通ないのですが、
たとえば今世での癖やルックスにも前世のヒントがあると聞いたことがあります。”
のコメントに私は愛知に越して来てから、
ジムでヨガを始めて、
ヨガに夢中になり、すっかり虜になってしまいました。
自分の体がとってもヨガに向いている事を改めて知らされました。
そしてジムに通っている
別々の女性から、”貴女のヨガをやっている姿はまるでインドの女神様の様”
と言われました。ちょっと大げさですが••(笑)
私は昔からインド系の顔をしているとは言われておりましたので、
きっと前世はインドで生きていたのかもしれません。(苦笑)

きっと風の宝瓶宮さんは以前はヨーロッパで生きていたのでしょうね。
魂が不滅ならば、やはり来世に向けて、
この世で心の修行をしなくてはならないのでしょうね。:)

はい、”薄茶のトラ猫やんちゃ説”ではブログネタを
ありがとうございます。:)


たかこ さんへ

何時もコメントありがとうです。:)
皆さん、きっとこんな経験があるのでは?と思っています。
で、問いかけてみました。
猫ブログとは全く関係ないのですが、
本来私が書きたい内容のブログなんです。:)
このミイラは本当に綺麗に保存されいまして、
まるで今にも生き返りそうです。今でもずっと、
ずっと気になっている少年の姿です。
八歳くらいの少年が生きながら、死んで行く。
どんな気持だったのでしょうか?やはり切なくなります。

輪廻転生、信じています。というか、信じたいと思っています。そして、現世で関わっている人、動物は、過去世でも、立場、姿を変えて、関わっていたんじゃないかと、思っています。
何かで読んだか、TVで見たのかは、覚えていませんが、例えば、水の事故で亡くなった人が、生まれ変わったら、水を大変怖がるなど、過去の記憶とまではいかなくても、何かの思いが残ってるんじゃないかと思います。

延々と続く魂の流れを自分の手で、止めることなく、
来世の自分の足を引っ張ることのないように、現世を全うできたら、それが、今を生きている自分の生きる意味なんだと思っています。。。

ちょっとビックリしたわ!
置き物かと思うほど綺麗です。
保存状態がよかったのね。

もふもふは、子供の頃 即身仏を目の前で見たことがありますよ。
ロザリア・ロンバルドやベルナデッタのような美しさには
不思議としかいいようがありませんね。

前世ってあると思います。
記憶は薄れていて残っていなくても
ある場所で何か感じる事、感動する事、自然に涙がこぼれたりとか・・・・。

信じる信じないは別として・・・・科学では照明できないものって
あるんですよね。

まあ!我が実家にもある写真。
と言うか母がずっとずっと購読しているので大量にあるのですよ
ナショジオ。記事も読みました。
色々な特集が在る中で、母とワタシでも魅かれる特集がまったく違い、
面白いです。
ワタシはどちらかと言うと昔の人間が作り出した建造物や未だ解明されていない歴史。母は生物。
そんな所も何か前世と関係しているのかもしれませんね。
妹は仕事がらそう言った関係の方とご縁があるので、
ワタシも今度見てもらおうかと。(^∨^)
実際のワタシにはまだそう言った経験がありませんが、
信じています。

素晴らしい

いつも可愛い猫ちゃん達拝見させていただいております。
ありがとうございます。今日は輪廻転生のお話とミイラちゃん達を見て涙でました。泣きながら書いています。
ミイラのお話、母親として反省させられることいっぱいです。
神への生贄として差し出す、それにはそこに生きた人々の信心がどれだけ尊いものであったか、計りしれないほど大きな価値があると感じます。信心がなければ人は行動できない生き物でもあると思っています。
輪廻転生についてはしっかり信じています。自分の前世が気になって前世が見える霊能者の方に何度かあって色んなことをみてもらいました。やっぱり、なるほど、謎が解けたって思うことがいっぱいありました。現代では非科学的ですが、いつの世にか遺伝子などの研究が進んだりしていくうちに「非」がとれる世の中がくるかも知れない、そんなことも考えたりします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ほんなあほなさんへ

こうしてコメントを読ませて頂いて、
皆さんの生きる姿勢が
本当に謙虚である事に改めて頭が下がる思いです。
魂が不滅であるならば、次の世代にそれを
受け継いで行く為にも、
今のこの時を納得して生き抜いていかなければと思います。
私はこうしてブログを通して、こんな意見交換が出来る事を
本当に心からら嬉しく思っております。:)

水がと言えば、私は脳にあまり栄養がいかなかった分、
その栄養が足に行った為に、運動神経だけは人よりも
たけていると思っています。にも拘らず、子供の頃から水が怖く、
海もあまり好きではないのです。(苦笑)
きっと前世に何かがあったのかもしれないです。:)

もふもふさんへ

本当に置物見たいでしょう?
此処まで綺麗に原型を保っていると、
驚異の様なものを感じます。私は写真でしか見た事は
ないのですが、綺麗です。

もふもふさんは即身仏を、
それも子供の頃に見た事があるのですね。

凄いと思います。厳しい修行をして生きながら死ぬのですもの。
それから比べるとたった一日さえも断食が出来ない私です。(苦笑)

初めての場所で、無性に涙が出たり、郷愁を感じたり。
やはり、皆さんはそんな経験をお持ちなのですね。

こんばんは。

僕はね、猫世を今世最後にして来世はやっと人間。
その最後をチョミさんと生活するって決めたんだ。
魂は永遠でも、今生きてる人生はたった1度だけ。
だから大事に生きるんだよ。
同じ人生は2度と来ないから。
そしてどんな人生でも、何かの学びは必ずあるからそれを未来世に繋げるんだ。

ヨガをしながらその内、何かのビジョンやイメージが出たら追ってみて。
過去か未来だからね。

こ、これ、本当にミイラですか!?!?
こんなに綺麗なミイラははじめて見ました!
生で見たのはイタリアのポンペイ。
灰の中で息絶えた人たちでした
苦しそうで、痛々しかった・・・
この子達もこんなに幼いのに捧げられてしまうなんて嫌だっただろうに
親もさぞ心苦しかったでしょうね
それでも捧げるのは信心が強かったからなのでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

人でもありませんか? この人とは 会ったばかりなのに 何故か 前から知っている気がする・・・
と思える人 きっと 前世などで知っていて めぐり合う事になっていたのかな・・・?
あなたの事を 前から知っている気がする 何故だろう・・・と言われる事もあります 不思議ですよね
私も ミイラでは忘れられないのがあるんです
家の中の家族の様子で でも どこの国の物か忘れてしまい 記憶が曖昧なんですが あっと言う間に閉じ込められてしまった状態なんです  やはり 子供はあどけないポーズをしていて
両親は 上から守るようにかぶさっている状態と 子供の方へ何とか行かなくてはと 手を伸ばし這っている状態でしたこれは 何とも悲しくなるミイラですが・・・
この子達はとても 明るく無邪気ですね 両親も一番幸せになると信じてそうしたんでしょうね
インド人 確かに母さんそう見えますね だからYogaを選んだのではないですか?
私は焼けていて 眉毛と眉毛の間に にきびが出来たとき インド人と間違えられてましたよ 笑
でも 色んな髪型 メイク 肌の色の状態で 色んな国籍に見られてしまいます 私の前世は
色々な国が組み合わさっているから いろんな国の人と働くことになったりだったのですかね~
何だか面白いですよね 子供の頃からよく 外国人に道を聞かれてしまうのも うなずけます★笑

輪廻転生

私は・・実家にいる時に、何故か?世界地図が玄関に貼ってあって(^^;)それをじーーーっと見ていたら!?
「ここに行く!」と決めた場所が「インド」でした・・。
まだ若かったから・・お金もバイトしてためて(笑)
何を思ったか?!陸路で向かいました(爆)
船→上海からスタート。
少々時間はかかったけれど・・パキスタンからインドの国境を越えたときに・・「ふっ・・と呼吸が楽になり・・やさしいものに包まれた気がしました・・・まず思ったことが”懐かしい・・”でした。」なんともいえない・・時が戻ったような感覚でした・・・。
ずっと後になり・・あるそういう力のある方に
(インドでの経験は言っていません。)私はインドで修行をしていた僧だった時があると言われました。
輪廻は誰にでもあり、何百回(それ以上に)生まれ変わりを経験しており・・その中で、今生色濃く出てくる(関わってくる)前世が
あるそうです。
私は、過去にインドにいました。それだけは確信できます。
(息子といたようです。)
後、これは私の感覚ですが・・実母とは、おそらくエジプトで
会っています。そういうビジョンを見たことがあります。

魂の起源も教えて頂きました。もともとは外宇宙から・・(^^;)
だから何かと・・変わっているそうです(滝汗)。・
鉱物や木や動物だった事を経て・・人間になりました。

ちなみに、うちのみおは一つ前は♀描だったらしいです。
描や動物は・・
人間と生活することで、人への転生が近くなるそうです。
みおは、近い気がします(^^)
ミイラ・・私、日本でも外国でも・・見る機会がありましたが・・
このミイラは・・本当に瑞々しいくらいに美しいですね・・。
でも・・生贄という風習は・・現代では(親として)理解する事は
かなり難しいですね。ただ古の民は・・それ程までに「神」に
対する畏敬の念があったのだと・・。
私の神々様のイメージは、厳しくも優しいです(^^)

ライアーさんへ

わ~、ライアーさんのお母様はナショナナルジオグラフィックの
愛読者ですか。:)
そしてライアーさんのご実家にもこの少年、
少女達のミイラの写真はありますか?:)
私、初めて出逢いました。
きっとお会いしたら、お話が止まらない様な••
(苦笑)
女性の方では、ナショナルジオグラフィックのファンの方は
比較的珍しいのではないでしょうか?
とっても粋なお母様です。:)

私も前世に詳しい方がいたら、
一度は私の前世を見て頂きたいと
思っております。何て言われるのか???
でも、ふと野良猫であった時期もあると思います。(苦笑)

和伽 さんへ

初めてのコメントを本当にありがとうございます。
とっても嬉しく思っております。
まっとし君のところで私も和伽さんの名前をお見受け
しておりました。塔子さんもそうですし、皆さんまっとし君の
ブログからです。これも本当に不思議なご縁です。:)
これからも宜しくお願い致します。

そうなんです、当時は5ページくらいの特集だったのですが、
この子達のミイラを写真で見た時は私も何故か涙が止まりませんでした。どんな思いでこの子達が一人小さな穴の中でじっと死を待っていたのか、そしてお腹を痛めた子供を、生け贄として神に差し出す。
にも拘らず、この子達は今にも目覚めそうなそんな
穏やかな表情をしています。
魂が不滅であるならば、次の肉体を借りる時に、
今の自分は徳を積んだ状態でお返しをしなければと思っています。:)

クリちゃんです

みめるママさんが
”描や動物は・・
人間と生活することで、人への転生が近くなるそうです。 ”
と書いてくれています。
きっと、きっとクリちゃんは次に生まれ変わる時は
人間ね。
クリちゃん?その通りね。良い行いを来世に繋げなきゃ。
そう思ったら、怠慢な自分を正して行かないとね。
今回は皆さんからのコメントで本当に気持がもっと、もっと
前向きになれました。考えたらチョミさんも専門家。:)
ヨガをもう少し極めて見ます。:)

ぶっくん802 さんへ

そうなんです、この子達はミイラなんです。
まるで今にも微笑みそうですよね?
当時の状況を考えると胸が詰まりますが、
でも、眠りながら息を引き取ったと思います。
だからこそ、こんな安らかな表情をしているのでしょうね。:)

ぶっくんさんが”生で見たのはイタリアのポンペイ。”
ですか?凄い。私は一度もイタリアには行った事が無いです。
それに私はミイラを生で見た事はないと思います。(苦笑)


panther 375 さんへ

BiBiちゃん、病気だなんて想像ができない程元気そうです。
このままずっと、生きられるのではないでしょうか?
其れを心から願います。心から••

panther 375さんは仕事柄もそうでしょうが、
その見事なプロポーションから
日本人にはあまり見られないのではないでしょうか?
きっとお顔もエキゾチックな顔立ちをされていらっしゃる
と思います。

私もあります、”ずっとずっと以前から知り合いだった”
”初めて合った方なのに、郷愁すら感じる方”
私は何故か日本人で有る事が
時として息苦しく感じる事があります。
きっとこの自由奔放な性格からかとも思います。(笑)
ヨガを行っている時は本当に自分自身と向き合えて
心がとても落ち着きます。何故こんなに惹かれるのかは
分かりませんが、やはり前世と関係があるのかもしれないですね。
もう少し、極めてみます。:)

みめるママさんへ

>「ここに行く!」と決めた場所が「インド」でした・・。
>まだ若かったから・・お金もバイトしてためて(笑)
>何を思ったか?!陸路で向かいました(爆)
>船→上海からスタート。
読ませて頂いて鳥肌が立つ思いでした。
でも、凄いですね。バイトをしてお金を貯めて、
陸路で国境を越える?
私は陸路で国境を超える事が大好きです。
乗り合いバスに乗りそれも全く日本人がいない。
それが旅の醍醐味であると思っています。

バックパッカーのバイブルと呼ばれ、
既に古典の風格すら備えている『深夜特急』
という沢木耕太郎のドラマを見て憧れたものでした。

その中でやはりバングラディッシュから
インドの国境超えのバスの旅。
お嬢様タイプのみめるママさんからは想像もつかない事です。
そうですか••インドで修行をして来た事があるのですね。
みめるママさんが行っている今の行いも、
納得がいきます。

私も起源はインドにある様な気がします。
とても漠然としていますが、私も日本を離れた瞬間に凄く気持が
楽になり、ありのままの自分でいられます。
今でもこの国でにこにこ笑って生きていますが、
心はまるで隠れキリシタンの様でもあります。(苦笑)

やはり、何百回も肉体を変えて、
魂は生き続けているのですね。
>鉱物や木や動物だった事を経て・・人間になりました。
それを思うと、やはりこの地球に存在する人間以外のもの全てに
ある意味で、感謝をしなければいけない事。
人間は”この地球に住まわせて頂いているという事”を
真摯に受け止めなければならないと思います。
また、改めてゆっくりお話しさせて下さいね。
凄く興味がある”みめるママさん”のコメントでした。:)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quantum0208.blog53.fc2.com/tb.php/401-8d838141

Top

HOME

Quantum

Author:Quantum
喧嘩で怪我し、左目に障害を持つエイズキャリアの太っちょと
左目が無い片目のみーそして、雨の中、段ボールに捨てられていた白美のブログです。全員、元野良猫です。
縁あってこの仔達と人間二人が一緒に暮らす事になりました。


yuuyuuy
”太っちょ”♂
2009年の2月3日より、同居。
推定年齢:8歳
FIVキャリア
dfdfdf
”みー"♀
左眼球が無い。
2009年8月より同居
生年月日:2009年5月頃
dfdfdf
"白美"♀
2010年7月より同居
生年月日:2010年5月頃

A90

A90

A90

The Memoirs.


私の回顧録

外国人付き秘書の日記
アメリカ西海岸珍道中
The Memoirs of Snowy



現在の閲覧者数:

futo546 この言葉


presented by 地球の名言




にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へしらすちゃんが、
早くお家へ戻れます様に

一日も早く 迷い猫さん達が お母様の腕に抱かれます様に.
”しらすちゃん” gift ”紀の猫”さん ”ちゃびmama”さん
”ちびちゃん” gift
”里親募集” みんな、温かい家族を待っています。

”島根発 ” 山道に捨てられた衰弱していた2兄妹 今はすくすく元気に育っております。 里親様募集中!!
”島根動物愛護ネットワーク
じゅうちゃん(♀)

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。