スポンサーサイト

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「薄茶のトラ猫ヤンチャ説」

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11


me538

実家の老猫のチビ太です。
もうかれこれ22年生きております。
今は老いた父とまるで本当の親子の様に寄り添って生きております。
名はちび太ですが、元雌猫です。
父の姿が見えないとまるで人間の赤ちゃんの様に泣きながら探しまわります。
母にはあまり興味が無い様です。

夜中と、明け方、2度程
父と一緒に外に出て、庭で一緒にシーシーをしているようです。
ずっと出入り自由だった為、年老いてから何度試しても室内でのトイレは学べず、
父と母が頻繁に”おしっこは?”と言うと思い出した様に、玄関迄走って行くそうです。
時々、人間が声をかけるのを忘れると、御座部の上で••(笑)


me540

風の宝瓶宮さんが「薄茶のトラ猫ヤンチャ説」が浮上しておりましてと言う
コメントを思い出しまして、このちび太は今は23時間ずっと眠っておりますが、
この仔が若かりし頃はそれはそれは、本当に母泣かせの猫だった事を思い出しました。
ミー以上にやんちゃでした。



me542

その当時はまだ
我が家にも元野良猫から家猫になったニャンズが
他に5匹程おりまして、この新米のちび太はびびりの臆病で他の猫達を
恐がり、何故かこの仔の寝場所は高い場所に有る”神棚”と決まっておりました。
両親も”猫神様のする事だから、神様もバチは与えないでしょう”と

昼間の殆どは敷地内の庭で蝶を追い、鳥を追い、春になりお隣が畑にキュウリの苗を
栽培し出す頃、(小さな猫が入れるくらいのビニールで栽培します)何故かちび太は
その中に入って、トイレを済ませていました。ちび太に教えられた
のか??残りの5匹迄もが、ビーニールハウスの中でトイレをする様になり••
その度に母が謝りに行いっておりました。
”お互い様だから”とお隣の方は言ってくれたらしいですが••

このちび太が大きくなるに連れて、益々俊敏になり、
雀をくわえて私に見せにやってきて••
慌ててちび太の口から雀を離そうとしましたが、その時は雀は既に虫の息。

有る朝、私が朝起きると枕元に鳩の死骸があった事もあります。••
一度は小さな蛇をくわえて来た事もありました••
母が”私の人生の中でこんなに悪戯の激しい猫はちび太が初めて”
と言っておりました。他の猫達はキジトラとしろくろが殆どでしたので
悪戯と言えばキャットフードの袋を齧って中身を出すぐらいでした。

やはり、茶トラ猫のやんちゃ説は本当の様な気が致します。
皆さんのご家庭では如何でしょうか?
因に真っ白い猫は太っちょが初めてですが、
性格は温和な様な気が致します。
やはり、猫も体の模様によって性格が違うのでしょうか?




あたち達の事、
おもちろかったら
、”ぽちっ”ておちてね。

にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村

futo546

”おいらの仲間、プルタン”


bんkj

3歳くらいの男の仔だ。
人間大好き、でも、猫は嫌いらしい。
四肢に障害があって常にプルプルしているから
名前はプルタン。
先天的ではなさそうなので、車に轢かれてたのかもしれね~んだ。

おいらのマブダチの武士君の母ちゃんが
大家さん猫おばさんと一緒に
江戸川のにゃんこの保護活動をやっていて、猫おばさんの家に
連れて来られたプルタン。でも、ここの家にはもっともっと
傷害を持ったにゃんこ達が沢山居候していて、
プルタンは里親さんが見つからないと、
また江戸川沿いに戻されっちまうかもしれねえんだ。
優しい父ちゃんと母ちゃんを何とかして見つけてやりてぇな!



詳しくはぶしろぐ
futo546


”太っちょ通信”
 
 
futo1751

futo546FIVとFeLV futo546
みんな頑張ってるよ!
応援パンチ頼むど~
病気なんか、食っちまえ!


futo546 



”ハーヤンとノンチ”さんのブログ
こちらは保護した野良猫さんが全員FeLVキャリアだ。
その中でハーヤンが治療中



”cats freaks panther"さんのブログ
のBiBi
ちゃんは母猫の体内にいた時にFeLVをもらい、
発症してしまった。癌が発覚。抗がん剤の治療中。



”『犬猫救済の輪<strong>』動物愛護活動ドキュメンタリー"さんのブログ
こちらも保護した野良猫のモコちゃんがFeLVキャリアだ。
生命に関わるほどの重度の貧血中で組織細胞治療中


みんな、辛いけれど、
飼い主さんと一緒だから頑張れるよね!

futo546 

家猫さんとして生まれていたら、
この病気に掛かる確立は凄く低いと思います。
保護されて、こんなに幸せに暮らしていても
ある確立で発症してしまいます。
ならば••過酷な状況の中で生きている野良猫の
寿命が短命で、壮絶な死に至るのは一目瞭然なのかもしれないです。
野良猫の、特に雄猫は縄張り争いの為に、喧嘩による傷口からの感染や、
ウイルスを持った猫との交尾による経口感染が多く、
不治の伝染病に掛かり死亡する確率が非常に高いです。
母子感染して生まれた子供は
もっと短命です。
ペットとして家猫で飼われてる猫の平均寿命は15年といわれていますが、
野良猫の場合はたった3~4年と言われています。

futo546 


迷子のルルちゃん捜しています!!
”紀の猫”さんのブログで


仙台市若林区で迷子のちゃびーちゃんを捜しています!!
お近くにお住まいの方宜しくお願い致します。

”ちゃびmama”さんのブログで

 futo620

ミカエルちゃん、
皆が応援してくれているから、ゆっくり里親さんを待とうね。:)


gift
詳しい事は ”猫と石とまったりの生活” 



最低でも一ヶ月は
おおらかな気持ちで猫側から歩み寄って来る迄、
ただただ待ってあげる事です。
人間が猫ちゃんにしてあげられる事は、
それだけです。そうすれば、
必ず、必ず猫ちゃんの方から歩み寄ってくれます。

人間も同様すが、”誰かに幸せにしてほしい、
”誰かに癒して欲しい”とかの欲望を相手に求めるのではなく、
”自分が何をしてあげられるのか?”の発想を転換する事で、
人間の気持ちは自由に解き放たれると思います。
自分の為の社会なんて、ありえないのですもの。

futo546


 ”迷子の白い猫しらす”
gift



”アニマルコミニュケーションのサイトです”
gift
スポンサーサイト

« 酔いしれて••|Top|ユニークな猫 »

コメント

こんにちは。ご実家の様子に、なんだかホワンとします。
ちょっぴり私の実家の雰囲気に似ている気がして^^
レトロっぽい椅子の柄や、ベッドカバーの様子が
ご両親の雰囲気をかもしだしていて、
私はこういう写真、好きです。
さて、茶トラのオスですが、
子どものころ3代つづけて茶トラのオスでした。
ありえないくらいやんちゃなのがいましたねぇ。
しまいには野良化しちゃいましたから。
でもとてもおとなしいのもいました。
うちの場合はそれぞれでした♪

塔子 さんへ

塔子 さんのご実家と似てあられますか?:)
今は年老いた両親とちび太と田舎の広い敷地内に
のんびり住んであります。
多い時は10匹くらいいた元野良猫も、ちび太が最後となりました。
殆どの猫達がエイズや白血病を発症して壮絶な死を遂げましたが
唯一我が家で初めての長寿猫です。(苦笑)

3代続けて茶トラでしたか?それも素晴らしい。
我が実家では茶トラはちび太が初めてでした。
半端じゃないやんちゃでしたので••
塔子 さんのお宅では大人しい茶トラちゃんも
いらしたのですね。:)やはりその仔の持って生まれた
性格でしょうか?(苦笑)

チビ太君、声をかけたら思い出した様にちっこするの、すごく可愛い。
若い頃に沢山イタズラした分、今をゆっくりと過ごしてるのね。
穏やかで良いお顔してる。
きっと母サンの事を子供の様に思ってたのかも。
狩りが出来ないから、仕留めたのをあげる~って(笑)
引き取って数週間でFeLVで他界した仔は茶トラだったけど、性格が
解る前に.....
初代実家ネコは白地に縞模様?な平安美人ヘアスタイルで面倒見がよくて
私の姉みたいだったんですよ~
いつも側にいて、私には何をされても絶対に怒らなくて。
今実家にいるアメショっぽい柄の仔は元気いっぱいで甘えん坊。
夏でも膝に乗りたがる仔なんです。
小梅は...もうご存知ですね(笑)
模様によって性格が違うのも面白いですよね~

元気でいてほしいものですね~

22歳というと人間なら100歳を超えてるでしょう~
23時間寝てても残りの1時間がよければ、チビ太ちゃんにはいいんでしょうね~
人間には計り知れないものが猫にはあるようだし、その1時間が元気ならと・・・
柄による性格ってあるんですか・・・
私がこれまで接してきたなかでハチワレが人懐っこいとかって感じたことありますが~
確かに茶トラって、やんちゃなイメージありますね~
ブロガーさんの猫の記事を見てもそう書いてあるし~

こんにちは。

嫌々、僕ん家の茶トラのトム君はとってもビビリンチョで甘えん坊だよ。
トム君のパパも同じだよ。
陸もそうだよ。
僕の周りはどちらかって言うと、茶トラって甘えたで恐がりって感じだよ。
あ、でも教授のとこのミロ君、今はすっかりミーミーに精気を取られて穏やかだ。
昔は大暴れしてたけどね。
茶トラって、どっちなんだろう?

ちび太ちゃん、幸せね~♪

 ちび太ちゃん、お父様にべったりなんですね☆幸せな老後をのんびりと過ごせているのですネ!!
 都会では無理ですが、猫は本来 母さんのご実家で暮らすみたいに自由に暮らせるのが一番幸せなのだと思います。蝶を追いかけたり、狩りをしたり、温かな日向でお昼寝したり、涼しい木陰で寛いだり・・・。
 私の家なんて都会とは言えないですが、それでも最近は新しく家を建ててお引っ越ししてみえる新家庭が多いので隣近所のお付き合いも希薄ですし、家の猫がお隣の庭に入ってオシッコしたら大変な問題になると思います。母さんのご実家のお隣さんみたいに気持ちが温かくなるご近所づきあいって良いですねぇ 勿論、それにはお父様お母様もご近所さんに良くなさっているから良い関係でお付き合い出来るのでしょうけれど・・。猫さんたちのパラダイスですね☆
 だからこそ、ちび太ちゃんも長寿でのんびり長生きできるのですね まだまだ元気で、長寿更新して欲しいな!!わんぱくでもいたずらでも元気で長生きしてくれるなら嬉しいな!!
 み~ちゃんも太っちょくんもちび太ちゃんに続くように頑張って長生きしてねぇ~~~☆彡

まだまだ、ガンバレ~っ!

チビ太ちゃん、22年ですか・・すごいですね~!!!
人間の声かけでトイレに行くなんて、これもすごい!です。
うちのユズばぁやんにも見習ってほしいデス^^;
ユズばぁやんももしかしたら同じくらいかも?しれませんね。

2番目の写真は今年に入ってからのnanoによく似ていてビックリしました。
チビ太ちゃんにはnanoの分まで長生きしてほしいと思います。
ちび太ちゃんのこと、また機会があったらぜひ載せてくださいね~。

おぉー!この子が噂のちび太ちゃんですか?
女の子だったんですね。てっきり男の子かと思いました(^^;)
22歳・・・貫禄がありますね。
これからも穏やかに過ごして欲しいです(*^_^*)

「薄茶のトラ猫ヤンチャ説」
これはまぎれも無い事実だと思います!
我が家の薄茶トラ・タンゴ、ノラ時代は迷ハンターでした。
雀、鳩、カラス、ヘビ、ネズミ、カエル・・・それはもう大変でしたよ(T▽T)
性格も面白いですし。
見ていて飽きないですね(^^)

風邪はその後いかがですか?
もうお加減はよろしいのでしょうか?
お大事になさってくださいね。

因みに我が家は何故かキジトラに縁があります。
(多分この地区の野良猫にキジが多いからでしょうね)
チョロ女王さまは・・・・今までに雀を7~8匹ゲットしました。
故ポンはトカゲをはじめとする爬虫類コレクター(^_^;)
家のトカゲの尻尾はほとんど彼女が切りました。
我が家の庭に棲んでいる可愛い小さいヘビをくわえてきました。
勿論取り上げて逃がしてあげました。
だって我が家の金運が下がるもん!!
トマ嬢はメタってますが、ネズミを2度ほど捕獲しました。
キジトラは結構野性味があるようです。
因みに我が家の子たちは基本室内飼いですが、
天気のいい日は短時間ですが、人間と一緒にお散歩をしています。
茶トラちゃんもキジトラ同様原種に近いのでしょうか?
多少毛色による生活の違いはあるみたいですね。

ちび太ちゃん、元気そうですね^^
お父様とお母様に見守られながら、幸せな猫性を送ってるからですね♪
ちび太ちゃんを見てたらマイケルを思い出します(^・^)
茶トラはヤンチャ・・・確かにマイも小さい時はヤンチャでしたね^^:
でも、飼っていた猫の中では一番優しくて穏やかな子でしたよ^m^
それからみたら、三毛のモモのほうがとってもヤンチャな野生児です><

こんばんは(^-^)

ちび太君、ヤンチャだったんですね~チーコも雀やネズミを
何度も咥えて家の中へ・・・(@ω@;A
羽だけ残ってた事もあります。今は朝だけ、散歩に行って
すぐに帰ってきます(^-^)

ちび太君も相当、若いですね!!22歳とは思えないです♫ ♬
チーコも初めはチビって名前だったんですけどね(笑)
チビ太君にあやかって22歳を目指して欲しいです(*^-^)v

mogu07 さんへ

そうなんです。”おしっこは?”
は条件反射になっているみたいで、
”おしっこは?”
と言うと玄関若しくはお勝手のドアに向います。(笑)
若い頃は本当にやんちゃで、昼間な部屋の中で寝ていた事何て
殆ど無く、あちこちを徘徊しておりました。
mogu07さんもずっと子供の頃から家に猫ちゃんがいて、
猫ちゃん達と供に大きくなったのですね。

動物無しでの生活は、無味乾燥過ぎてつまらないですよね。
今は海外で小梅ちゃんとアナベラちゃんに囲まれて。
私も海外にいた頃本当に動物が恋しかったです。(苦笑)

いやはや…まったく恐れ入ります…22歳!!
ワタシの先代ポルは17歳でしたが、それでも猫又の域に入っていると
感じておりましたが。(笑)
今は兄弟のカツが一人元気に暮らしております。
カツにはちび太ちゃんのように元気で幸せな暮らしをずっと続けてもらいたいです。

猫の毛色についてですが、
三毛猫は気が強いと昔から聞きます。
ポルはその典型的なタイプでした。
伝説は数々。(笑)サビ猫ちゃんは頭が良いとか、やっぱり少しは
関係があるのでしょうかね??
毛の長さとかも関係するのかもしれませんね。

もふもふは、ちび太ちゃんファンよ!
お元気そうで安心したわ。。。

ちび太ちゃん神棚に登っていたの???
凄い話だわ!
オシッコもお父様が連れて行ってくれてるなんて
なんて ほんわかしてるのかしら!

いつまでも元気でもっともっと長生きしてね!

5/11
22歳のちび太ちゃん。
これからも美味しくご飯を食べて穏やかに過ごしてくれますように。
薄茶のトラ猫ヤンチャ説。
他の知ってる茶トラさんもいつも外を闊歩して
甘えっ子でありかなり名ハンターの様子。
白猫さんでは気の強い子はあまり見たことがないです。
猫さんの毛色模様によって性格が違うのも
また猫さんの面白いところですよね。
お風邪はすっきりと良くなられましたか^^

22歳!!でも、まだ瞳もしっかりしてる!!シッポも長い。もしかして年々長くなってるのでは・・なんておもっちゃいました。 
シーシーていうとシッコに外にいくのね、頭いい。もう、長年一緒だから心で伝わるのね。

色々な思い出がありますね。
隣の畑の話は相当、ヒヤヒヤ読みましたが、心の広い人でよかったです。

茶トラ猫、やんちゃ説。どうなのかなあ。
陸花の母猫、マルちゃんはやんちゃというよりマイペースだったなあ。特に何かとってきたりはなかったなあ。

茶白猫はあまえんぼみたいだけど。

はじめまして。

ご訪問いただきありがとうございました。
リンクも貼らせていただきました。これから訪問させていただきますね♪
ちび太ちゃん、とてもいい猫生を送ってきたようにお見受けします。幸せそうです。我が家のニャンコにもそうあってほしいと思いました。

やっぱり

家も初めての白猫いますが穏やかです。
そして手前みそですが上品です。

決してもう1匹の猫のえさはとりません。
人間のご飯も猫パンチしますが
くれるまで寄り添って待ちます。

食べるのもおっとりゆっくりです。
もう1匹お家に来てスピードが5倍くらい違うので
ゆっくりに気がつきました。

綺麗好きですがおしりはなめないし
人間がコットンに油でたまに始末します。

茶とらは経験がありませんが
やんちゃなのもおいたでいいですねぇ。
活発いいです!元気が1番!!!

ちび太ちゃん長生き更新して下さいませ。
応援しております。
先代猫は19歳11ヶ月で旅たちでした。
掛かりつけ医は23歳の猫知っていると
おっしゃっていらしたので目標でしたが
なかなかうまくいきませんね。

20年以上も付き合うと
本当に人間化するしわが子ですねぇ。
思い出たくさんだと思います。
又ちび太ちゃんのご様子励みになりますので
お伝え下さいませ。


dejavuewords さんへ

何時も色々な場所での猫ちゃんの撮影を
楽しみに拝読しています。頑張って下さいね。:)
そして
改めて本当にこの国には
野良猫が多い事を実感させられています。

ちび太は今迄先代猫達に遠慮をして生きて来た分
残りの余生を両親を独り占めしながらストレスを溜めずに
猫生を満喫している様です。:)
本当にブロガーさんの猫ちゃん達の記事を読ませて頂いていると
やはり模様によって性格も違って来る様です。:)

クリちゃんへ

クリちゃんの所も色々な猫さんを飼っていたのね。
歴史がありますね。:)
きっとチョミさんの人生の中では、
にゃんこのいない人生は考えられないでしょうね。(苦笑)
ところでクリちゃんの種類の猫ちゃんの性格は
どうなのでそうか?ふふっ

たかこさんへ

実家の田舎の前の道は交通量も殆ど無く(笑)
特にちび太は冒険心が旺盛でも、びびりの気が弱い
猫でしたから、敷地内とお隣の畑の往復だけで
交通事故に合う心配は殆どありませんでした。
猫本来のお姿、鳥を追いかけ、蝶を追いかけ、季節と供に
猫生を謳歌して来た気が致します。
でも、我が家もずっと多頭飼いでしたので、
気の弱い優しい猫はストレスを溜めていたのかと思います。
母の愛情をひとりで溺愛していた猫が
意外にも腎盂炎で15歳で亡くなり、それからチビ太が
両親の愛情を独り占めできるようになり、甘え放題。
きっとストレスから解放されて、元気に長生きしているのでは?
と思っています。我が家で迎える初めての長寿猫です。:)

woobeeさんへ

私もちび太とnanoちゃんは凄く似ていると思っています。:)

おしっこに関しましては、実家は本当に周りが畑に
囲まれておりまして、田舎では完全室内飼いのお宅は
子供の頃は本当に珍しく、出入り自由な家の為、
猫達は自分で廊下のサッシ戸を自分で開けて、
出入りしていました。

その長い習慣を年を取ってから
変えさせるのは本当に大変な事でした。
両親としては
何度も猫砂を家の中に置いて試みたのですが、
やはりお外でするのが一番気持ち良いみたいです。(苦笑)

ニャーヨ さん

コメント読ませて頂いて本当に大笑いです。
>雀、鳩、カラス、ヘビ、ネズミ、カエル・・・
>それはもう大変でしたよ(T▽T)
まさにちび太も全て取ってきました。
で、食べるわけではないのですよね••ある意味で残酷ですが、
これが猫本来のお姿。(苦笑)
そしてネズミをくわえてちゃんの部屋迄人間に見せに
参ります。(笑)他の猫達はあまりこんな事はしませんでした。

トマシーナさんへ

風邪を心配して頂いてありがとうございます。
ジムに行って汗を流したら完治致しました。(笑)
やはり、私の体はタフな様です。

トマシーナさんのお宅はキジトラですか••
我が実家の周りも何故かキジトラの野良猫達が多くて、
家猫になったのはキジトラが殆どでした。(苦笑)
我が家のキジトラは温和な仔たちでした。

チョロ嬢はトカゲなど爬虫類のコレクターでしたか??(笑)
でも、見せられる家族はそれは、それは”ひゃ~”ですよね。
きっと猫達は”こんな獲物を捕まえたからみてよ~”
で、見せに来てくれるのでしょうね。ふふっ。:)
そしてトマ嬢はねずみさんですね。(苦笑)
こちらも見せられる人間は”ひゃ~”ですね。
でも、これが猫本来のお姿。幸せな猫ちゃん達です。:)

maimimiさんへ

マイケルちゃんも茶トラちゃんでしたものね。:)
ちび太も悪戯を随分しましたが、とってもびびりな気の優しい
猫です。:)

三毛猫ちゃんは気が強いそうです。(苦笑)
”三毛のモモの方が、とってもやんちゃな野生児”
このコメントに可笑しいやら、
とっても当たっているやら••(苦笑)
これからどんなやんちゃ振りを発揮してくれるのか?
ブログにお邪魔するのが楽しみです。:)

とまみささんへ

チーコちゃんも最初はちび太という名前だったのですね?:)
ちび太も女の仔だったのですが、何故か我が家の庭に捨てられていた当時は
小さくて可愛かったので
ちび太と私が呼んでいたら、ちび太になってしまいました。(苦笑)

猫にとって獲物は人間に見せたいみたいですね。
”こんなの取ったんだよ、凄いでしょう”
わざわざ見せに来てくれなくても良いのですが、
何故か家の中に持ち込んできます。(苦笑)
チーコちゃん、きっと長寿を全うしてくれますよ。:)

ライアーさんへ

私の子供の頃は猫は10年生きればと長寿を全うと
確か祖母が言っていた様な気がしました。
人間も同様ですが、医療が発達して、ペットの食べる餌も
改良されて、ペットの寿命も本当に延びました。
きっとカツ君も長寿を全うできると思います。:)

猫の毛色はやはり性格とある程度関係があると
私も思っています。:)
三毛猫が気が強いというのは笑ってしまいました。
以前、三毛猫が実家にいましたが、確かにとても気が強かった
のを覚えています。やはり雌猫と言う事もあるのでしょうか?:)
キジトラは性格も大人しく、凄く優しかった気がします。
こうして皆さんのコメントを読みながら、昔かっていた
猫達の事を思い出しました。

もふもふさんへ

ちび太のファンになってくれて
ありがとう。:)

何しろちび太は新参者で、他の猫達に遠慮をしていましたから、
なるべく高い所なら安心と思ったのでしょう。
唯一身軽なねこでしたから、何時も一番高い神棚で寝ていました。(笑)

父は夜中に外に出て前の庭でおしっこをするのが習慣でして••(笑)
ちび太を誘って必ずお外にでます。本当にこのおふたりは
今では親子?それとも夫婦?そんな関係です。(笑)

た、たしかに・・・・
うちのしんのすけも・・・・
鳩、すずめ、バッタに蛙、パトロールに行ってはいろんなものを捕まえてきて私を絶叫させ、郵便配達のおじさんには「猫が鳩を捕まえてる~」と関心(?)されたものです。
今でこそあまりしなくなりましたが・・・・たぶん身体能力が年齢とともに低下したためでしょう^^;
そしてしんのすけもビビリでヘタレです^^;

それにしてもちびたさんのその長寿の秘訣を伝授して欲しいです。
しんのすけもがんばってもらわなければ・・・

そうそう!
柄によって性格が違うって言いますよね~!
彦は茶トラ白だけど、やっぱりやんちゃだと思います
キジトラは警戒心が強いとか・・・
当たってると思います
22才なんですか~
凄く元気に長生きしてますね♪
うちの子はそこまで生きた子が居なかったから凄いと思います
家もがんばろー♪

りっぽさんへ

お心使いありがとうございます。
体調は万全です。:)

やはり皆さんのご経験から茶トラはビビリでありながら
やんちゃなようですね。:)
本当に若かりし頃のちび太はやんちゃでした。

白猫は太っちょが初めてですが、
やはり洋猫のDNAも入ってか凄く温和で穏やかです。
対象的ねみーと太っちょ飼っていて本当に飽きないです。(苦笑)

ありがとうございます。

ちび太は我が家で初めて猫生を全う出来る猫です。
実家は多頭飼いで元野良猫を家猫にしていましたので
、殆どの猫がFIVとFeLV
を発症した猫達が殆どでしたので、私の両親もちび太と
供に年老いて、二人と一匹で、
出来るだけだけ長生きして欲しいと
思っています。:)

陸花の母 さんへ

ありがとうございます。

ちび太は我が家で初めて猫生を全う出来る猫です。
実家は多頭飼いで元野良猫を家猫にしていましたので
、殆どの猫がFIVとFeLV
を発症した猫達が殆どでしたので、私の両親もちび太と
供に年老いて、二人と一匹で、
出来るだけだけ長生きして欲しいと
思っています。:)

hossyさんへ

ありがとうございます。
私もリンクを貼らせて頂きました。:)
何時も塔子さんのブログのコメントで名前を
存じ上げておりました。:)
私もこれから、毎日お邪魔させて頂きます。:)

よっしー さんへ

本当に白ねこさんは気持が優しくて、
穏やかみたいですね。
太っちょは洋猫さんのDNAも入っているせいか、
性格が凄く穏やかで、優しくて。:)

そうなんです。太っちょもちゃんとご飯の
時はお手手を揃えてじっと待っていてくれます。
その姿勢が健気で、健気で。ふふっ。:)
みーの山猿の性格とは全く違います。(笑)

そうですか、食べるのもゆっくりで、
他の猫と5倍くらいスピードが違いますか?(苦笑)

それとお尻はナメナメしないですか?
太っちょもなんです。(苦笑)
白猫ちゃんは相当プライドが高く気高いですね。:)

ちび太の事ありがとうございます。
年老いた父と母とちび太。
我が実家で最後の野良猫となります。

人間と猫と可能な限り長生きして欲しいと思っております。
両親が健康で生きていられるのも、
今迄保護した猫達が
敷地内で眠っていますから、
きっと両親への恩返しをしてくれて
いると思っています。:)

チビ太くんですか~!綺麗なチャトラですね。
これが、本来の猫の様子だな~と思いました。
やんちゃな仔は、大変だけど楽しいな~(*^o^*)
毛色で性格を調べた事あります。
でも、どんな仔が基準なのかな~って思ったりします。f^_^;

22歳とは長生きですね。
長女と同じ年だし…^^昭和と平成の境の頃生まれかな。
あの頃産まれたのかと思うと長い猫生だと思います。
以前、どこかの長寿おばあちゃんが何日かに一回しか起きないというのをテレビで見ました。
ちび太ちゃんももっともっと長生きしてほしいですね。

茶とらはやんちゃ説。
確かにうちの寅吉は小さい頃すご~くすご~くやんちゃで手を焼きました。
でも、去勢をした頃から人が・・・いや、猫が変わったようにおとなしく
びびりさんになってしまいましたよ。
どっちかと言うとサテツ(アイツの種類は何だか今でも分らないのですが…)の方がやんちゃです。
最も猫を飼うのは、寅吉・サテツが初めてなので比べようが無いですが^^

みーちゃんたぬき?
あはは~確かにみーちゃんにそっくりな寅吉も実は狸みたいです。
特にへそ天で転がっているところなんて♪
みーちゃん、ごめんね~w

おでぶにゃんこさんへ

ふふっ、しんのすけ君もそんなに
色々な鳥をゲットしましたか。(苦笑)
凄いですよね。今のチビ太からは想像がつきませんが、
獲物を見据え、構える格好はまさしくハンターでした。
しんのすけ君の姿が想像できます。:)

ちび太が長生きできるのはきっと他の猫が他界して、
やっと自分の時代がきて両親の愛情を独り占めしている
からかと思います。きっと、しんのすけ君も長寿を全う
する事でしょう。:)

ぶっくん802 さんへ

キジトラはやはり警戒心が強いですか••
私が餌をくれている2匹のキジトラがいるのですが、
中々捕まらなくて、苦労しています。(苦笑)
でも、人慣れして虐待されるよりは良いとも思っています。

ぶっくん802さんのお宅は17匹。
皆、長生きしてくれると良いですね。
私の子供の頃の猫の寿命は10年と言われていました。
それが人間と供に猫の寿命も延びています。
きっと家猫で生活していたら20年は生きられると思います。:)

私も聞いたことありますよ!
体の模様で正確が違うってこと。
茶とらさんのやんちゃ説本当かもしれせんね。
毛の長い猫さんは、おっとりした子が多いというのも
聞いた事ありますよ。太っちょ君はそうかもしれませんね。
あっ、みーちゃん・・・例外もアリですね♪

チビ太くん、22歳ですか!
若いときは色んなものをお持ち帰り、
きっと家族にお土産を持って帰って来たのですね。
いつまでも元気で、もっともっと長生きしてほしいですね♪

ちび太ちゃん、元気そうで、よかったです。
20くらい?で、手術もしているんですよね。
それも乗り越えて、本当にご長寿さんです。
昔は犬は7~8年、猫は10年位の寿命でしたが
今では、寿命も倍位に伸びましたね。
これからも、いっぱいご飯を食べて、長生きしてね。
そういえばうちの先代犬も、私がトイレは?と言うと
ノソノソとお風呂のトイレに行ったものでした。
そんなちび太ちゃんも、若かりし頃は元気いっぱいだったのですね。
私はニャンコを飼うのは、初めてなので
クボ太しか分かりませんが、サバトラのクボ太は
割と大人しい感じです。

もくれんさんへ

確かに、これが本来の猫の姿なのかとも思います。
田舎で敷地が広いため、こんな自由にいられるのかとも。(苦笑)
その反面、出入り自由ですから、交通事故に遭う可能性も
あります。

ちび太は本当に臆病な猫で、
我が家は本当に近所の色々な猫が敷地内に遊びに来ていました。
良く、我が家の敷地内で追いかけられ、慌てて家の中に
逃げ来んだりもしていました。(苦笑)

もくれんさんは毛色で性格を調べた
こともあるのですね? :)
統計的にやはりどうなのでしょうね?(苦笑)

いずみ123 さんへ

いずみ123さんちの大きいお姉ちゃんと
ちび太は同じ年齢なのですね。光栄です。:)
確かに歴史を感じますね。そういえば私も若かった~。(苦笑)
考えたら、ちび太が生きたて来た年齢は私にとってっは
凄く大変な時期だった気がします。
二度とあの頃には戻りたくないと、
ちび太を見ながら思ったものです。(笑)

寅ちゃんは去勢をしてから大人しくなりましたか?
本当に今は穏やかな表情をしていますもの。:)
確かにサテツちゃんの方がヤンチャで、
その横で寅ちゃんが寄り添っている感じがします。
時折、寅ちゃんの後ろ姿に、男の哀愁を感じます。:)

みーは避妊手術しても一行に治まる気配はないです。
相変わらず、徘徊しています。
何時になったら落ち着くのでしょうね••(笑)

お~☆22歳♪
うちの元野良の子は茶トラで良いのかな?
あの子も、鳥やセミなんか持って帰ってきてました~

捨て猫のグレーの子もしてたけど
少なかったし、正確も温和でした。

ご近所さん、お互い様って良いですね^^
昔はそーだったですよね~
うちの猫ズも田舎の昔からの家に居たので
自由にさせてもらってましたが・・
今は色々な意味で難しいですよね・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

kobabooさんへ

猫にとってはお持ち帰りが嬉しいみたいですね。
鳴き声が違うんです。まるで~”帰ったよ~、帰ったよ~”
と知らせながら帰っている様で••
そして半殺し状態で、鳥や、ネズミさんが。ある意味でこれも
虐待です。(苦笑)何時も殆どの動物が虫の息で••
何度、庭に埋めた事か••(苦笑)

長毛の猫さんはおっとりは良く言われますね。
太っちょには凄く納得致しますが、うっかり忘れておりましたが、
みーは長毛でした•••(笑)

にゃごやん へ

良く覚えていて下さいました。:)
一年前、アゴを骨折して、獣医さんに”麻酔に絶えられるでしょうか?”と言われ、我が両親は安楽死をお願いしたのですが、
逆に獣医さんに止められて、やるだけの事はやってみましょうと••
手術に踏切、意外や意外、歯も殆ど抜歯されて、それが良かった??
のか? 益々食欲旺盛になり、手術以来もっと元気になりました。(苦笑)まさに化け猫です。(笑)
本当に、ちび太の生命力には周りが驚かされています。

ちゃ さんへ

みかゴンちゃんとヨーダちゃん、可愛過ぎです。:)
ワンちゃんも本当に可愛いですね。
そして愛嬌があります。:)

”お互い様”
特にご近所付き合いはこんな言葉でどれだけ癒されるか••
田舎ですから通用しますが、都内では難しいのでしょうね。
お隣の猫が花壇にうんPをしても、私は何とも思いませんが、
一般の方は嫌がるのでしょうね。私はやはり昔のお隣同士の
”お互い様”のおおらかな気持で接していきたいですね。:)

ご無沙汰しております。
相変わらず、時間の足りない不毛な毎日を過ごしております。

チビ太くん、猫齢のわりに毛並みがきれいですね。
22年かぁ・・ すごいですね。
うちもナルと一緒に年を重ねることを想像してしまいました。
ナルが20年を迎えた頃、私も60代になってます。
ナルは、目以外はどこも悪くないので、
長生きしてくれそうな気がしてます。

全身グレーのナルはけっこう凶暴です。今でもたまに本気噛みされてます。
もし目が見えていたら、もっと凶暴な猫になっていたような気がします。
もっとも、ナルが凶暴なのは飼い主にだけですけどね~。

ねこ奉行 さんへ

お久しぶりです。お仕事本当に大変かと思います。
私の主人も相変わらず、19時頃は自宅に帰れるのですが
入浴と、食事を済ませ、
余程疲れているのか、すぐにソファーでうとうと。
私が床に入る頃、主人を起こして、
彼は明け方3時頃まで仕事をしています。

ナルちゃんは本当に目が見えないなんて信じられない
澄んだ綺麗な瞳をしています。そして獲物を狙う目。
そうですか••ナルちゃんがちび太の年齢には
ねこ奉行さんも60代なのですね。
という事はみーがちび太の年齢の頃私は????(笑)

ロシアンブルーのDNAを受け継いだナルちゃんは
結構凶暴なのですね?:)本当にこの仔達の為にも
私達人間も健康でいなくてはならないですね。
ねこ奉行さんもどうぞご自愛下さいね。
また、お会いできる事を楽しみにしています。:)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quantum0208.blog53.fc2.com/tb.php/397-c8918a5f

Top

HOME

Quantum

Author:Quantum
喧嘩で怪我し、左目に障害を持つエイズキャリアの太っちょと
左目が無い片目のみーそして、雨の中、段ボールに捨てられていた白美のブログです。全員、元野良猫です。
縁あってこの仔達と人間二人が一緒に暮らす事になりました。


yuuyuuy
”太っちょ”♂
2009年の2月3日より、同居。
推定年齢:8歳
FIVキャリア
dfdfdf
”みー"♀
左眼球が無い。
2009年8月より同居
生年月日:2009年5月頃
dfdfdf
"白美"♀
2010年7月より同居
生年月日:2010年5月頃

A90

A90

A90

The Memoirs.


私の回顧録

外国人付き秘書の日記
アメリカ西海岸珍道中
The Memoirs of Snowy



現在の閲覧者数:

futo546 この言葉


presented by 地球の名言




にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へしらすちゃんが、
早くお家へ戻れます様に

一日も早く 迷い猫さん達が お母様の腕に抱かれます様に.
”しらすちゃん” gift ”紀の猫”さん ”ちゃびmama”さん
”ちびちゃん” gift
”里親募集” みんな、温かい家族を待っています。

”島根発 ” 山道に捨てられた衰弱していた2兄妹 今はすくすく元気に育っております。 里親様募集中!!
”島根動物愛護ネットワーク
じゅうちゃん(♀)

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。