スポンサーサイト

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太っちょの目の傷

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11


me342

母ちゃん!飯うめ~な~。

me341

おいら、食う時が一番好きだな~。

me344

うん、うめ~、うめ~。

me345

親ばかですいません。
太っちょが唯一甘えるのは食べる時。
こうしてスプーンで口迄持っていかないで、
床に置くと直ぐ食べるのを止めてしまいます。
でも、お腹が空けば勝手にカリカリを食べていますが。(笑)

何しろ性格が凄く、優しく、穏やかなので、
何故こんな瞼がめくれ上がった目になってしまったのか?
私の勝手な想像で、雄猫の縄張り争いでついた傷だと思っています。
田舎はまだまだ素朴な方達ですから、虐待はないと思っています。

実家に現れた時には此の状態でしたので、
あまり写真では左目はアップで撮らない様にしていましたが、
傷の痛々しさが当時を物語ります。近所で餌を貰ってみたいでしたので
誰かが、直ぐに医者に連れて行ってくれたら、瞼が捲れ上がって
張り付く事はなかったと思うのですが••

野良猫はこうして、
何処かで何も食べずに傷が癒える迄じっと時を過ごすのでしょうね。
此の仔が経験して来た過去を考えると、
ついつい甘やかしてしまいます。:)

一度は手術も考えましたが、
クレス先生曰く、獣医師の高度な技術が必要だと言う事。
それと、太っちょはワクチンをしてから体調を崩したり、
麻酔注射で体調を崩したりと、
太っちょにとって病院程
ストレスが溜まる場所は無いみたいです。

それが、最初実家の車に乗せて病院に連れて行った時には
先生の前でもゴロゴロと凄く人間にフレンドリーでした。
(絶対に以前は家猫さんのはずです。)
これはマンションの中で私達だけしか人間を見なくなって
しまって、異常な程、ビビリ猫に変わってしまった様です。(苦笑)

me314

おばしゃん、あたいもお目目一個無いんだじょ••

そうだね~、でも、何でかな? 
あなたの場合は全くお目目が一個ないなんて
感じない程、あなたの唯一の欠点をプラスに変えてるわね。
自信満々に生きているもんね。凄い事よ!:)


あたち達の事、
おもちろかったら
、”ぽちっ”ておちてね。

にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村
futo546

ぽんちゃんの旅立ち


ぽんちゃん

何度も奇跡を起こした”ぽんちゃん”が4月9日に旅立ちました。
きっと今頃は肉体と魂を切り離して、
自由に走り回っていると信じます。 :)
合掌。

詳しい事は
”ぽんずと毎日”
の日記で。


futo546

”おいらの仲間、プルタン”


bんkj

3歳くらいの男の仔だ。
人間大好き、でも、猫は嫌いらしい。
四肢に障害があって常にプルプルしているから
名前はプルタン。
先天的ではなさそうなので、車に轢かれてたのかもしれね~んだ。

おいらのマブダチの武士君の母ちゃんが
大家さん猫おばさんと一緒に
江戸川のにゃんこの保護活動をやっていて、猫おばさんの家に
連れて来られたプルタン。でも、ここの家にはもっともっと
傷害を持ったにゃんこ達が沢山居候していて、
プルタンは里親さんが見つからないと、
また江戸川沿いに戻されっちまうかもしれねえんだ。
優しい父ちゃんと母ちゃんを何とかして見つけてやりてぇな!



詳しくはぶしろぐ
futo546


”太っちょ通信”
 
 
futo1751

futo546FIVとFeLV futo546
みんな頑張ってるよ!
応援パンチ頼むど~
病気なんか、食っちまえ!


futo546 



”ハーヤンとノンチ”さんのブログ
こちらは保護した野良猫さんが全員FeLVキャリアだ。
その中でハーヤンが治療中



”cats freaks panther"さんのブログ
のBiBi
ちゃんは母猫の体内にいた時にFeLVをもらい、
発症してしまった。癌が発覚。抗がん剤の治療中。




屋根裏のつぶやき"さんのブログ

nanoちゃんの体は血液を作り出す機能がほとんど働いていない。
彼女も以前FIVとFeLVキャリアを何匹も保護している。




”『犬猫救済の輪<strong>』動物愛護活動ドキュメンタリー"さんのブログ
こちらも保護した野良猫のモコちゃんがFeLVキャリアだ。
生命に関わるほどの重度の貧血中で組織細胞治療中


みんな、辛いけれど、
飼い主さんと一緒だから頑張れるよね!

futo546 

家猫さんとして生まれていたら、
この病気に掛かる確立は凄く低いと思います。
保護されて、こんなに幸せに暮らしていても
ある確立で発症してしまいます。
ならば••過酷な状況の中で生きている野良猫の
寿命が短命で、壮絶な死に至るのは一目瞭然なのかもしれないです。
野良猫の、特に雄猫は縄張り争いの為に、喧嘩による傷口からの感染や、
ウイルスを持った猫との交尾による経口感染が多く、
不治の伝染病に掛かり死亡する確率が非常に高いです。
母子感染して生まれた子供は
もっと短命です。
ペットとして家猫で飼われてる猫の平均寿命は15年といわれていますが、
野良猫の場合はたった3~4年と言われています。

futo546 


迷子のルルちゃん捜しています!!
”紀の猫”さんのブログで


仙台市若林区で迷子のちゃびーちゃんを捜しています!!
お近くにお住まいの方宜しくお願い致します。

”ちゃびmama”さんのブログで

 futo620

ミカエルちゃん、
皆が応援してくれているから、ゆっくり里親さんを待とうね。:)


gift
詳しい事は ”猫と石とまったりの生活” 



最低でも一ヶ月は
おおらかな気持ちで猫側から歩み寄って来る迄、
ただただ待ってあげる事です。
人間が猫ちゃんにしてあげられる事は、
それだけです。そうすれば、
必ず、必ず猫ちゃんの方から歩み寄ってくれます。

人間も同様すが、”誰かに幸せにしてほしい、
”誰かに癒して欲しい”とかの欲望を相手に求めるのではなく、
”自分が何をしてあげられるのか?”の発想を転換する事で、
人間の気持ちは自由に解き放たれると思います。
自分の為の社会なんて、ありえないのですもの。

futo546


 ”迷子の白い猫しらす”
gift



”アニマルコミニュケーションのサイトです”
gift
スポンサーサイト

« みーの朝のおちごと。|Top|陣取り合戦 »

コメント

甘えてる太っちょ君、可愛い~~~
ゴハン食べさせてもらえるなんて、嬉しいね。
野良猫時代に辛い生活だった分、今とっても可愛がってもらって
すごく幸せだろうな。
太っちょ君のお目目の傷は、オトコの勲章かしら?
野良猫のままだったら過酷な状況で酷くなったかもしれないし、
母サンの元に来て、本当に良かったね。
ミーちゃんのお目目も、普段それを感じさせないし、言われて
「ああ、そう言わればそうだった....」と思い出す位。
ハンディも個性の1つとして、痛々しいから可哀想に....だけでは
なくて、可愛くて、とっても愛しいですよ。

相変わらず、甘やかしてますネ~( ´艸`)
うちのマロンも、私が持った器でしか
お水を飲まないんです。
でも、私が忙しい時は、さっさと自分で飲んでるのを目撃ー(≧m≦)
今まで苦労した分、甘えてきたら思い切り甘やかしてやりたいですよネ!^^

本当に猫ちゃんは、怪我をしても文句も言わずうらみもせず
一生懸命生きていますよね・・・。
暑い寒いと文句ばかり言ってる娘に、少しは猫さんを見習え!と
いつも言っています。

しあわせに包まれて

(^^)☆太っちょ君しあわせに包まれて本当に
微笑ましいです。
甘える仕草は猫の醍醐味!!!

どんなに大変だった人生かと想像したらもう
親ばかでも何でもかわいいばっかりですもの***

昨年から実家でごはんあげてる10年以上の地域ねこさんがいます。
事情があってうちねこにしてあげられないので
目やにを取って抱きしめていると唾液を
出して甘えて本当に可愛いです。

怪我した時は慌てて薬を持っていくともう何処かへ消えてます。
甲斐性がない自分が情けないです。

人間だったらトラブルに耐え難い状況を
動物だからという理由で大変な結果で暮らさなければ
ならないのです。
動物の皆さんに深くお侘びしたいと思います。

太っちょ君は凄く頑張ってきたんだよね~
その代償がお目目に来てしまったけど、その分それ以上今は幸せだもの!
みーちゃんだってハンディを感じさせないくらい活発なお嬢様してるし♪
甘やかしてしまうのはしょうがないというものです!笑

家のコギャルたちはみんな逃げてばかりで感謝してもらえてるのかしら?
まったく、もうちょっと可愛くなって欲しいわ!!!
他の子達は”アタシ幸せ~♪”って感じられるんだけどねぇ・・・
でもそれがいまどきの子ってやつかしら・・・?
猫も変わるのねぇ~

ただ生きるために・・・。

 猫も犬も・・動物ってただただ生きようって頑張るんですよね
 人間みたいに諦めたり、死にたくなったり弱音を吐いたりしない。とにかく生きる!それしか考えないんだなぁってつくづく思います。怪我をしたり病気があるとただじ~~~~~っとして痛みに耐え、生き抜くために体力を温存して頑張る!!外猫のそんな姿を何度も目にしました。人間の方がずっと弱い存在なんだと思います。
 太っちょくんも、それだけの大怪我だもの・・・どんなに辛かったかと思うと胸が詰まります。よく頑張ったね・・・。すごいよ 太っちょくん!!!
 うんうん、だから母さんにスプーンでご飯貰って甘やかせてもらっていいよね 
 母さんからスプーンでご飯を食べさせてもらっている太っちょくんのお顔がいいわぁ~~♪普段、我儘を言わず、穏やかで優しくていっつもゆったりと構えている太っちょくんの素顔を見たような気がします。本当は甘えっ子さんなんだよね(^_-)-☆
 あっ・・み~ちゃんのお目目のこと・・忘れていました。そんなこと忘れてしまうくらいみ~ちゃんの性格は明るくてひまわりみたいだから☆み~ちゃん見ているとほっとします。
 太っちょくんもみ~ちゃんも。母さんと父さんに出会えて良かったね!!!母さん、母さんもこの2にゃんのかけがえのない命と出会えて本当に良かったですネ
 私たち、猫を世話して面倒をみているつもりでも本当は、猫に支えられ助けられ生かされているのだなって最近しみじみ思います。

お久しぶりです(^-^)

中々、コメント残せずに覗いてばかりでゴメンなさいです。
太っちょ君もみーちゃんもオメメはチャームポイントですよね。
みーちゃんもオメメが一つないなんて関係ないほど元気♪

ウチの梅子も同じです。梅子は幸い病院に連れて行って
貰えたので…眼球摘出手術を受けられて、ウィンクしてる
オメメにして貰えて・・・チャームポイントになってます(^-^)

梅子も片目でも良く高い所から平気で上り下りして~
よく、ぶつけてます。でも、飼っていたら目なんて関係なく
カワイイですよね((w´ω`w))

甘えん坊の太っちょ君はチュチュっぽいです。
白猫は甘えん坊なんでしょうかね?ツンデレな日もありますけどね。

ひとであれ猫であれ
自分らしさって・・
自らの持てる力を
搾り出した時にこそ、輝きを放つのでしょうね。

不遇な時代があったからこそ
こんなにも飛びぬけた存在になれた。 

そういう個性を鍛えた人は
他人を妬まない自身に満ちている
太っちょ君もみーちゃんも
それぞれの個性で輝いてる・・。

そしてそのお手伝いをしてくれたのは
他でもない きみたちの母ちゃんだよ!

mogu07 さんへ

ご飯も自分でちゃんと食べられる太っちょです。(苦笑)
これは昨年一年主人がほぼ無職状態でしたので、
猫達を甘やかしたせいです。(笑)
主人は私と違いマメな人でして、スプーンから
太っちょにご飯も水もあげていたみたいで、それからは
ずっとご飯をスプーンからではないと受け入れなくなって
しまいました。(苦笑)
でも、唯一太っちょが自我を出して甘える時間です。:)

yurikic さんへ

yurikic さんのお宅のマロンちゃんも
yurikic さんからの水飲みですか••うふふですね。:)

そして自分でちゃんと飲めるんですよね。
ですが、甘えてみたいのでしょうね。
そんなところが意地らしくもあり、可愛くもあります。

きっと私にも人間の子供がいたら、 yurikic さんと同じ事を
言い、バシバシと厳しく人間の子供は教育すると
思います。(苦笑)

よっしー さんへ

人間の子供ならば、世に出さなければならない責任から
バシバシ、厳しく教育をすると思いますが、
言葉の話せない、ましてや過酷な境遇の
中で生きて来た元野良猫ですから、
甘やかすだけ甘やかして、美味しいものを食べさせて
愛情をたっぷり与えてあげたいと•皆さん野良ちゃんを
保護されている方達は思っているのでしょうね。:)

皆さん色々な事情がありますもの。
でも、自由でいられてご飯を貰えて、愛情たっぷり貰えて、
ある意味で幸せではないでしょうか? :)

私もこれ以上猫を保護できないので、夜遅く
マンションのゴミ置き場の横にご飯をあげて、
朝早くその受け皿を取りにいっています。
綺麗に食べてくれていますから、やはりこの
マンションの周りも野良猫がいる様です。

太っちょちゃん、可愛い(^^)

私もきっと甘やかしちゃうと思います。
ウチの2ニャンも捨て子でしたから、
家族総出で甘やかしまくってますよ。
そしてそれでいいんだぁ~って納得してますし、
それを誇ってさえいます(笑)
父のイサナなど猫様が心配で、家を長時間留守に
しないようにしているほど・・・・
それだけならまだしも、留守にする時は、
『猫が盗まれる!』と言って、防犯ベルをオンするほど。
おかげで2ニャンは、すっかり威張ってますよぉ~。
奥ゆかしい太っちょちゃんを見習って欲しいほど(^_^;)

ぶっくん802 さんへ

17匹も保護していらっしゃるのですから、
本当に頭がさがります。

みーは人間よりも太っちょを信用している様ですが、
太っちょは何かあると人間に助けを求めます。
みーは太っちょに寄り添います。(笑)
きっとそれと同じではないでしょうか?
大勢いると猫同士で協力しあったり、
面倒を見てくれたり。ぶっくん802さんのお宅は
まさに、猫同士で仲良しさんですね。:)

たかこさんへ

本当にお外の野良猫達の事を考えると、
あまり我が儘し放題も••考えてしまいますが、
元野良猫で生きてい分、甘えて欲しいですよね。
人間の子供でないので、社会に出す責任は全くないので
人間の庇護の元でぬくぬく暮らす権利は彼達にはあると思います。

太っちょは自分でご飯は食べられるんです。
でも、主人が甘やかしていたので、本当にご飯を自分で
食べないんです。(苦笑)
太っちょの目の傷はまだまだ痛々しいですが、
みーを見ていると全く左目が無い事を忘れてしまいそうです。:)

とまみささんへ

コメントありがとうございます。:)
お互いにポチ逃げですが、何時も足跡を残してくれて
おりがとうございます。:)

梅子部長も本当に大きくなって、
彼女も目が一つない事は全く気にならないですよね。:)
梅子部長とちゅちゅちゃんと、我が家の太っちょとみーと
関係が凄く似ています。:)
日に日に家族になっていきますね。:)
これからも楽しみに見守らせて頂きます。

太っちょくんスプーン使ってる~モンプチのCMにどうですか~? (≧∇≦)
今が幸せならそれでいいさ~!と、思っていると思いますよ。
でも、人はいろいろ想像しちゃいますよね。
見た目より心が綺麗なのが一番ですよ~!(^_-)-☆

太っちょたん、スプーンで上手に御飯食べてるぅ^^

うちの野良猫だった子(ちび)も、本当に病院嫌いで
田舎なもんで、家外出入り自由・・
怪我はしょっちゅうだったけど
病院に連れて行くのは至難の技でした((+_+))
気配で逃げちゃって、つかまえれないの(泣

なので、すごい怪我でも自力で治して頑張ってましたよ。

動物の生命力&治癒力を信じてます☆

太っちょたんも、みーたんも、誇り高き猫たんズ☆
辛い事があっても頑張って、今は幸せ掴んだもんね(#^.^#)

Slavaさんへ

本当に太っちょは凄く幸せな顔をして
何時もご飯を食べます。

彼の大好きな時間ですから。(苦笑)
カリカリも何時も食べたい放題に置いているのですが、
それでも私が台所に立つと、
必ず背後霊の様に静かに現れます。

お腹が空いたよ~と鳴きながら自己主張するみーと
静かに目で訴える太っちょと。対照的な猫達ですが、
供に過去を抱えているのであると思っています。
きっと皆さん野良猫さんをお家に迎え入れた方達は
同じ気持ちで猫ちゃん達を見ているのでしょうね。:)

トマシーナさんへ

動物を家族として迎え入れる場合、
必ずご主人の協力がないと出来ない事です。
女性は比較的母性がありますから、問題無く
愛情を与えられると思いますが、
トマシーナさんのお宅はご主人様の方が、
その愛情が強いようです。:)
そしてまた、男性の方が女性より繊細な分
猫達に愛される様です。(苦笑)
悲しいかな、女性の役目は、お薬をくれたり
爪を切ったり。嫌がる役目ばかりです。(笑)

もくれんさんへ

本当にその通りです。どんなに辛い過去を背負っても
今が幸せなら全て帳消しになってしまいます。
私の過去も同じです。(笑)
”もう立ち直れない”
とあの時は思っていましたが、
あの過去があって今の幸せがあると。:)
きっと太っちょはあの時の辛さなんて
忘れているのかも。(苦笑)辛い過去なんて
覚えていない方が良いです。:)

ちゃ さんへ

私の実家の館林も全く同じです。:)
実家で両親が野良猫達を家猫にしていましたが、
家猫として中に入ってくれる猫は良いのですが、
絶対に捕まらない野良ちゃんもいましたから。

そんな子猫達にはは餌だけをあげて、去勢も出来ませんでした。
やはり目に雄猫同士の縄張り争いで怪我をする猫ちゃんも。
でも、自分の持つ治癒力で直して元気にしていました。
本当に逞しいです。本来は人間もそうであるべきです。:)
私は田舎の猫ちゃんは、あるいみで幸せだと思っています。:)

太っちょくん、甘えちゃってかわいい~♪
はなも一緒、食べてる時が一番好きみたいよ。

太っちょくん、昔お外で頑張ってたのかな~。
保護した時、痛々しい姿だと、
何があったのか色んなことを考えてしまいます。
でも、今はとっても幸せだもの、
太っちょくんの目も、みーちゃんの目も、
頑張ってきた勲章ですね。うん、個性ですよ。

ふふっ、自信満々なみーちゃん、
オテンバさんも個性だね♪

kobaboo♪さんへ

みーはあまり食に興味はないみたいですが、
太っちょは食う事大好き。
私もそうですが••(笑)
はなちゃんも、食う事好きそうですね。:)
でも、食べる事は生きる事。

此の仔達が食欲なくなったら本当に心配になります。
何時までも元気で食べる事に幸せを感じて欲しいですね。
皆さんがそう願っている事ですもの。

ご飯を「あ~ん」ってしてもらうのが好きな甘えん坊さんなのかな^^
うちの子達は、缶詰だと食器に盛る前に大騒ぎで大変です^^;
太っちょくんの目は痛々しいけど、でも太っちょくんの可愛い個性だとも思います^^
過去に辛い事があったとしても、きっと今はとても幸せだと思ってくれてますよ♪

ハンディーも一つの個性!と認める、母さんの元でだから、甘えも出来るし、やんちゃも出来る!
太っちょ君、ミーちゃん、今が幸せでよかったね!
ふふ、君達の幸せそうな姿が、見てるモンも幸せになれるよ!ありがとうね!

SORA さんへ

お久しぶりです。:)
太っちょはウエットが大好きでして、スプーンから
美味しそうに食べます。:)
SORAさんのお家は食器に盛る前から大騒ぎですか?
食欲旺盛。良い事ですよね。食べる事は生きる事ですもの。
元気でモリモリ食べてくれたら、食べっぷりの良い猫さんは
大好きです。:)

ほんなあほな さんへ

本当にその通りですね。ハンディーも個性の一つです。:)
それがまた凄く愛おしかったりしています。
今が幸せならば全てが相殺されます。:)
私も同じです。過去が大変だったとしても
今が幸せならば全てが相殺されます。:)
似た者同士の集まりです。:)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ほんなあほなさん(ホントにこのハンドルネームでよろしいのでしょうか?)のおっしゃる
「ハンディも個性の一つ」って素敵な言葉ですね。
私もそういうふうに思いたい、というか、
思うことができたらいいなって思います。
写真に写っている太っちょの母さんの
大人っぽい指にも悩殺されそうでした^^
すんなりした指・・はぁ。。素敵です。
なんとなくこれまでの人生を物語っているような気が・・。

いつもべらんめえ口調の太っちょ君が、母さんから食べさせてもらっている姿を見ると、優しくて甘えん坊の一面が見えてきますね。
どんなにつらい思いをして生きてきたか分からないけど、母さんの所に来れて本当に幸せだと思います。
太っちょ君とみーちゃんにおめめの障害があっても、母さんの子になった今となってはそんなこと何も関係ないですよね。
昔の事が帳消し、それ以上幸せになれているんだもの。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

太っちょちゃん ホントにスプーンで食べさせてもらってるわ!
甘えん坊さんなんだね。
離乳食を始めた子供みたい!
でも 母さんはそんな太っちょちゃんが好きなんだもんね。

塔子 さんへ

そうなんです、
指は年齢がでるので出すのが嫌だったのですが••(笑)
この写真はNikonで主人が撮りました。
何か焦点が太っちょではなく、私の指に焦点が合っていませんか??
私より写真がへたです。(笑)

太っちょと生活して一年2ヶ月、みーと生活して7ヶ月。
人間二人と、猫二匹と共同生活を始めてやっと
家族になれた気が致します。:)

いずみ123さんへ

みーが来てからでしょうか?
太っちょは甘えん坊になった気がします。
大きなずうたいをしていますが、気が弱くて優しくて。
これが母性をくすぐるのか??
子供のいない私にはたまりません。(笑)
みーにも甘えて欲しいのですが、此の子は
まだまだ遊ぶのが忙しく、それに太っちょと父ちゃんが
いてくれたらそれで幸せみたいです。(笑)
寅ちゃんとサテツちゃんもいい味出していますよね。:)
毎日楽しみにブログ拝見しています。:)

もふもふ さんへ

私も太っちょにご飯あげながら、
子供に離乳食をあげている気分です。
大きな体で上手そうにご飯を食べている
太っちょを見ていると、幸せを感じます。(笑)
ただの、親ばかです。(笑)

めっさ可愛い∞

なんだか見ているだけで癒される画像ですねぇ~
赤ちゃんとママ・・です。
太っちょ君の至福の時を、皆さんとご一緒に
共有させていただきました(*^^*)
動物達は過去に何があっても、
今の一瞬が全てで生きているから、一瞬の連続・・だから
美しいのでしょうね!
太っちょ君とミーちゃん、家族に出逢えて良かったね☆

みおめろんママ さんへ

本当に太っちょは大きな赤ちゃんです。
それがまた可愛くて、可愛くて。
子供のいない私達には子供同然です。:)

今迄苦労した分思い切り甘やかせてあげたいです。:)
色々な事がありましたが、一年此の子達と暮らして
人間と猫がやっと家族になれた気が致します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quantum0208.blog53.fc2.com/tb.php/378-d548daa5

Top

HOME

Quantum

Author:Quantum
喧嘩で怪我し、左目に障害を持つエイズキャリアの太っちょと
左目が無い片目のみーそして、雨の中、段ボールに捨てられていた白美のブログです。全員、元野良猫です。
縁あってこの仔達と人間二人が一緒に暮らす事になりました。


yuuyuuy
”太っちょ”♂
2009年の2月3日より、同居。
推定年齢:8歳
FIVキャリア
dfdfdf
”みー"♀
左眼球が無い。
2009年8月より同居
生年月日:2009年5月頃
dfdfdf
"白美"♀
2010年7月より同居
生年月日:2010年5月頃

A90

A90

A90

The Memoirs.


私の回顧録

外国人付き秘書の日記
アメリカ西海岸珍道中
The Memoirs of Snowy



現在の閲覧者数:

futo546 この言葉


presented by 地球の名言




にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へしらすちゃんが、
早くお家へ戻れます様に

一日も早く 迷い猫さん達が お母様の腕に抱かれます様に.
”しらすちゃん” gift ”紀の猫”さん ”ちゃびmama”さん
”ちびちゃん” gift
”里親募集” みんな、温かい家族を待っています。

”島根発 ” 山道に捨てられた衰弱していた2兄妹 今はすくすく元気に育っております。 里親様募集中!!
”島根動物愛護ネットワーク
じゅうちゃん(♀)

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。