スポンサーサイト

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Toronto

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

futo546飼い主の為のドイツ自然療法futo546
動物愛護チャリティーセミナー



トロント


優しくて、不器用で、温かく、シャイで。
一年の半分は暗い、寒い冬に閉ざされるトロント。
気候が風土が人を生み育てる。
まさしくそのままである。

National Geographic で”世界で一番住みやすい国”と絶賛している。
色々な宗教、文化が入り混じっていながらも、
人と人が上手に融合している。
決して宗教戦争も、民族浄化もこの国にはない。
人が他人に対して本当に優しい国だった。

バスにベビーカーを持ったお母さんが乗り込めば,
直ぐに運転士さんや周りの人が手助けしてくれる。
お年寄りが乗り込めば、皆が席から立ち上がる。

スーパーのレジでチョコレートとクッキーを持って
待っていた。前の列のおじさんが、”君の買い物はそれだけ
じゃ?お先にどーぞ。”と

トロント空港のイミグレーションでも、ハンサムなお兄さんは
とってもフレンドリーで冗談を言って笑わせてくれる。

若い人達から、お年寄りまで、皆さん他人に優しい。

野良犬、野良猫は一匹も見た事はない。


決して豊かな国ではない。
でも、他人に対して本当に優しい国であった。
私はこの地で、定期券、お財布、パスポートを置き忘れた。
相変わらず”ドジ”な私である。
でも、不思議な事に全てが私の元に帰って来た。

カナダ人はアメリカ人と同一にされる事を凄く嫌がる。
多くのカナダ人はアメリカの事を
とてもよく知っているのに対して、
多くのアメリカ人はカナダのことを全く理解しようとしない。
そのことで、カナダ人はアメリカ人に対してコンプレックスを持っている

そして何故かこの国の若者は
バックパックを背負って旅をする時に、
カナダの国旗をバックパックに縫い付ける。
可愛いな~と思う。

私は元主人と出会った事によって、3カ国に住む事が出来た。
でも、どの国でも人々の優しさを感じた。

他国で頂いた優しさを、
私はこの国で恩返しをしたいと思っている。

他人に優しくするって、
結局は自分自信に優しくしているのですから。


”ぽちっ”
  としてくれると、おいら嬉しいな? :))
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村
”こちらはアニマルコミニュケーションのnicoさんのサイトです”gift

futo1155


おいらをこんな立派な”モフモフ”にしてくれた
クレス先生が12月13日(日)に東京で
"German Medical and Seminar Consulting "主催の
チャリティセミナーを開催します。
ウェブサイトはこちらになります。

futo1153


スポンサーサイト

« Trick or Treat|Top|”主人”と”太っちょ”と”みー” »

コメント

平和は力では保たれない
平和はただ分かりあうことで達成できるもの・・・

そして志は難しい言葉の中にあるものでもありませんよね
ヽ(*´∀`)ノQuantumさんがやろうとしてることの中にあるのですよ

Slava さんへ

自分にも他人にも厳しい人でしたが、
彼のおかげでいい経験をさせて頂きました。(苦笑)
私の人生の中では、
絶対に出会えない人達に出会わせてくれました。
感謝しています。:)

時間がゆっくり流れているよな国ですね。
人も大らかな感じがします。
日本は、忙しそうな国ですよね。
それにもっと自分以外の人や物に優しく!
と思います。o(^-^)o

夕焼けですか?街の写真ステキですね。

トロント、行ったことはないけど
もし外国に行く機会に恵まれたら
トロントに行ってみたいです♪

こんな社会情勢で、我が家も決して豊ではないけれど
っていうか、極貧だけど^^;
心までぎすぎすと貧しくならないのは、
猫ちゃんのおかげかなと思っています。^^
quantumさんは、いつも成長し続けていらっしゃるんだなー
素敵です♪

ステキ。。。

 素敵な国ですね♪トロント・・・行った事は無いのですが憧れの都市の一つです。カナダは、全てに優しい国ですネ 森林保護や動物保護、そして勿論!人に優しい。。。私は、高校生の時と大学生の時にバンクーバーとバンフに行きましたが2度とも観光客の行くようなところばかりで、ただただ景観の美しさに感動するだけの旅でした。・・・やはり、本当の良さは暮らしてみないとわからないですね 旅行では無くていつかはどのかの国で暮らしてみたいって若いころは思っていました。そうすると自分の国(日本)の姿もしっかり見つめられるような気がします。
 いつかは日本に行ってみたい。日本で暮らしてみい。って思ってもらえるような国になるといいな。。。
 人に優しい、心豊かな国にするって何をどうすれば良いのか・・・ホントに難しいです。でもいつか・・・必ずいつかそんな国に・・・。
  

もくれんさんへ

決して豊かな国ではないです。でも、
医療は全て無料です。
国民は15%との税金を納めています。
それでも、まだまだ移民を受け入れています。
お金を掛けずに楽しむ方法を知っていますね。:)
トロント大学に沈む夕日です。

yurikicさんへ

我が家も同じ貧困状態ですよん。:)
猫達と暮らしていると、
ささやかに生きていければ何も入らないと
思います。:)

日本人の様に、
レジャーや車や洋服に
あまり高いお金は掛けないと思います。
日本人は働きすぎですよね。

たかこさんへ

高校と、大学で海外旅行経験ですか?
羨ましい限りです。学生の頃に海外を見ておくと
やはり生き方や、その後の人生が変わる様な気がします。
いい経験をされていますね。

そして色々な国の人間達と話すことによって
客観的に日本も自分も見る事ができます。:)

こんにゃちわ!
少しお久しぶりでした。

外国に住むということは、怖い気持ちがしていました。
それは自分自身の中に、怖れというよりも差別(言葉が通じない、外国人しかいないという・・・当たり前ですが、汗;)があったのかな、とふと思いました。
同じ人間なんですよね。
思いやりは思いやりを呼びますよね。
人に優しくされたら、自分もその分また同じようなことを誰かに返せたら・・・と思いますものね。そういったプラスの連鎖が貧しかった昔の日本にもあったと、祖母から近所のおじいさんおばあさんから聞いてました。
quantum さんとは、太っちょ君の迷子の時からで、まだやりとりの月日が浅いですが、quantum さんのさりげない優しさ感じてました。

私は人よりペースが遅く頻繁にコメントなど残せませんが、また遊びにきます。

こんにちは

チョミさんのパパがね、昔仕事でカナダに行った時に、もし他で住むことになったら、カナダに住みたいって言ってたんだって。
僕もカナダの人とアメリカの人は全然別の枠だよ、もちろん。
人に優しい国って、素敵だね。
日本でもどこの国でも、優しい人はたくさん居るんだけど、どうすればその優しさが沁み渡るのかな?
僕は毎日それを考えては、お祈りするんだ。

きなこさんへ

お久振りです、きなこさん。
何時もブログは覗いているんですよ。:)
私も皆さんに励まされながら、ブログを更新しています。
今は、気分転換にブログを書く事にしました。
時々自分の回顧録として。結構楽しんでます。
あの頃の思い出を再現できますから。

そうですね。私の子供の頃の方が
日本人は優しかった気がします。
それだけ皆さん気持ちにゆとりが無いのかと思います。
それと土地が狭いですから。(苦笑)

はい、またお時間のある時にお立ちより下さい。
きなこさんのブログの文章はとっても温かくて
私は大好きです。特に9月14日の初めて出来たお友達の文章は
大好きでした。きなこさん、童話作家になれるのではないでしょうか?:)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

くりちゃんへ

チョミさんのパパはきっとカナダが大好きなのね。
肌で感じて貰って嬉しいな?

そう、何処の国に行っても、
意地悪な人もいれば、優しい人もいるわよね。
結局はその人の生き方であると思う。
その人が人生の中でどの様な人に出会い、経験したか。
でも、やはり人には優しくありたいと思う。:)
クリちゃんの様にね。:)

カギコメさんへ

凄く、凄くカギコメさんの気持ち理解できます。
逆に大手で働く方が、会社の体質が保守的で、
土着民的な考えを持っている様な気もします。
私も経験ありますし、やはり大手のメーカで働く友達も
同じ様な事でジレンマを感じています。
特に女性にとって、
その中で生きて行くのはやはり大変ですよね。
今は私は凄くのびのびと働かせて貰っていますが、
以前は隠れキリシタンの様に生きていました。(笑)

時々今の上司が、”日本はこんなに経済大国なのに、
何でこんな保守的な考えに縛られてる!!”と愚痴を
こぼすので、”うんうん分かります”と相槌を打っちゃいます。(苦笑)

素敵な国ですね♪
そんな国に住んでいたら
自然に自分も他の人に優しくなれそう。。

それは自分にとっても素敵な事ですもんね。

今の日本はそういう気持ちが無いような気がします。
淋しいです。

でも小さな事でもいいから、優しい気持ちで
対応出来るようにしたいです。
お互いに気持ちよく過ごせるようになれば
自然に人の気持ちも変わってくるかもしれませんよね♪



ベストな国ですね・・・・
世界がトロントのような国になれば平和だよね。


納税が15%でもいいから医療は無料になることを望むわ。

素敵な国に暮らせた母さんが羨ましいな・・・

最後の言葉いいですね♪

私も カナダには とてもよい印象持ちましたよ~♪
カナダ人と働いた時にも トロントに行った時も
そう思いました! 犯罪率もとても低いですね~
今は 意外にアメリカ人が カナダに住みたがったり
していますね~ 私も旅先などで とてもいい体験
結構多いです♪ 優しさ・・・とても大切にしたいな★
全部戻ってきましたか~すごく嬉しくなりますよね♪

カナだっていいですね~

私の好きなジャズピアニストでカナダ人のオスカー・ピーターソンがいます。
何年か前に亡くなりましたが、凄く日本びいきの方で、彼の右に出るものはいないだろうとまで言われた偉大なピアニストでした。
その繊細でいながらダイナミックなプレイは、きっと生まれ育ったバックボーンが反映されてるものだと思います。
それにしても、日本とは大違いな国民性にショックを受けました。
昭和30年代の日本に、こんな人たちがいたことを思い出しました。
とてもいい話に、ウルルンとしてきました(*ё j ё*)

「トロント」って良い所だったんですねo(^-^)o

私は数日しか行ってないオーストラリアの旅行中に
たどたどしい英語で地図を持って、行きたい先を若い
ビジネスマンの方に尋ねたら・・・

「OK~~!!」と、嫌な顔ひとつせず笑顔でペンで
書いて行き方を教えてくれました。
日本人は言葉が通じないと逃げてしまいがちですが
やはり、お国柄なんでしょうかねぇ?

私も人に優しくしてあげれる人間でありたいと
思います・・・(´∀`*)

きれいで優しいところなのですね~
日本人の恥の文化はいいところもあるけど、
恥ずかしがらずに人に親切にできればもっと
誰もが住みやすい国になるのかもしれないですね。
情けは人の為ならず、の精神ですね^^
ホント、きれいな夕日。

カナダへは行った事がないけど、経済的に豊かでも
豊かでなくても、心は豊かな国ですよね。
ドミニクがカナダ人で、私が住んでる街周辺のカナダ人が
集まる機会が時々あります。
気取らず、穏やかで優しくて、カナダから離れて住んでても
カナダを愛して止まない方々ばかりです。
楽しむ為にお金を費やしたり、服などにお金をかけたりせず
人々だけでなく国自体が、平等で安心して暮らせる為に何が
必要かを知ってる気がします。

ちーこさんへ

日本でも田舎はまだ素朴で
人が温かいですが、私自身、毎日満員電車に揺られて
都内迄通っていると、半端じゃない状況に皆さん
通勤でお疲れの様子。
この国は土地が狭すぎて、人間もお疲れの様ですよね。
この前も松葉づえをついた会社員が乗り込んで来て、
つり革に捕まって立っていましたが、おじさん達は寝た振り
で 誰も席を譲らずです。(苦笑)

もふもふさんへ

でも、15%は確かに高いです。
やはり若者の中には、こんなに税金出して
働かない人達に迄、保険を無料にする事はないと
ぼやいていましたから。
でも、私はそれでも良いと思っています。
日本に帰って来てまず感じた事は、日本の女性は
とってもお洒落だと言う事です。でも今は自分も
その中に染まっていますが。(苦笑)

panther 375さんへ

確かにアメリカと違い、カナダは大統領でなく首相ですし、
違いは結構あります。発音も私はカナダ人の発音は
綺麗だと思います。犯罪もアメリカと比べたら少ないですし、
それに面白い事に公共の場所でお酒を飲んでは行けないんです。
例えば、日本人の様に桜の木の下で花見をしながら、
アルコールは禁止されています。バーベキューをしながらのアルコールも
確か禁止のはずです。銃は禁止ですし。同じ北アメリカでも、
カナダ人の印象は薄いですよね。(苦笑)

dejavuewordsさんへ

カナダ人のジャズピアニストの
オスカーピーターソンは聞いた事があります。:)
国土の広さももちろんそうでしょうが、
やはりずっと移民を受け入れて来たカナダの
国民性かとおもいます。日本人はある意味で単一民族ですから、
やはり背景に他人を受け入れるという事には
慣れていないのでしょうね。
私も良い経験をさせて頂いたと、元の主人には感謝しています。(苦笑)
結婚した事も後悔していないですが、離婚していた事も後悔していないです。:)

とまみささんへ

私はオーストラリアには住んだ事がないのですが、
今の主人が住んだ事がありまして、世界で一番フレンドリーなのは
オーストラリア人だと言っております。:)

とまみささんは十分に優しい人だと思います。:)
私は子供のの頃の日本人は皆優しかった気がします。
心にゆとりが無いのでしょうね。


まゆぺちさんへ

紅葉は素晴らしいです。本当に燃える秋です。
でも、冬は半端じゃなく寒いですよー。
私は一度-35度を経験した事はありますが、
鼻水が凍りました。でも、セントラルヒーティング
ですので、室内では真冬でも短パンとT-シャツです。:)

mogu07 さんへ

その通りです。
カナダ人は冬が寒いため、リタイヤーした
人達は冬は暖かいフロリダで過ごす方が多いです。
本当にカナダ人は皆さん優しい方でした。
カナダに移民した方達も、自国を愛しながら、上手に
カナダに溶け込んでいます。それぞれの街が出来ていますから。
でも、何故か日本人だけは街を作らなかったみたいです。(苦笑)
そして私は若くても、若く無くても
日本の様にブランドバッグを持っている女性に逢った事は
無かったです。(苦笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quantum0208.blog53.fc2.com/tb.php/225-4cda5a0a

Top

HOME

Quantum

Author:Quantum
喧嘩で怪我し、左目に障害を持つエイズキャリアの太っちょと
左目が無い片目のみーそして、雨の中、段ボールに捨てられていた白美のブログです。全員、元野良猫です。
縁あってこの仔達と人間二人が一緒に暮らす事になりました。


yuuyuuy
”太っちょ”♂
2009年の2月3日より、同居。
推定年齢:8歳
FIVキャリア
dfdfdf
”みー"♀
左眼球が無い。
2009年8月より同居
生年月日:2009年5月頃
dfdfdf
"白美"♀
2010年7月より同居
生年月日:2010年5月頃

A90

A90

A90

The Memoirs.


私の回顧録

外国人付き秘書の日記
アメリカ西海岸珍道中
The Memoirs of Snowy



現在の閲覧者数:

futo546 この言葉


presented by 地球の名言




にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へしらすちゃんが、
早くお家へ戻れます様に

一日も早く 迷い猫さん達が お母様の腕に抱かれます様に.
”しらすちゃん” gift ”紀の猫”さん ”ちゃびmama”さん
”ちびちゃん” gift
”里親募集” みんな、温かい家族を待っています。

”島根発 ” 山道に捨てられた衰弱していた2兄妹 今はすくすく元気に育っております。 里親様募集中!!
”島根動物愛護ネットワーク
じゅうちゃん(♀)

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。