スポンサーサイト

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行かなかった道。

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

futo546飼い主の為のドイツ自然療法futo546
動物愛護チャリティーセミナー




”回顧録”

1


たった一本の電話から始まった物語がある。

日本に帰って来て間もなくの事、私は職を探していた。
5社の派遣会社に登録し、1件の面接を終え
自宅に帰って電話を待ち続けていた。
待つ事に苛立ちを覚えたまたま以前に登録していた
派遣会社の名刺が出て来たので、
全く期待などせずに電話を入れてみた。
電話に出た女性は”担当者が不在"との旨を私に伝える。
私は”英語職を探している”事を彼女に伝え電話を切る。

replyなど全く期待していなかった。
その日の夕方電話のベルが鳴る。
期待していなかった派遣会社からだった。
明日の午前中に面接をしたいとの事。
派遣先は大手の電気メーカーである。
私自身、英語を話す自信はあっても
英語を使っての貿易事務の経験は全く無い。
一瞬気持ちが怯む。
しかし、受かるとは思っていない会社の面接は気が楽だ。

面接時間より、40分も早く会社に到着
ロービーで待つ事にした。
出社してくる社員を遠くから眺めながら、
改めて、会社の大きさに"自分もこの人達と働けたら”
と何時しか胸が膨らむ。

現れた部長と課長は本当に品格のある、笑顔の素敵な男性達だった。
20分ほど話をして、派遣の担当の方が
”ちょっと3人で席を外します。”との事。
待つ事5分。”これから夕方までお時間ありますか?”
”業務の引継ぎを始めたいのですが・・・”
”はぁ?”とこんな感じで考える余裕も無く、
私はその会社に採用されていた??

そこで私とペアを組んでコレポンを行う女性と出会う事になる。
そして、この出会いが、私の人生に大きなスパイスを
もたらしてくれる事になる。

彼女はトレーナーとして、私にビジネス英語の書き方、
所謂、コレポンのノウハウを叩き込んでくれた。
海外の高校で日本語を教えていただけあって、
彼女の教え方は理論的で、とても分かりやすかった。

一回りも年下なのに、そんな彼女が、
今では、掛け替えの無い人生の友になっている。

以前、プリンストンで出会った女性が
”貴女の笑顔はマグネットの様に人を引き付けるわ”
と言ってくれた事がある。

もしかしたら・・・人生とは、ネガティブに考えれば、
マイナスの運命が・・
ポジティブに考えれは、
プラスの運命を・・
自らが、引っ張ってくるのではないだろうか?

もしあの時、別の職を選んでいたら・・
全く違う人生があったのかもしれない。

もしあの時、偶然に今の派遣会社の名刺を
手にしていなかったら・・永久に彼女と出会う事は無かった。
今も彼女は海外営業部でばりばり頑張っている。そんな彼女は
今の私には眩し過ぎるが。

今の職を選ぶ時も二つの選択肢があった。外資であまり忙しくない
外国人の秘書か、それとも大手の化学メーカーの海外営業部での受発注か?
結局私は秘書を選んだ。もしあの時受発注の業務を選んでいたら、
どんな今があるのだろう?

私の大好きなロバート・フロストの詩である。
選ばれなかった道。

Two roads diverged in a yellow wood,
And sorry I could not travel both
And be one traveler, long I stood
And looked down one as far as I could
To where it bent in the undergrowth

Two roads diverged in a wood, and I...
I took the one less traveled by
And that has made all the difference.

森の中を歩いていて、
急に道が二手に分かれてしまったら、
どちらの道を選ぶだろう?

ほとんど人が歩いたことのない草に覆われた道だろうか?
それとも、多くの人が既に歩いたはっきりした
(切り開かれた)道だろうか?
両方の道について注意深く考えた後で、
詩の作者は、草の生い茂った道
(あるいは、通った人のより少ない道)を選ぶのである。

そして、この選択が大きな違いをもたらしたと彼は言うのである。
人生における選択である。

人生の中で一体、何度人はこんな場面に出くわすのだろう。
もしかしたら、行かなかった道もまた人生の一部なのだろうか・・


マイナーな私の
もう1つのブログからの転記ですので、
今日のみコメント欄は閉じさせて頂きます。
実はネタ切れなんです。(笑)


”ぽちっ”  としてくれると、おいら嬉しいな? :))
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村

futo1204


 はいはい、寄ってらっしゃい、見てらっしゃい、
そこの、綺麗なお姉さん?12月の予定は決まりましたか?
クレス先生が12月13日(日)に東京で
"German Medical and Seminar Consulting "主催の
チャリティセミナーを開催するど~。もし、クリスマスパーチーの予定が
ないのなら、セミナーに参加しませんか?クレス先生が
とっても分かり易く、おいら達が長生きできるように
日本とドイツの治療法の違いを説明してくれるど~。
早くしね~と、満員になっちまうど~。
ウェブサイトはこちらだど~。
バナーを持ち帰って貼ってくれると嬉しいど~。

futo1153


”歌舞伎町の猫達”
gift


 ”PGキャットマートシェルターの猫たち”
gift


 ”迷子の白い猫しらす”
gift



”アニマルコミニュケーションのサイトです”
gift


スポンサーサイト

« 父たんと一緒。|Top|避妊手術から一夜明けて・・ »

コメント

誰もが意識せずにも
何度も分かれ道を経過して今があるんですよね。
あのときあぁしていたら良かったのかな、と
気持ちが陰に傾くときは考えてしまいがちな私ですが。

読みながらジーンとしてしまいました。
ネタ切れなんてとんでもないです^^

まゆべちさんへ

コメントありがとうございます。
もう1つの私のマイナーなブログからの
抜粋なんです。コメントを頂くなんて申し訳なくて、
でも、本当にありがとうございます。
嬉しかったです。

実はこちらが本来の私なんです。(苦笑)
今までの人生の中で
日本で海外で色々な出会いがありまして
それを綴っているブログなんです。
これもやはり生きた証ですので。:)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quantum0208.blog53.fc2.com/tb.php/221-db3535dd

Top

HOME

Quantum

Author:Quantum
喧嘩で怪我し、左目に障害を持つエイズキャリアの太っちょと
左目が無い片目のみーそして、雨の中、段ボールに捨てられていた白美のブログです。全員、元野良猫です。
縁あってこの仔達と人間二人が一緒に暮らす事になりました。


yuuyuuy
”太っちょ”♂
2009年の2月3日より、同居。
推定年齢:8歳
FIVキャリア
dfdfdf
”みー"♀
左眼球が無い。
2009年8月より同居
生年月日:2009年5月頃
dfdfdf
"白美"♀
2010年7月より同居
生年月日:2010年5月頃

A90

A90

A90

The Memoirs.


私の回顧録

外国人付き秘書の日記
アメリカ西海岸珍道中
The Memoirs of Snowy



現在の閲覧者数:

futo546 この言葉


presented by 地球の名言




にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へしらすちゃんが、
早くお家へ戻れます様に

一日も早く 迷い猫さん達が お母様の腕に抱かれます様に.
”しらすちゃん” gift ”紀の猫”さん ”ちゃびmama”さん
”ちびちゃん” gift
”里親募集” みんな、温かい家族を待っています。

”島根発 ” 山道に捨てられた衰弱していた2兄妹 今はすくすく元気に育っております。 里親様募集中!!
”島根動物愛護ネットワーク
じゅうちゃん(♀)

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。