スポンサーサイト

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”それでも人生にイエスと言う”

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

futo546迷い猫•みんな里親募集中futo546



futo546


  ”それでも人生にイエスと言う” 
icon5

V.E. フランクル。最近読んだ本で感動した本がある。
アウシュビッツの収容所で妻も家族も全て失い、
想像を絶するほどの過酷な状況下で理性を保ち続けた人がいた。
フランクルはその状況を精神科医の視点で綴った本である。

アウシュビッツの収容所で
同じ人間が、拷問や毒ガスで死に至らしめ、
次々に焼却炉に放り込み、灰にして、処分していったのである。
これを日本は今でも平然として動物に行っている。
捨てるのも人間なら、拾うのも人間。 殺すのも人間なら、
救うのも人間。

権力で押さえる側と、
抑圧される側に生まれる人間の心理。
フランクルは語っている。(強制収容所の)すべてのことから、
この地上にはふたつの人間の種族だけが存するのを学ぶのである。

フランクルが強制収容所生活を生き延びることができた理由として
、「人生の問いのコペルニクス的転換」を挙げている

生きることに疲れた人に対して、
フランクルは、ものごとの考え方を180度、コペルニクス的転換をして、
「私は人生にまだなにを期待できるか」を問うのではなく、
「人生は私になにを期待しているのか」を問うべきだという。
「生きる意味があるか」と問うのは、はじめから間違っているという。

日々私も自分に問いかけてきた質問である。
人生に希望はあるのか?

でも、フランクルは
“私達は人生に問われている存在なのであると”記している。
「生きる意味があるか」を問うのではなく、
「人生は自分になにを期待しているのか」を。
私にとって言葉はただの記号ではない、生きる糧でもある。
さあ、明日からまた頑張ろう。:)


”ぽちっ”としてくれると、おいら嬉しいな? :))
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
にほんブログ村
”ぽちっ”としてしてね? :))
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村
此処も”ぽちっ”とね? :))
モバペ|ペット人気ブログランキング
此処もクリックしてくれると、おいら嬉しいな? :))
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村
”こちらはアニマルコミニュケーションのnicoさんのサイトです”gift
futo546
スポンサーサイト

« Exploration|Top|野良猫時代の過酷さ »

コメント

生きている事
それに全ての意味が集約されているのでしょうね。

とても興味深い言葉ですね。
考え方の転換というか。
「人生は自分になにを期待しているのか」
今までそういうふうに考えたことがありませんでした!
何か別の答えが浮かんでくるんではないかと思います!

こんばんは!
この本、私も以前読んで感銘を受けた本です。
極限にありながら生きる希望を失わない著者の姿勢に心を打たれました。
私も“人生にイエス”と言えるようにしなくちゃ。

私はどんなに落ち込んでも……
「いつか、立ち直れる日が来る」

辛い事が続いたら……
「これからは、イイコトがある前兆なんだ」

と、思うように生きています。

決して、自分で人生を終わりになんてする行為は
したくないからです。

おぉ!!!

子供の頃デ○ートにて、
アウシュビッツの収容所の方髪の毛で編んだ(三編み?)の拝見しました。
背筋が凍りつき怖かったの思い出します。(間接的なのに)

ある場所に通うのに道すがら古い有刺鉄線が塀の上に
はりめぐらしているお家をみかけます。
仕方ないので別の道を通りました。
そうしたら真新しい有刺鉄線が張り巡らしてありました。
動物の侵入+人間の進入防ぐ為なのでしょうか?
元気がなくなりそうになります。

わたしというと天使の羽をはやして感謝できる人間になりたいと思ってます。
羽はすぐに外れてしまいます。
まだまだ精進できません。




ナチスドイツに迫害された方々の言葉は、ほんとに
重く、考えさせてくれますよね......
チェコへ旅した時に、彼らの人生や私達に残された
忘れてはいけない歴史を詳しく知る様になりました。
過酷で絶望の中で生きる意味を問うのではなく、人生
が自分に何を求めてるのか、前向きに考えさせてくれる
言葉ですね。

人生に希望はあるのか?

ありますとも。2001年9月11日、私はマドリッドのあるどうしようもない会社で働いていました。2004年3月11日、この日マドリッドで無差別テロが起き、約200人の命が消えました。母はニュースを見て私の携帯に何回も電話したそうです。私は携帯の電源を切って、家で爆睡していました。

あの2つの事件以来、いつも思います。青い空と緑の木々を眺められるという事は何て幸せな得がたいことなんだろうと。普通に呼吸して歩いていると言うことは、奇跡のように有難いという事。

これがあれば"希望"はあります。

babaさんへ

全く猫とは関係ないのに
コメント
ありがとうございます。:)

時として生きる意味を考える
今日この頃でした。
生きている事こそ
宝なのですが。:)

もこりんさんへ

時として、自分の生き方や
感動を誰かとシェアしたくて
こんな文面を載せてみました。
全く猫とは関係ないのに、
コメントをありがとうございました。
”人生が私に出した課題”そう考えると
生きる力が沸いてくる言葉でした。:)

「それでも人生にイエスと言う」・・・
心に染み入るタイトルです(*´-`*)

この世に生を受けたその時から
アタシたちの目標は「生き抜く」こと・・
ただ生き抜くだけでも大きな学びがあります
そしてそこにこそ喜びを見出さねばと思います

Nemo さんへ

コメントありがとうございます。
Nemoさんは確実な目標を持ちずっとその目標
に向い生きていますもの。
私は日本に帰って来た当時はまだ目標を
見失っていませんでしたが、最近は仕事もマンネリ化して
完全に流されています。
時として生きる意味を自分に問いながら••
seize the opportunity and no regrets ですね。:)

とまみささんへ

そうですよね。生きる事、どんな事をしてでも生きる事。
人間はおぎゃーと泣きながら生まれて来るんですもの。
人生は不条理です。
ですので、そんな中で生きる喜びを見いだす事。
最近マンネリ化している仕事に、何故を問う中で
出会った一冊でした。
こんな本との出会いも、きっと意味があるのかと思います。:)
全く猫とは関係ない今日の記載に、コメントをありがとうございます。

よっしーさんへ

猫ちゃん達とは日々信頼関係が
出来上がっているのではないでようか?:)

塀の上に有刺鉄線ですか?鉄の様な冷たい人達が
住んでいるのでしょうね。そんな中で教育された
お子さん達はどんな人間に成長するのでしゅか?
ぞっと致します。アウシュビッツ収容所で行った行為。
ある作家は、その事自体が問題なのではなく、その行為が
同じ人間によって行われた事だと言います。

人間とはなんぞや?を考えてしまいます。

mogu07 さんへ

何時かアウシュビッツ収容所を
訪れてみたいと思っています。
決して人類が忘れては行けない負の遺産。

同じユダヤ人でありながら、ナチスドイツの手下になり、
残酷な行為を行っていた人間もいながら、ナチスドイツの側に
いながら、全財産を投げ売り、ユダヤ人を助けた人もいる。
同じ人間なのですが。

黒目がちな巻き毛 さん

海外で頑張っていらっしゃる人を見ると
本当に頭がさがります。すっかり忘れていましたが
そんな事件がありましたね。
日本はまだまだ経済的にも政治的にも豊かな国です。
海外にいた頃は多民族国家の中で色々な人達に出会い
話し合う期待も多々ありましたが、今はそんな刺激も無く。
仕事にマンネリ化した
、自分を奮い立たせながらも、流されています。
そして意思の弱い自分と。
ですので、”人生が私に問いかけている” の言葉は
本当に新鮮でした。

そしてこうして生きていられる事の喜びを
噛み締めて行かなければいけないと。
ありがとうございます。
こうして全ての出会いに意味があると。:)

slavaさんへ

そうなんですよね。生きている事、
その事自体に大きな意味がある事。
人生は不条理だからこそ、自分の中に
小さな幸せとユーモアを導き出さなければ
行けないんですよね。:)

すごく意味のある言葉

私達が 今 存在しているのは たった 20数分
でしかないそうです(Y150 横浜 開国博 NISSANブースより) 
その人 それぞれの 人生の長さもありますが
問いかけられているという考え・・・ ああ そうか!
と ハッとしますね! ごはんが食べられ 眠る事ができ
排泄 お風呂に入る事ができる これだけでも 自分の力
だけで出来る事は とても意味のある事だと思いますが・・・  
ある意味 こうした事を ふと振り返り こうやって考える事が
出来る時間があり 思いを捲らせる事ができること
にも 自分の 人生においての意味があるような気がします♪
本 読んでみたいです!

panther 375 さんへ

猫とは全く関係ない本日のブログに、
コメントありがとうございます。
そうなんです、人生が自分に何かを問いかけていると、
逆説的に考えてみると、生きて行く事が楽になります。

そして全ての出会いに意味があると考えると
人生が自分に問うている意味を、
素直に受け入れる事が出来る様にもなります。:)
機会があれば是非”夜と霧”もお読みになって下さい。:)

夜と霧

お久しぶりのコメです。
夜と霧を読んだ時の心模様を思い出しました。
エリ・ヴィーゼルの「夜」と共に今も本棚に並んでいます。
「過去から学ぼうとしない者は同じ過ちを繰り返す」
夜と霧、新訳の方は未読なので読んでみたいとおもいます。

まさに

「人生が私に何を期待しているのか」。
まさにそのとおりです。
この2年間、私がことばにしきれずにいたことを
とっくの昔にことばにしてくれていた人がいたなんて、思いもしませんでした。
しかもそれを猫友さんのブログで知るとは…!
いつも「私は」「私が」と、一人称の主語で始めがちな思考に、明快で簡潔なピリオドが打てました。
ありがとうございます^^

追伸;
クレス先生のお薬のおかげで、ゆうたも7kgを超えました(T▽T)
嬉しいやら困惑するやら(笑)

こんばんは

僕達はこの世に生まれた瞬間から、生きる事だけしか考えてないんだ。
僕は野良ではないけど、もしその環境で生まれて来たら、生きる為に食べ物を探して、生きる為に休む場所を探すよ、きっと。
他の事は一切考えない。
だからどんな環境にも、生きようと努力するんだ。

人間はそんな単純には考えられなくて、たくさんの思いを巡らすんだよね。
どんな辛い状況の中でも生き残れる人間は、やっぱりもっと単純にシンプルに考えると思うんだ。

人生が僕に期待してることは、沢山あると思うよ。
その中で、
周りの存在を癒す事。
僕に出来る事を精一杯する事。
後は、僕がこの世に、今、存在するだけで良いって言ってくれる、チョミさんがいるから。

それが僕の生きる意味で、神様が僕に与えてくれた使命だよ。

長々とありがとう。

にゃん太さんへ

お久しぶりです。:)
私はにゃん太さんとメールのやり取りを
していて、何時も思い出していたのが”夜と霧”
の題名でした。きっと既に読まれていると
思っておりました。メールもコメントも頂けると
思っておりました。案の定。:)
最近は本から遠ざかっておりました、
また機会を作りたいと思っております。
お勧めの本をまたメールでお知らせ下さい。
勉強の為に英文で読んで見ようと考えております。
最近は自分を甘やかしておりますので・・(苦笑)

nicoさんへ

コメントありがとうございます。
私も感想は全くnicoさんと同じなんです。
全て、Iを中心に物事を考えておりました。
ある壁にぶつかった時、発想の転換として、
”人生が自分に問いかけている”と感じた時に
気持ちが、凄く前向きになれました。
全ての出会い、出来事が必然的としたら、
”人生は私に何を期待しているのか”
そう思って生きております。;)

良かったです!ゆうた君7kgを超えましたか?
:)太っちょもほぼ8kgですが、
やはり主人が”デブで死ぬのでは?”
と心配しております。(笑)

お互いにFIVキャリア、
体力つけて、長生きさせましょう。
でも、本当に良かったです。:)

クリちゃんへ

クリちゃん、そうなのよね。
動物達には”猫生辛いから自殺”と言う言葉は
”インプット”されていない。
どんなに苦しくても、
辛くても、病気に掛かり痛くても、空腹でも、
猫生必死に生き抜抜かねばならない。
最後の最後まで。どんなに壮絶な死が目の前に
待ち構えていようとも。

特に日本人は”自殺”
は何処かで許されてしまう。
外国人にに自殺が少ないのは
宗教的な事もあるかもしれない。

動物が存在するだけで、
人間を癒してくれる。

にも拘らず、人間のエゴイズムから
多くの野良猫を野良犬達を
この世に送り出してしまった。
その処理は人間がしなきゃね。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quantum0208.blog53.fc2.com/tb.php/203-2ae90ddd

Top

HOME

Quantum

Author:Quantum
喧嘩で怪我し、左目に障害を持つエイズキャリアの太っちょと
左目が無い片目のみーそして、雨の中、段ボールに捨てられていた白美のブログです。全員、元野良猫です。
縁あってこの仔達と人間二人が一緒に暮らす事になりました。


yuuyuuy
”太っちょ”♂
2009年の2月3日より、同居。
推定年齢:8歳
FIVキャリア
dfdfdf
”みー"♀
左眼球が無い。
2009年8月より同居
生年月日:2009年5月頃
dfdfdf
"白美"♀
2010年7月より同居
生年月日:2010年5月頃

A90

A90

A90

The Memoirs.


私の回顧録

外国人付き秘書の日記
アメリカ西海岸珍道中
The Memoirs of Snowy



現在の閲覧者数:

futo546 この言葉


presented by 地球の名言




にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へしらすちゃんが、
早くお家へ戻れます様に

一日も早く 迷い猫さん達が お母様の腕に抱かれます様に.
”しらすちゃん” gift ”紀の猫”さん ”ちゃびmama”さん
”ちびちゃん” gift
”里親募集” みんな、温かい家族を待っています。

”島根発 ” 山道に捨てられた衰弱していた2兄妹 今はすくすく元気に育っております。 里親様募集中!!
”島根動物愛護ネットワーク
じゅうちゃん(♀)

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。