スポンサーサイト

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Snowyと太っちょ

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11


snowy4

昨年の12月後半から
上司が一ヶ月ご家族でニューヨークに滞在する間、
トイプードルのSnowyを預かった。

寂しがり屋で、甘ったれで、トイレに行けば、ドアの前で待っている。
シャワーを浴びれば、やはりドアの前で待っている。
呼べば何処にいても飛んでくる。
ソファーの私の横を”ぽんぽん”と叩いてSnowyと呼べば必ず来て横に座る。
ベッドからSnowyと呼べば必ず来て横に寝る。

それを返す時は辛くて泣いてしまった。
”このまま飛行機が墜落してくれれば”と
さえ考えた。
自宅に戻ったら何時もいたSnowyが其処にはいない。

主人は"悲しむ事ないよ。彼は死んでしまったわけではなく、
幸せに暮らしているんだから。"
と言った。確かにそうである。
でも寂しくて、悲しくて。
それからずっと”里親募集のサイト”で猫を探し続けた。
応募のメールを出す矢先だった。そんな時に実家に帰って
”太っちょに出会ってしまった。”

見た瞬間、あまりの形相に
これは誰も引き取りてはなさそうなので
私が面倒見るしかないかもしれないと・・

主人を拝み倒して、無理やり狭いマンションに連れ帰った。
きっと、”太っちょ”のこの顔をみたら主人は何て言うだろう・・と。

脱走した時に主人が話してくれた事だが、主人は”太っちょ”を見た時に、
死んだ”おばあちゃん”と思ったらしい。何故かと言うと、
彼のおばあちゃんは、目の瞼がやはり病気で捲れ上がっていたらしい・・
だから主人は”太っちょ”を私以上に真剣に探していたのだ。
”太っちょ”という名前も主人が付けた。

futo406

偶然にも”Snowy”と”太っちょ”は真っ白でフサフサだった。
最近はどんぐり眼が
”Snowy”に似ている。

凄く不思議な事だが、”太っちょ”は”Snowy”と同様に、
トイレに行けば、ドアの前で待っている。
シャワーを浴びれば、やはりドアの前で待っている。
呼べば何処にいても飛んでくる。
ソファーの私の横を”ぽんぽん”と叩いて”太っちょ”
と呼べば必ず来て横に座る。

ベッドから”太っちょ”と呼べば必ず来て横に寝る。
まるで犬の様な猫である。私と主人の顔色を
伺いながら両方を気にしている。これも”Snowy”
と似ている。

若しかしたら、私達と”太っちょ”は出会うべくして、出会った
二人と一匹なのかもしれない。

此処をクリックしてくれると、おいら嬉しいな? :))
にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へにほんブログ村
此処もクリックしてくれると、おいら嬉しいな? :))
にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村

”こちらはアニマルコミニュケーションのnicoさんのサイトです”gift

☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★
今日の仲間紹介 かあさん猫とちょびちゃん
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

ukurinpon's room
大きい方が、”ちょびちゃん”で小さい方が”ちょびちゃんのかあちゃん”だ。
でも、かあちゃんはもういない。昨年3月に”虹の橋”を渡った。
ukurinpon's room border=
何時も一緒だ。仲の良い親子だったんだな~。
羨ましいな~。おいらの母ちゃんは何処かで生きてるかな?
母ちゃん!
毎日の楽しい情報は”ukurinpon's room”
のブログで。

☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★
スポンサーサイト

« タンクトップ|Top|”過去と現在” »

コメント

太っちょ君良かったね。
赤い糸で繋がった人に
誘拐されて(⌒△⌒・。)

飼い猫は捨てられても人から
ご飯をもらえるものと思ってますから
ずっとずっと待ち続けますよね。
そんな姿を見たら心が痛くて
たまりませんね。

太っちょはラッキーにゃんだー

太っちょくんの赤い糸はママさんだけでなく
パパさんともちゃんと繋がっていたのですね(^^)

本当にご縁って不思議ですね。

それにしても太っちょくんっ
どんどんいい男にっ(^^)/

お婆ちゃんに…そんなご縁だったのですね。
今日の写真、なんて愛らしい!見るたびに表情豊かで可愛くなっていくね。
何だか犬っぽくも見えるような気が~
愛情を知った子はどんどん輝いていくですね。
お二人の事を気遣うなんて健気でステキ!

ちびまるさん

やはり、捨てられても人からご飯貰えると
思っているのですね。
益々遣り切れない思いです。

何しろ、太っちょは大きな体を小さく丸めて、
上目遣いに人を見ていました。
本当に申し訳なさそうに。
見ていて遣り切れなかったですね。

はんなりさんへ

やはり動物とも縁はあるのでしょうね。
脱走以来、日に日に顔が変わって行くので
飼い主としては驚いています。(苦笑)

あの強烈な猪八戒の顔が見られず、ちょっぴり
寂しい気も致しますが。最近寝ている事があまり無く
結構ばたばたと一人で動き回っていますので。(笑)

Pさま

確かにどんどん顔が変わってきます。
脱走前までは、猪八戒のお顔だったのですが・・

今まで辛い思いをした分、
彼には幸せになって
欲しいと思います。
最近しっかり自己主張もしますし、
我儘も言いますし
猫らしくて良い事だと思っております。:)

もし太っちょくんの脱走劇がなかったら、旦那さんがそんな風に思ってることもずいぶん後まで知らなかったかもですね。
瞼のめくれ上がった猫を連れてきて申し訳ない、なんていう母さんの余計な引け目がずっと続いたとしたら、太っちょくんとしても居場所を作りづらかったと思います。
そんなこと、少しも思う必要なかったのにね♪

「縁」を感じるお話ですね~。
だんな様ともちゃんと繋がっていて、読んでいてジ~ンと来ました。
太っちょ君は、きっと猫の神様に導かれて、母さんご夫妻のもとに暮らしているんですね^^
幸せだね、太っちょ君♪

きゅんと

e-251死んだ”おばあちゃん”って旦那様の言葉に胸が熱くなりました。
やさしいはいいですねぇe-53
お顔がだんだん男前になるのが楽しみです。
ドイツのお薬も効を。愛情もたっぷり。

ほんとご縁は不思議ですね。
神様からの贈り物。
動物は人間を癒す為にきてくれるとお話お聞きした事があります。
かわいいは笑顔が増えます。


縁・・・

 ご縁ってあるんですよね・・。やっぱり見えないところで運命って決まっているのかも。
 ご主人・・・本当に心根の優しい方です。あったかいパートナーに巡り合えて・・母さん、ホントに良かったですね!!!ご主人との出会いも縁・・運命なんですね
 ワンちゃん・・・可愛い!!!母さんのボス、愛犬を母さんに託して長期出張だなんて・・母さん、本当に信頼されているんですね!日頃の仕事ぶりをちゃんと評価して、母さんの人となりを理解なさっているのだと思います。きちんとわかってくださる上司の元でのお仕事・・これも縁なのですね
 しかも、母さんは仕事とかボスの預かり犬というよりも本当の家族としてワンちゃんと過ごして・・だからお別れが辛かったのですね  うんうん!母さんの人柄がよくわかります!!そんな母さんだからご主人みたいにあったかい気持ちの男性の目にとまったのネ(^_-)-☆
 太っちょくん、益々ゴージャスボーイで・・ワンコ化していますね 脱走事件以来、やっと太っちょくんも母さんと父さんとの絆に気づいて安心しきったのだと思う。日々、どんどん可愛らしくなってゆくもん!
 それに・・今日の写真なんて、瞳がクリクリしていて瞼の傷も言わなければわからないくらいです。すごいです!!

じゅんこさんへ

その通りなんです。私は色々な猫を見て来たので、
全く気にならないのですが、主人は人生の中で
”ウサギ”しか飼った事なくて、凄く不安だったのです。(苦笑)
でも、あの事件で口論になり、主人がボソッ”と言った言葉でした。
彼としては、太っちょが老衰で死んだ時に私に話そうと思ったらしいです。

きっと太っちょも目の怪我の事は負い目を感じていたと思います。
何時も自信なさそうに、大きな体を丸めて、
上目遣いで私達を見ていましたから。

最近は”白ライオンみたいでハンサムね”と
言っています。:)人間と同じで、
本人、自信が湧いてきたのでしょうね。本当に
ハンサムになりました。:)

反省しています。

みいさんへ

ありがとうございます。
みんな、みんなきっと、
赤い糸で結ばれているんでしょうね。
逢うべくしてあった、私達とと太っちょ。
今まで彼が苦労した分、”幸せにしてあげなきゃ”
と思っています。:)

よっしーさんへ

何時もコメントありがとうございます。
ところで、よっしーさんのブログのURLは?
私もご訪問させて頂きます。

太っちょの脱走事件が無ければ、
私は彼のおばあちゃん
の事は知らなかったと思います。
男性は何故か照れ屋さんです。(苦笑)

太っちょと主人は不思議な関係で、
夜型の主人は1時30分ころベッドい入るのですが、
太っちょも起きていて、
寝る前におやつを貰ってから、
一緒にベッドに入ってきます。(笑)

たかこさんへ

私も最初は上司に”犬”の件で相談を受けまして、
”誰か預かってくれないだろか?”

そりゃ~友達に言えば預かって貰えますが、
”20万”もした高い犬なので、
もし何かあったらと思い。
私が預かっちゃいました。

でも最初は義務で引き受けましたが、
それが、可愛いの可愛くないのって。
毎日帰るのが楽しみで、
主人も真っ先に帰って参りまして。
おかげで会話も倍い増えまして。
お正月は実家へも帰らす、
二人と1匹で過ごしまして。最高のお正月でした。(笑)
ですから、返した時は毎日泣いていました。(笑)

そんな時に癒しに現れてくれたのが、
太っちょでした。:)
これも本当に縁かと思います。

でも、本当にワンコ化しています。
呼ぶと、”ごろにゃん”と泣いて
目をまん丸にして、すっ飛んできます。(笑)

貧乏でも、”動物がいてくれたらそれで幸せ”
本当にそう思いました。

貧乏でも、”動物がいてくれたらそれで幸せ”
はい、私も思います。
縁があってやってきた「ゆう」と「にゃん太」です。
2匹が幸せなのが一番です。

太っちょ君、最近、ハンサムに磨きがかかってないですか? 確かに、顔が変わりましたよね♪

偶然ではない不思議な縁ですね。
太っちょ君がお家に来る前の色々な
出来事が複雑に絡み合って、
そして太っちょ君に出会えたんだと思います。

今日の太っちょ君、また更に若くなってますね(^^)

偶然の出会いなどこの世にはないそうです・・
だから
Quantumさんにとって太っちょ君とのそれは
必要だったんだと思うな(*^-^*)
今日もこころが洗われるような気分になれました
ありがとう・・・v-238

うわ~ん!!コメントしてたら突然消えて
長く書いてたのが全部消えてしまった・・・(T_T)

それにしても、Snowyめちゃ可愛い!!
少しでも気持ちを込めて一緒に暮らした大事な
人や動物は、離れてしまうと、とても悲しいですよね。

でも、自分の愛情を、嘘偽りなく注いだ大切な
相手への愛は、決して、そこで終わりではないですよね(^^)

大切な家族と出会えるきっかけって、みんな其々
の想いがあって、其々の形があると思うけど、
太っちょくんが、お母さんと出会ったこと・・・
お母さん、あなただったから、そして、
ご主人だったからこそなんですよ。
(これは言い切っちゃう(笑))

じゃなければ、彼が今、幸せなんだと私達に
語りかけてる顔は見られないと思う。

いつも私は救いたい命達に、迷っている。

選ぶという行為、ただそれだけで罪悪感に
襲われて、立ちすくむ人もいると思う。

何とか救いたいと、家族にしたい、いろんな
気持ちが十人十色にあると思う・・・
でも、それが本当に、覚悟して出会った家族なんだと思う。

動物と一緒に暮らすという覚悟、自分達と何変わらない
小さな命と暮らすという責任、そう思う人がいて

太っちょくんのように、時に彼の為に、泣いて
迷い、一緒に喜びを感じられる小さな命と、それを
守ってくれる家族がいてくれる。

そう彼の為に出来るのは、お母さん、ご主人だけなんですよ。

それが出会いなんですよね。きっと・・・。

わぁ~いい話だな~と思いました。
おばあちゃんとsnowyちゃんが結んでくれたご縁だったのでしょうね。

太っちょ君、怪我してから、なんか疎まれているって感じながら、お外で生きてきたのかもしれませんね。
愛されることでお顔も変わってくるんですね!
まぶたもチャーミングだよ。天使のようです。

nanamiさんへ

本当に縁があって凄い確立で巡り合ったんですもの、
そう考えると、色々な事が違った意味で見えて来ます。(笑)

脱走以来、明らかに太っちょの顔は変わりました。
どちらの太っちょも好きですが、
今の顔は自信に満ちあふれています。:)

ちーこさんへ

今朝明け方3時半頃、久しぶりに太っちょと
マンションの狭い庭を散歩しました
誰もいない、まだ夜が明ける前の庭は昼間とは
全く違った不思議な時が流れていました。

何となく、この時間が好きな猫の気持ちが分かります。
やはり4時頃ベランダにリードを付けて出しておいたら、
また、リードと重しを付けたまま、フェンスを超えました。
その下で身動きが取れずに、へたっておりましたが••(笑)

ゆりさんへ

折角、長い良い文章書いたのに、送信しようとボタンを
押した瞬間に消えてしまった。そんな経験私も多々あります。
で、その様なニュアンスの文章って二度と書けないんですよ。(笑)

それにも負けず、書いて下さったありがとうございます。:)
もしかしたら、偶然かもしれないと思っていた出会いは、
全て必然かもしれないんですよね。
出会いには、全て理由があるといいますもの。

出会いって良い出会いだけじゃない。
最低な上司に出会ったり、最低な友達に出会ったり、
ある人は自分の前から去って行ってしまったり、
亡くなってしまったり。
全て意味があるとしたら、
人生が、”そこから何かを学びなさいと”
と言う事なのかもしれないですね。

私も若い頃は沢山の人を傷つけてきました。
でも、その見返りも人生がちゃんと私に返してくれています。(笑)
自分が行った良い事も、悪い事も必ず人生が返してくれる様な気がします。(苦笑)

と話はそれてしまいましたがやはり太っちょとは出会うべきして
出会った私達の人生なのかもしれないです。
母と太っちょが現れる数日前に、
”最近は野良猫がご飯を食べに現れないわね。”
と••その数日後に太っちょが現れましたから、••

きなこさん

ありがとうございます。
私きっと、皆さんが”太っちょ”の目の瞼の捲れ上がった部分迄
全てを”可愛らしくて、愛くるしい”とコメントして下さるのが
彼には伝わっている様な気がします。

だからこそ、皆さんに愛されている自信が今の
太っちょの瞳を作っている様な気がします。

私が太っちょと出会った様に、太っちょは皆さんと出会って、
こんなに彼自身に自信が持てたんだと思います。
そう思うと、やはり人は生かされているんですね。:)

Slavaさんへ

偶然かと思っている出会いは、
全て必然的なのかもしれないですね。
全て意味があるとしたら、全ての出会いに感謝できるのかも
しれないですね。でも、そう考える事で結構生きる事が
楽になる事もあります。
こちらこそありがとうございます。:)

動物同士の引き継ぎ事項

母さんが上司の飛行機事故を願うほど別れを惜しんだsnowyちゃん、snowyちゃんも母さんと離れるのは寂しかったんですね。猫や犬は人間にはわからない引き継ぎがきっとあって、先代の特等席を後に来たわんこが寝ていたり、同時性みたいな物がありますよね。
snowyちゃんは母さんが寂しくならないように太っちょに引き継いだのでは?
「お風呂やトイレは付いててあげてね!」
「呼んだら横に座るのよ!」
とかきっと引き継ぎがあったのですよ(笑)
だんなさんの言葉、母さんうれしかったですね。
私も読み返すたびに目がウルウルです。
母さんの引け目はとってもよくわかります。
だから殊更読んでいて私までうれしかったです。
ぱっちりお目々のかわいい奴になったのは、きっと褒めて育てている成果ですね♪自身に満ちて、王子の風格です。

ayyanへ

ayyanへ

そうなのね~。Snowyが太っちょに引き継いだ。
何か凄く納得してしまいました。:)
本当に私達の子供同然でした。本来は義理で預かったのですが••(笑)
そんなSnowyも7月24日に日本を離れて、外国犬になります。(笑)
火曜日に奥様と一緒に羽田の動物検疫所で海外輸出の最終審査です。:)

本当は太っちょの事引け目に感じちゃいけないんだけれど••
私の中には全く無かったけれど••

良く男の人って、自分の子供でも、もし何か問題があった場合は
認める事が出来ない人がいるじゃないですか?
だから、主人も敬遠するかしら?と思っていました。
取り越し苦労でした。(苦笑)

最近、我が儘です。(笑)

実は最初に太っちょ君のブログを見たとき
お目目にビックリしました。
でも、どんどん素敵な猫さんになって、
今ではすっかりゴージャスな白猫さんです。
動物を飼うのって、やはりいろいろなご縁があります。
私も先代犬が旅立って、辛くて寂しくて…
それを癒してくれたのが、クボ太です。
やはり私にはふわふわ(ぽにょぽにょ)が
必要なようです。
うちも最近は先代犬入ってる?って感じです。
呼べば来るし、おねだりはするし。
犬と猫なのにこんなに似てるなんて…
Snowyちゃんと太っちょ君みたいに、
本当に不思議です。

なごやんさんへ

なごやんさんの気持ちが、凄く、凄くわかりました。
私はたった一ヶ月なのに、
もう1日でメロメロになってしまい、
ましてや、長年生活を共にした家族なら、
さぞ、お辛かったと思います。

経験してみないと分からない事は多々ありますね。
やはり、先代が手渡してくれた、
バトンなのかもしれないですね。
私も最近のくぼにゃんを見ていて、凄く良いお顔しているし、
凄く嬉しそうに芋虫キッカーの取り組みを見ていて、
”愛されて幸せなんだ。”と感じていました。
太っちょも本当に最初は目の傷が痛々しくて。
でも、目の瞼が捲れ上がっている事は、
最初と全く変わっていないんです。
でも、目立たなくなっているのは確かです。
不思議です。:)
それは凄く不思議です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quantum0208.blog53.fc2.com/tb.php/135-069db59e

Top

HOME

Quantum

Author:Quantum
喧嘩で怪我し、左目に障害を持つエイズキャリアの太っちょと
左目が無い片目のみーそして、雨の中、段ボールに捨てられていた白美のブログです。全員、元野良猫です。
縁あってこの仔達と人間二人が一緒に暮らす事になりました。


yuuyuuy
”太っちょ”♂
2009年の2月3日より、同居。
推定年齢:8歳
FIVキャリア
dfdfdf
”みー"♀
左眼球が無い。
2009年8月より同居
生年月日:2009年5月頃
dfdfdf
"白美"♀
2010年7月より同居
生年月日:2010年5月頃

A90

A90

A90

The Memoirs.


私の回顧録

外国人付き秘書の日記
アメリカ西海岸珍道中
The Memoirs of Snowy



現在の閲覧者数:

futo546 この言葉


presented by 地球の名言




にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へしらすちゃんが、
早くお家へ戻れます様に

一日も早く 迷い猫さん達が お母様の腕に抱かれます様に.
”しらすちゃん” gift ”紀の猫”さん ”ちゃびmama”さん
”ちびちゃん” gift
”里親募集” みんな、温かい家族を待っています。

”島根発 ” 山道に捨てられた衰弱していた2兄妹 今はすくすく元気に育っております。 里親様募集中!!
”島根動物愛護ネットワーク
じゅうちゃん(♀)

このブログをリンクに追加する

ペット (3)
元野良猫 (291)
ニャンコタワー (3)
里親募集 (9)
太っちょの脱走 (3)
太っちょ発見 (1)
死 (2)
太っちょと再開 (1)
奇跡 (1)
迷子犬 (1)
置き去り猫 (1)
出会い (1)
命の重さ (3)
日本とドイツ (1)
動物虐待 (1)
キャットタワー (2)
飼い主の為のドイツ自然療法 (1)
回顧録 (12)
人生 (1)
生きると言う事 (10)
神との契約 (1)
詐欺 (1)
別れ (1)
ちび太 (4)
安楽死 (1)
The role of the secretary (1)
この季節に思う事 (62)
Reminiscences (11)
"The Legacy" (1)
悪女 (1)
虐待死 (1)
コミニュケーション (1)
Sicko (1)
毛繕い (2)
郷愁 (3)
プリンストン (2)
Superstition (1)
来た道 行く道 (1)
桜の木の下で (2)
桜の木の下で再び (1)
英語で英語を学ぶ (1)
主人の事 (1)
輪廻転生 (1)
猫白血病の陰転化 (1)
人の痛み (1)
The Ten Commandments of Dog Ownership (2)
The Ten Commandments of Cat (1)
回顧録•プリンストン (2)
回顧録•トロント (2)
太っちょの脱走から一年 (1)
太っちょとみー (19)
男脳と女脳 (1)
Adoption (1)
猫 (8)
エイズキャリア (1)
我が家に太っちょがやって来た (2)
太っちょ (39)
日本人 (1)
健康診断 (2)
みー (40)
野良猫 (4)
新参者 (10)
白美 (47)
太っちょとみーとそして、白美ちゃん (2)
太っちょとみー、そして白美ちゃん (78)
迷い猫 (3)
主人の母の事 (1)
野良猫修行 (1)
白美ちゃんとみー (16)
太っちょと白美ちゃん (10)
頑張れ日本 (1)
ドリームライナー787 (3)
虹の橋 (2)
蓄膿 (1)
父の事 (2)
新米ちゃん (3)
ガッチャン (23)
パワーヨガ (1)
ガチャコとクマオ君 (2)
イタリア旅行記 (17)
トールペイント (1)
シンガポール (1)
ガチャコとクマオ (1)
シアトル (6)
エバレット工場 (1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。