スポンサーサイト

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう1つの出逢い。

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11


futo323
最近は”でかい白ねずみ”みたいな太っちょ。
futo357
太っちょが脱走して、手元に戻ってから1ヶ月が過ぎました。
”人間二人と太っちょ”にとっては凄く意味のある脱走事件でした。
其処には本当に色々な方との出逢いがありました。
そして、その中にドイツに在住の、スタッフが15人もいる
大きな病院の、日本人の獣医さんも
いらっしゃいました。本当に不思議な出逢いでした。
futo354
私は元主人の関係でドイツに住んだ事もあり、彼女には
凄い郷愁と同じ匂いを感じました。
太っちょの事を心配して下さり、
今ではお付き合いさせて頂いておりますが、
太っちょが発見された週末に、偶然にも日本に学会でいらしていて
わざわざ太っちょに逢いに我が家まで来て下さいました。

それも沢山のお薬持参で。その中には免疫を向上させる
薬もありました。(ドイツホメオパシーのお薬で、
たくさんの種類の野生の花の花粉
(ミツバチが色々な花の花粉を集めて花粉団子として足の先につけていますよね?あれです。)
をもとにして作られています。太陽を一杯浴びて育った花たちのエッセンスといえるものですから、
体にいいはずですよね! )
それと太っちょはこの写真に映っている、
ドイツにしかない”Whiskas"が大好きでした。

私達以外、人間大嫌いの太っちょは、カリカリに釣られたのか?(笑)
彼女に抱かれて写真を撮らせました。これは信じられない事です。

彼女は20年間ドイツの大きな病院で獣医さんをされて、
其処では自然療法を取り入れているそうです。

免疫向上させる薬は
カプセルに入っている為、中の粉をお皿に開けて、水で溶いて一気に
太っちょの口の中に注入します。(苦笑)

それを続けて一ヶ月、目の周りと横の部分に細かい毛が沢山生えて来ました。
そして太っちょの毛は、背中が針金の様に長いゴワゴワな毛質でした。
それが短いモフモフの毛質に変わりました。何よりも驚いているのが、
脱走前は一切じゃれなかった”太っちょ”が何にでもジャレル様になりました。
何しろ良く食べて、良く一人で部屋の中で”ひとり運動会”をしております。
昼も夜もお構い無しに。モーダッシュで寝ている私の上に飛び乗ります。(笑)

それまでは、良く下痢したり、ハアハア辛そうにしていたり
,少し歩くと直ぐに寝そべっていました。本当にへたれ猫でした。
頻繁にお医者さん通いでした。でも、健康診断も全く問題なし。


そして太っちょにとって、最初の私は、”館林の自由な田舎から、おいらを誘拐して
狭いマンションに連れてきた、おばちゃん!”
でした。それが、脱走事件以来、
”おいらを助けてくれたおばちゃん”に変わったようです。

”人間と猫の不思議な絆の様なものが出来上がった”と、
私は勝手に解釈しております。(苦笑)

ここに来るまでに6ヶ月の月日を費やしています。
野良猫を、それも成猫を、完全家猫にする迄・・
途中の2ヶ月は”太っちょ”との根競べでした。

それが時と共に、お互いが歩み寄って、今の絆が出来上がっています。
人間も我慢していますが、猫はそれ以上に我慢して、ストレス溜めながら
精一杯修行しているのだと・・

結婚生活も、仕事も、勉強もすべてがそうですが、
放棄したらそこで全てが止まってしまいます。

一度は私は太っちょを元の館林に返そうと思いました。
お互いの為にマイナスであると・・

でも、何時か、”はんなりさん”がおっしゃっていた様に、
”野良猫で幸せそうな野良猫を、私は一匹も見た事が無い”
それは太っちょを捜し歩いて、私が出会った野良猫達の表情です。
切なそうに、ずっと私の目を逃げる事無く、でも捕まる事無く、見つめていたその目は
やはり今でも忘れる事はできません。

☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★


此処をクリックしてくれると、おいら嬉しいな? :))
にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へにほんブログ村
此処もクリックしてくれると、おいら嬉しいな? :))
にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村

”こちらはアニマルコミニュケーションのnicoさんのサイトです”gift

☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★
今日の仲間紹介
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★


はんぺん君です

おいらの友達紹介。今日は”はんぺん君”だど~

日常生活は
”はんぺんダイアリー”
で~


はんぺん君はおいらと違って目力がすげ~。
特に獲物を”狙う目”はおいらから見てもシャープでカッコイイど~。

☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★
スポンサーサイト

« 太っちょの帰還パーチー|Top|動物の顔も作られていくもの。 »

コメント

太っちょくんが生き生きしてきたのは、体力がついてきたからなのもあるのですね。
いろいろな事があっていろいろな出会いをもたらされたのは
太っちょの母さんが何よりも出会いを大事にする方だからこそだと思います。
母ちゃんファンとしてそう思います。
素敵な母ちゃんをもって幸せだね太っちょにゃん!

昨日の記事を読んで、太っちょくんの表情が
優しくなってるようで、あー太っちょくん
幸せに暮らしてるんだなって改めて感じました。
太っちょくんのお母さんが仰ってように私も
その人の経験や人柄は顔に出ると思うので
動物だってそうなんだと思います。
思わず自分も鏡を見てしまいました(笑)

ドイツにお住いになられてる方との出会い
素敵です。
太っちょくんのお母さんの人柄が、優しく思いやりの
ある方だからこそ、そういう出会いがあったんだと
思います。類は類を呼ぶっていうじゃないですか?(^^)
そういう出会いに感謝され、大切にされてるお母さんと
太っちょくんに私も出会えて嬉しいと思ってます。
はんなりさんの言葉、私も共感です。
猫は優しい家族と一緒に暮らすのが本来の姿だと
私も思います。
外で暮らしてた子と家で暮らすのは、すごくお互い
大変で、確かに迷いや不安もあったと思います。
でも、今太っちょくんのお母さんや太っちょくんが
感じてる毎日を考えれば、決してそれは間違いでは
なかったと思えるはずです。
沢山の想いで太っちょくんを守り、家族としてむかえたお母さんのこと、言葉にするのは難しいけど私、
尊敬に近い想いでいます。

素敵な出会いですね。

免疫向上させるお薬が太っちょ君の体質に合っているようですね。
きっと身体の中から楽になってきて
気分もよくなりじゃれたりするように
なってきたのかも。。。。

下痢もしなくなって丈夫になってきて。

どんどん健康になって幸せになってね。太っちょ君♪

素敵な・・・。

 素敵な人には素敵なご縁が繋がるのもなのですね
 ドイツ在住の方とのご縁・・・素敵です!!!
 母さんの想いがちゃんと伝わって、ご縁になったのだと思います。
 母さんは、太っちょくんの脱走の時・・本当に辛い、苦しい思いを沢山して、眠れぬ夜を過ごしたけれど・・太っちょくんにとっても衝撃的な出来事だったのでしょうね ちょっとの好奇心で外へ出てしまって・・怖くて淋しくて・・・事故などに遭わずに無事でホントに良かった・・・。
 6ヶ月・・・母さん よく頑張り通せましたネ 太っちょくんも頑張った!!母さんと父さんが正面から向き合って、愛情をかけたから、だから太っちょくんに伝わったのだと思います!!想いは・・願いは・・通じるものなのですね
 はんなりさんの言葉・・・胸に沁みます。外で自由に暮らしていたほうがシアワセなはずは無いです。野良猫ちゃん達は・・いつも何かに脅え、お腹を空かし、身構えていますもの。切ない光を瞳に灯して・・・。
 免疫力向上のお薬が効いて・・本来、太っちょくんの体が持っているチカラが生き生きとみなぎってきたのですね
 太っちょくん、これからもっともっと元気で優しい時間を過ごせますね!!
 とても素敵な出会いと・・太っちょくんと母さんの奮闘の日々に感動しました・・。

ayyanへ

私は最初ブログを開設してずっとFIVキャリアの猫ちゃんの飼い主さんを探しておりました。
で、偶然にじゅんこさんと知り合い、ayyanがFIVキャリアの猫の飼い主さんである事がわかり、
そんな中でFIVキャリアが家猫としてストレス溜めずに育てれば、猫生を全うできる事も知り
、凄く励みになりました。FIVキャリア持ちの飼い主、お互いに情報交換していきましょうね、ayyan:)

Hi Mitsu!

ステキに書いていただいて光栄です!
こちらはいま午前10時すぎ、手術が終わって診療時間までの一休みです。
あの免疫力向上の薬は、漢方というよりはドイツホメオパシーのお薬で、たくさんの種類の野生の花の花粉(ミツバチが色々な花の花粉を集めて花粉団子として足の先につけていますよね?あれです。)をもとにして作られています。太陽を一杯浴びて育った花たちのエッセンスといえるものですから、体にいいはずですよね!
こちらにはFIVポジティヴのネコちゃんたちがかかりやすい、口内炎、歯肉炎、慢性鼻炎、腎不全などにとてもよく効く自然療法の薬がたくさんありますから、次回の8月末の来日の時に、また持っていきましょうか?
もちろん、太っちょの大好きなあのカリカリもね!:))

ゆりさんへ

何時も温かい言葉をありがとうございます。
温かい言葉は、
人の心を癒してくれます。:)

”野良猫を完全室内飼いで飼う”飼い主の心構え
を今回の事件では体で体得致しました。(笑)
こうして体で体得しないと分からない事が人生には
多々ありますね。

仕事でもそうです。とんでもないミスをして、
口から心臓が飛び出る思いをして、二度と同じミス
をしなくなります。経験からです。(笑)

私は何匹も猫を保護してあげる事ができないので、せめて初めての方で、これから”保護主さんとして名乗りを挙げよう”と思っている方がいらっしゃるのであれば、せめてその方達に少しでもこのブログが力になってあげられれば、この太っちょブログを立ち上げた意味があるのかと?まだ暗中模索の中です。(苦笑)

確かに太っちょは無表情で、
全く活気のない猫でした。この可愛い、猫生を自分から
楽しんでいる表情を見るまで、6ヶ月の掛かりましたから。

”1つの山を越えたら、また違う明日が見えますよ”
と今は言えます。:)

そうですね

元野良ちゃんの太っちょ君に、自由ながらも過酷な時代と安心して過ごせるこれからと、ニャン生二度オイシイとこ取りして貰いましょうね!
モッセを我が家へ迎えた時、その人慣れした様子に、ドクターが「極稀に病気になって棄てる飼い主がいるんです」と言いました。モッセの場合愛想よいから(スーツの男性と傘は嫌い)半野良で老齢迄居られたのでしょうが、最初の言葉はズシリと来ました。前に「ずさんな管理の猫屋敷」の猫をレスキューして飼い主(?)を教育して行くボランティアさんの話を読みました。飼育する事は自分も育たないといけないな、と思いました。夏本番を迎えます。元気でいてもらうために備えて行きましょうねー!

ご縁って色々な所で繋がっているんですね~。太っちょ君、昔は色々あったでしょうが、今は本当に幸せな猫さんですね。

ウィスカスのビスケット、日本に無いのですか~。ここスペインでは売られていますよ(お写真のは何味かがわからないですが)。うちの猫さんもたまに食べますよ。

太っちょ君、ドイツの獣医さんにダッコしてもらった
って、よほど優しい獣医さんなんでしょうね。
太っちょ君がヘタレ猫だったなんて。
それでおもちゃも興味がなかったのかもしれませんね。
でも、家猫になって少しづつ、精神的にも安定して
更にドイツのお薬でパワ~アップしてきてよかったです。

私も野良ちゃんの方が、自由気ままでよかったかな?
と、思った事も何度もあります。
よく聞く幸せな家猫になりました。という言葉も
最初のうちは果して、幸せなのか?と、思いました。
でも、やっと今はんなりさんの言葉で、気付きました。
そして、↓の、太っちょ君のお顔の変わりようを見て
うちも見てみたのですが
確かに硬い表情をしていて、今と全然違います。
太っちょ君これからもっともっとパワ~アップして
大好きなおうちで元気に暮らしてね。

ちーこさんへ

皆、元野良猫達がこうして人間に拾われて、幸せになっているブログ
を見て、新たに野良猫ちゃん達の飼い主さんに、
なろうとしている方の参考になれば本当に良いですよね。
ここあにゃんも本当に幸せそうですもの。
でも、結果的には私達、人間が癒されているのですよね。(苦笑)

不思議な縁が繋がりあって
今があるんですね。
本当に不思議なことです。
お薬と云っても、天然由来なら安心ですね♪
着実に効果もあるようだし
今の太っちょ君が幸せそうで、
更に太っちょ君の母さんも幸せそうで、本当に何よりです。
野良の最初は本当に根競べですよね。
我が家でも24時間鳴かれ、ケージで暴れられ
キャリーを壊され・・・
そんな苦労も今が幸せだから良いのです。
太っちょ君と一緒に
毎日を楽しく謳歌してくださいね♪

たかこさんへ

やっと週末です。:) お疲れ様でした。
太っちょの脱走のおかげでこうしてたかこさんとも
お知り合いになれたではないですか?:)
地道にボランティア活動をされているんですもの。頭が下がります。
でも、人の縁とは不思議なもので。でも、本当に辛かった太っちょの脱走で、ネットを通して色々な方に励まして頂いて、辛さを乗り越えてこられました。たかこさんは週末探すのをお手伝いしますと、携帯電話の番号迄コメントに書き込んで頂きまして。本当に感謝しております。でも、本当に本当に悩みました。太っちょは野良猫の方が自由で幸せなんじゃないかと••まだこれが実家の館林の家猫になるなら、全く状況が違ったと思います。人間も田舎で自然の中でのびのびと過ごした人が、都会の車とコンクリートお多いしかも狭い部屋で生きていくのは辛いものがありますもの。でも、野良猫の生活は悲惨ですよ。私も本当に今回の事では色々な事を学びました。

Guten Morgen!

手術お疲れ様です。そしてコメントありがとうございます。
日本は梅雨本番です。そして不快感100セントです。:((

ドイツは一番素敵な時期でしょうね。懐かしいです。
お薬はこれからは購入致しますので、日本にお帰りの時に
お持ち頂けると、凄く嬉しいです。太っちょは本当に体力がつきました。
信じられない程元気で駆け回っています。

どうぞよい週末をお過ごし
下さい。:))

やはり、全てのことには意味と理由があるのですね~。
このお話を読んで、強く感じました。
太っちょ君の脱走劇は、このドイツの獣医さんと出会うためでもあったんですね。
出会ったことから、太っちょ君にとって必要だったものが届けられ、心も身体も元気になったんですものね(^^)

野良猫、特に成猫は、心を開いてくれるまでにかなりの時間がかかりますよね。
その子の性格や、育った境遇によっても違うとは思いますが、一緒に幸せになろうねと気長に見守っていく気持ちが大事なんですよね~。
きっとそんな気持ちが、太っちょ君に伝わって、今はすっかり安心できるおうちになったのだと思います(^v^)

元気になって良かったです!

いいものを体に入れると本当に変わるんですねぇ。
よくご飯をあげれば毛ヅヤが良くなって、活発で元気に動き回るって書いてあるのを見ますが、本当なんですねぇ。
信じてなるべくちゃんとしたご飯をあげてましたけど、元が元気者だもんで確信がなかったんですが、太っちょ君のおかげで確信が持てました!
花粉ってビーポーレンかしら?
そんな良いお医者様ならお話してみたいです。
でも、あんまり元気になると写真撮るのが大変になっちゃいますよ~(笑)

きっとお家を離れて、失うことで良さが分かったんですね。
人間も旅行から帰ってきて「やっぱりウチはいいなぁ」って思いますもんねぇ。
これから太っちょ君は、甘えん坊さんになるかもしれないですね。

こんにちは

良いものをあげると体調だけでなくて、精神的にも安定するんですね。太っちょ君、これからあまえっ子になるんでしょうね。そんな姿を見るのが、楽しみです。

家猫修行、ガンバレ~

mossemamaさま

野良猫を保護されている方達に聞きますと、
結構、病気いなって捨てられる猫ちゃん達も多いと聞きました。
目が片方病気で失明していたり••
本当に必死に野良猫達を保護して、去勢しても
捨てる飼い主がいる以上、永久的に野良猫を減る事は
ありませんもの。
私も改めて動物を飼う覚悟を今回の事件で思い知らされました。

黒目がちな巻き毛さんへ

スペインにお住まいだったのですね。
私はスペインは行った事がありませんが、何時か、”サンティアゴ巡礼道”を歩くのが夢です”:)) そして出来たらまた海外に住んでみたいと思っております。何時になるやら??(苦笑)

なごやんさんへ

私も、本当に本当に何度太っちょを自由にしてあげようかと。
田舎で太った野良猫でしたから。
こんな狭いマンションの家猫にするのは残酷すぎると思っていました。

実家の敷地内に住んでいる
義理の妹の話ですと、太っちょは2年くらい前から義理の妹の所には現れていたみたいなんです。で、その時は赤い首輪をして、
優雅にウロチョロしていたらしいです。初めて聞きました。

それが、何時しか首輪も無く、ご飯を要求し始めたらしいです。
段々貧相な顔になり、何時しか、怪我をしていたという事でした。

結局は飼い主が怪我をしても医者にも連れて行かず、
飼い主を放棄したんでしょうね。
私が出会った時は、無表情で、
顔が変形している猫でしたから。
(苦笑)あまりにも可哀想すぎてほっておけませんでした。

きっと”くぼにゃん”もなごやんさんに拾われて、本当に幸せであると
思います。自由でありたいと思うのは、住む家があって、食べるものがあるからこそ、
思える事ですもの。でも、これも縁ですよね。:))

仲買人さま

皆さんとのこうした出会いは本当に感謝しています。
仲買人さまの所は太っちょ以上に大変だったのですね。
本当に頭がさがります。それでも時間をかけて家族になる事。
中々出来る事ではないと思います。

私は、この件で動物を飼う覚悟を改めて考えさせられました。
私には本当に良い教訓でした。
でも、本当に猫ブログを書かれている方は、
猫に対しての愛情が素晴らしい方達ですね。
だから、だからこそ、太っちょの脱走の時に皆さんご自分の痛みの様に、
太っちょの事を心配して下さったのかと思います。嬉しい事です。
ありがとうございます。:)

nanamiさんへ

一番最初に頃の太っちょを見たら、本当に皆さん驚かれると
思います。凄い形相でしたから。本当に、本当にあまりにも可哀想で、
こんな狭いマンションに、
先の事なんて考えずに連れて来てしまいました。

あの無表情の太っちょが、皆さんに可愛いと言われている事が
夢の様です。
でも、表情が生き生きして、
元気に駆け回ってくれているのをみると、
本当に無理矢理でも連れて来て良かったと、
安堵の思いです。

しろにゃんさんへ

”一緒に幸せになろうね~”良い言葉ですね。
人間が気負っても駄目でしょうし。
のんびり時をかけてゆっくり歩いて行こう。と••
夫婦もそうだと思います。
誰かが、誰かを幸せにするのではなくて、
共栄共存しながら、
共に歩みよっていく。
結果は後からついて来ますもの。:))

messieさん

これ以上元気になった太っちょを想像すると••
ちょっとぞっとします。(苦笑)
確かにドイツは日本よりも動物愛護に関しても進んでいると思います。

旅も、帰る場所があるから楽しいのであって、
そのままの放浪なら楽しめないと思います。
きっと帰る為の旅なんでしょうね。:)太っちょは本当に甘えん坊になりました。
出会った頃は12年くらい生きているのかと思いましたが、最近は本当に若い猫さん見たいに元気です。お医者さんが言うのには、生まれて6年くらいだそうです。:))

こんばんは。

猫さんはエジプトの時代から家畜ではなく、
人の傍で暮らす家族...
お外で暮らしていた子だって、
そのDNAはきっと受け継いでいるはずです*^^*
太っちょ君も母さんと出会わなかったら、
こんなステキな日々の暮らしは、
無かったかも知れません。
お外が大好きだったチャーチですら、
安住の地を求めて、わが家に乗り込んで来ました。

リラックスした顔を見る限り、
今やもう、太っちょ君はりっぱな家猫さんです!

チャチャ丸さま

その通りです。:)だから野良猫を作ってしまった人間が
責任を持ってもた家猫に戻す責任もありますよね。:))

最近はこの狭いマンション部屋が
自分の縄張りであると、やっと認めたみたいです。
結構寛いでおります。そんな太っちょをみて
凄く安堵しております。:))

でも、コメントを下さる皆様も同じ様な過程を踏みながら、
猫ちゃん達と素敵な関係を作っていらっしゃる。:)
私にとっても良い勉強になります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quantum0208.blog53.fc2.com/tb.php/129-49932214

Top

HOME

Quantum

Author:Quantum
喧嘩で怪我し、左目に障害を持つエイズキャリアの太っちょと
左目が無い片目のみーそして、雨の中、段ボールに捨てられていた白美のブログです。全員、元野良猫です。
縁あってこの仔達と人間二人が一緒に暮らす事になりました。


yuuyuuy
”太っちょ”♂
2009年の2月3日より、同居。
推定年齢:8歳
FIVキャリア
dfdfdf
”みー"♀
左眼球が無い。
2009年8月より同居
生年月日:2009年5月頃
dfdfdf
"白美"♀
2010年7月より同居
生年月日:2010年5月頃

A90

A90

A90

The Memoirs.


私の回顧録

外国人付き秘書の日記
アメリカ西海岸珍道中
The Memoirs of Snowy



現在の閲覧者数:

futo546 この言葉


presented by 地球の名言




にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へしらすちゃんが、
早くお家へ戻れます様に

一日も早く 迷い猫さん達が お母様の腕に抱かれます様に.
”しらすちゃん” gift ”紀の猫”さん ”ちゃびmama”さん
”ちびちゃん” gift
”里親募集” みんな、温かい家族を待っています。

”島根発 ” 山道に捨てられた衰弱していた2兄妹 今はすくすく元気に育っております。 里親様募集中!!
”島根動物愛護ネットワーク
じゅうちゃん(♀)

このブログをリンクに追加する

ペット (3)
元野良猫 (291)
ニャンコタワー (3)
里親募集 (9)
太っちょの脱走 (3)
太っちょ発見 (1)
死 (2)
太っちょと再開 (1)
奇跡 (1)
迷子犬 (1)
置き去り猫 (1)
出会い (1)
命の重さ (3)
日本とドイツ (1)
動物虐待 (1)
キャットタワー (2)
飼い主の為のドイツ自然療法 (1)
回顧録 (12)
人生 (1)
生きると言う事 (10)
神との契約 (1)
詐欺 (1)
別れ (1)
ちび太 (4)
安楽死 (1)
The role of the secretary (1)
この季節に思う事 (62)
Reminiscences (11)
"The Legacy" (1)
悪女 (1)
虐待死 (1)
コミニュケーション (1)
Sicko (1)
毛繕い (2)
郷愁 (3)
プリンストン (2)
Superstition (1)
来た道 行く道 (1)
桜の木の下で (2)
桜の木の下で再び (1)
英語で英語を学ぶ (1)
主人の事 (1)
輪廻転生 (1)
猫白血病の陰転化 (1)
人の痛み (1)
The Ten Commandments of Dog Ownership (2)
The Ten Commandments of Cat (1)
回顧録•プリンストン (2)
回顧録•トロント (2)
太っちょの脱走から一年 (1)
太っちょとみー (19)
男脳と女脳 (1)
Adoption (1)
猫 (8)
エイズキャリア (1)
我が家に太っちょがやって来た (2)
太っちょ (39)
日本人 (1)
健康診断 (2)
みー (40)
野良猫 (4)
新参者 (10)
白美 (47)
太っちょとみーとそして、白美ちゃん (2)
太っちょとみー、そして白美ちゃん (78)
迷い猫 (3)
主人の母の事 (1)
野良猫修行 (1)
白美ちゃんとみー (16)
太っちょと白美ちゃん (10)
頑張れ日本 (1)
ドリームライナー787 (3)
虹の橋 (2)
蓄膿 (1)
父の事 (2)
新米ちゃん (3)
ガッチャン (23)
パワーヨガ (1)
ガチャコとクマオ君 (2)
イタリア旅行記 (17)
トールペイント (1)
シンガポール (1)
ガチャコとクマオ (1)
シアトル (6)
エバレット工場 (1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。