スポンサーサイト

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クレス先生

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09


DSC_1593_convert_20130106191008.jpg

4年前に太っちょの脱走事件の時に
ブログで知り合ったドイツの獣医師、クレス聖美さん。
日本に帰国の際に
わざわざ自然療法の薬を持って千葉の我が家迄逢いに来てくれました。

素敵なご夫婦である。ご主人が本当に優しい。:)
でも••彼女も以前私と似た様な経験をされています。

彼女は北大を卒業後one-wayチケットを手に一人でドイツに渡りました。
逞しい女性です。でも、性格は本当に温和でのんびりしています。(苦笑)

DSC_1646_convert_20130106191030.jpg

ドイツらしい素敵なキッチン。憧れるわ〜。
でも、私と同じで料理が苦手らしい。(おっと失礼!)(笑)

DSC_1654_convert_20130106191057.jpg

部屋中猫グッズがいっぱい。

DSC_1655_convert_20130106191119.jpg

ここにも••

DSC_1665_convert_20130106191147.jpg

名はMikaちゃん。プライド高きお嬢様。

DSC_1677_convert_20130106191209.jpg

こちらはTaroさん。
太っちょと同じで温厚な優しい性格。
私の主人とも相性がいいらしい。:)


DSC_1686_convert_20130106191231.jpg

もう一枚Taroさん

DSC_1705_convert_20130106191253.jpg

最後はShiroさん。
まるで女の仔の様なモフモフ猫さん。
惚れ惚れする程の美猫さん。
実際はもっとゴージャス。ただ聖美さん曰く、
このShiroさん相当な”アホ”らしい。
きっと我が家のみ〜たんと同じで”の〜たりん”らしいが••おっと失礼。(笑)


tashirojima01_04-1.jpg

彼女は本当に猫が好きなんだと思う。
2ヶ月に一度日本に帰って来ます。
その度に実費で田代島に渡り、
島の猫達にワクチンを打ったり、健康状態をみています。

島の為に立ち上がる人々
で彼女が載っています。


沢山のコメントありがとうございました。:)
今日はコメント欄をお休みさせて頂きます。
たおやかな1日を〜。:)


futo546


あたい、”み〜たん”。
”お知らせ”でしゅ。


E58699E79C9F-2_20121117000513.jpg

futo546


ブログ仲間の
”ふう庵”
さんがが子猫さんシリーズで、ポストカードを販売いたします。
彼女の素敵な作品です。プレゼントに如何でしょうか?:)

Aセット(6枚)1,000円
Bset.jpg

Bセット(6枚)1,000円
Aset.jpg

こちらで注文可能です。是非お立寄を。:)
以下アイコンをクリック! :)


kako-yrXW89lIPxaTAvOf.jpg

futo546


peeping-05s.jpg

こちらも人間先生の季節の可愛いポストカードを販売中です。
クリスマスのプレゼントに如何でしょうか?
是非、お立ちより下さいませ。

絵:人間先生

futo546

スポンサーサイト
Holy Shit!

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

Holy Shit

E58699E79C9F_20121105053913.jpg

母ちゃんが怒っています!!

DSC_1487_convert_20121103085108.jpg


イタリア旅行の最後の”落ち”です。

ここのガソリンスタンドで、主人がゆっくりバックした時にちょっとだけ車の端っこが
コンクリートに”ゴッチン”した。
ハンカチで拭いて••ま〜これくらい分からない。分からないと、お気楽に••
出発!!!


DSC_1131_convert_20121125105715.jpg

イタリアの国境付近の町スイスルガーノで
ハーツのレンタカーオフィスで対応してくれたお姉さん?おばさん?
は凄くフレンドリーで優しかった。でも、スイス北西部のバーゼルを返却した時の若くて
モデルさんの様な女性は舐め回す様に車をチェックし、
(イタリアは返しっぱなしだったぞ!アメリカも返しっぱなしだったぞ!)
タイヤとホイールに擦れたた後と、後ろの少しの傷が見られます。
追って請求が行くと思います”と言われ••


私: ”はぁぁぁぁ????????そんなの保険でカバーされているでしょうが!!!!!!”
ハーツの女性: ”いえ、こちらの入られた保険では保証されません、アメリカとヨーロッパでは
違います。”



オーマイガー! ホーリーシット! ジーザスクライスト!!!!



主人何も言い返さず素直にサインオする!!!!
あんたね!!!!一言!言い返しなさいよ!!!!!



スイス人信じられない。結局日本で13万円の請求が••
一切内訳の請求書無し。タイヤとホイールに少しの擦れた跡と少しの傷。
どう見積もっても5万円くらいだろうが!!!!!
許せん!!!!
私がアメックスのカードキャンペーンで稼いだお金。少し美味しい物でも食べようと
頑張ったのに。食事は殆どスーパーのサンドイッチ。イタリアでも、スイスでも
ろくな物は食べていない••おかげで日本に帰って体重はかったら2キロ落ちていた。(苦笑)


挙げ句の果てに、
先月のカードの請求書にまたイタリアミラノのハーツから14,000円の請求が来ている。
既にレンタル料はイタリアのローマで支払ったろうが!!!!!
何でイタリアのミラノから請求が来る訳!!!!
明日、ハーツに電話をしてやる!!!!


DSC_1588_convert_20121103085136.jpg

スイス北西部のバーゼル駅。
ドイツとフランスとスイスの3国の国境が接する地点に位置。
これからクレス先生の住むドイツへルンルン気分で向かうはずが••


DSC_1590_convert_20121103085227.jpg

二人ともほぼ無口に•••異様な空気が流れたのでした〜(笑)

E58699E79C9F-1_20121127182434.jpg

白美ちゃん!!!!
あんた私達がイタリアに旅行中、何か呪いでもかけたでしょう!!!!!


分かった?おばしゃん!
あたい達を"置いてけぼり"にして遊びあるっていると
こういう事になんの! ふふっ。
 by 白美

イタリア旅行の最後の”おちです”。(笑)
どうぞ笑って下さい。
節約してもお金という物は手からこぼれ落ちて行きます••


futo546


あたい、”み〜たん”。
”お知らせ”でしゅ。


E58699E79C9F-2_20121117000513.jpg

futo546


ブログ仲間の
”ふう庵”
さんがが子猫さんシリーズで、ポストカードを販売いたします。
彼女の素敵な作品です。プレゼントに如何でしょうか?:)

Aセット(6枚)1,000円
Bset.jpg

Bセット(6枚)1,000円
Aset.jpg

こちらで注文可能です。是非お立寄を。:)
以下アイコンをクリック! :)


kako-yrXW89lIPxaTAvOf.jpg

futo546


peeping-05s.jpg

こちらも人間先生の季節の可愛いポストカードを販売中です。
クリスマスのプレゼントに如何でしょうか?
是非、お立ちより下さいませ。

絵:人間先生

futo546

イタリア旅行記 Part 15 木工の町 ブリエンツ

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09


DSC_1542_convert_20121008044537.jpg


スイスとドイツの国境に近いバーゼルに向かう途中でこんな景色に遭遇。
本来ならば此処でランチを食べたかった。
それも日本のおにぎりを••


DSC_1545_convert_20121008045008.jpg

湖と山に囲まれた町。

DSC_1583_convert_20121008050223.jpg

氷河から流れ込む水が独特の青さを保っています。

DSC_1556_convert_20121008050108.jpg

木工の町”ブリエンツ”とても小さな町です。

DSC_1558_convert_20121008050958.jpg

後に”関口知宏が行く 
スイス鉄道の旅”でこの町が木工の町で有名である事を知りました。(笑)


DSC_1511_convert_20121008050037.jpg

小さな教会があちこちに••

DSC_1521_convert_20121008044857.jpg

主人とこの町の散策です。観光客殆ど無し。

DSC_1525_convert_20121008044241.jpg

こんな光景が大好きで••

DSC_1531_convert_20121008044313.jpg

坂を下ったらこんな風景も
スイスに生まれていたら人生もう少し楽しめたかも??


DSC_1524_convert_20121008044207.jpg

私のお気に入りの写真です。

DSC_1571_convert_20121008050148.jpg

ここに並んでいる木工細工。ニャンコのが欲しかったのですが
あまりにも重くデカくて買えませんでした。


E58699E79C9F_20121008054957.jpg

でも、私の作品のニャンコの方が可愛いぞ!!(苦笑)

DSC_1555_convert_20121008044632.jpg

この店の横で見かけたゴールデンレトリバー
このおふたりあまりにも似ていました。もしや主人の前世はこのワンコ
ではないかと???(笑)


勝手ながらコメント欄はお休み中です。(笑)
たおやかな一日をお送り下さい。:)


futo546

”太っちょ通信”
photo-1_20100127074658_20120601053308.jpg


futo546

イタリア旅行記 Part 14ゴルナーグレート

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09


DSC_1445_convert_20120917094417.jpg

スイスとイタリアの国境にあるマッターホルン。
此処に行く為には
スイス側のツェルマットから。
でもツェルマットへは自家用車の乗り入れができないので、
(環境保護のため、排ガスをまき散らすガソリン車は一切乗り入れ禁止。)


DSC_1446_convert_20120917094455.jpg

日本では”車乗り入れ禁止”は長野県の上高地がこの様な取り組みを行っている様です。

DSC_1447_convert_20120917094604.jpg

あまりにも観光客が多過ぎて、私は全く魅力を感じませんでした。(苦笑)

DSC_1388_convert_20120917101030.jpg

ゴルナーグレート登山鉄道。これはスイスが誇る鉄道です。
スイスのツェルマットとゴルナーグラートを結ぶ登山鉄道です。
長さは9 kmで、軌間はメーターゲージ
(1,000mm、3 フィート 3と8分の3 インチ)である。
全線でアプト式ラックレールが敷かれています。ツェルマットの標高は1,604 m、
ゴルナーグラートの標高は3,089 mで、標高差は1,485 mに達するそうです。
この列車は日本人の団体でうじゃうじゃでした〜

DSC_1329_convert_20120917100658.jpg

ここからは氷河が見渡せます。

DSC_1331_convert_20120917100815.jpg

服装は様々。半袖に短パンの人も入れば、
完全装備の方もいらっしゃいます。

DSC_1343_convert_20120917100737.jpg

こちらは頂上にあるホテルとレストランです。
 

DSC_1369_convert_20120917100908.jpg

笑顔の素敵な初老のご夫婦は新婚旅行でこちらのホテルに泊まったそうです。

DSC_1349_convert_20120917101533.jpg


この格好でゴルナーグラートの標高3,089 mまで来た私の格好を見て、
主人が”渋谷にいそうなギャルおばさん”と言っておりました。(笑)
確かにな〜


DSC_1341_convert_20120917101710.jpg

でも、山は苦労して頂点を極めるから”極めた満足感”を得られるのであって
簡単にこんな格好で標高は3,089 mまで来られるなんて••なんだかな〜
空しさを感じるのは私だけ?????


DSC_1428_convert_20120917100405.jpg

真っ青な空と空気は澄み渡り、こんな風景を見ながらトレッキング出来る事は
本当に幸せです。


DSC_1435_convert_20120917100508.jpg

自転車といえばヨーロッパ。
日本でいうママチャリなんてものは存在しない。
ロードバイクに乗ってヘルメット、サングラス、グローブそんな人達を沢山見かけました。
えっ????み〜んな競輪の選手なの?????と言う格好でした〜(笑)

DSC_1433_convert_20120917100240.jpg

本当に美しいマッターホルンでした。




futo546

”太っちょ通信”
photo-1_20100127074658_20120601053308.jpg


futo546

イタリア旅行記 Part ス13 天空の山、マッターホルン

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09


DSC_1378_convert_20120917100200.jpg

山頂や登山路に石を積みあげて、記念や道標とするケルン。
この天空の山、マッターホルンとよく似合います。


DSC_1360_convert_20120923074148.jpg


ゴルナグラード鉄道(登山電車)の中で出会った一人の品のある初老の女性。
あまりにも笑顔が素敵で
一緒に写真を撮らせて頂きました。
団体客やカップルが殆どのこの地、一人でこんな頂上まで何為に??
と疑問を抱きつつ。一期一会の出会いにこの旅で一番感動した
彼女との出会いでした。
私はこんな出会いを人生の中で何度した事でしょう。
お互いの人生を語り合いながら一期一会の出会い。
その彼女達の笑顔が人生が、今でも私の生きる支えとなってくれています。

DSC_1361_convert_20120917100011.jpg

彼女は最近ご主人を亡くされて、今は亡きご主人と来た新婚旅行の場所を
思い出の記憶を一人で歩かれているそうです。

”あそこに山が見えるでしょ?あのの頂上から二人で滑ってスイスの国境を越えるの。
たった20分でイタリアに入ってしまうのよ。”
とても幸せそうに話しておられました。
笑顔が素敵な女性ってやはり輝いています。
アメリカでもそうでしたが、80歳近いおばあちゃんが本当に
過去の思い出を語る表情は素敵です。
激動の時代を生き抜いた人達の人生の歴史を笑顔の中に
垣間みる事が出来ます。

futo546

”太っちょ通信”
photo-1_20100127074658_20120601053308.jpg


futo546

Top|Next »

HOME

Quantum

Author:Quantum
喧嘩で怪我し、左目に障害を持つエイズキャリアの太っちょと
左目が無い片目のみーそして、雨の中、段ボールに捨てられていた白美のブログです。全員、元野良猫です。
縁あってこの仔達と人間二人が一緒に暮らす事になりました。


yuuyuuy
”太っちょ”♂
2009年の2月3日より、同居。
推定年齢:8歳
FIVキャリア
dfdfdf
”みー"♀
左眼球が無い。
2009年8月より同居
生年月日:2009年5月頃
dfdfdf
"白美"♀
2010年7月より同居
生年月日:2010年5月頃

A90

A90

A90

The Memoirs.


私の回顧録

外国人付き秘書の日記
アメリカ西海岸珍道中
The Memoirs of Snowy



現在の閲覧者数:

futo546 この言葉


presented by 地球の名言




にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へしらすちゃんが、
早くお家へ戻れます様に

一日も早く 迷い猫さん達が お母様の腕に抱かれます様に.
”しらすちゃん” gift ”紀の猫”さん ”ちゃびmama”さん
”ちびちゃん” gift
”里親募集” みんな、温かい家族を待っています。

”島根発 ” 山道に捨てられた衰弱していた2兄妹 今はすくすく元気に育っております。 里親様募集中!!
”島根動物愛護ネットワーク
じゅうちゃん(♀)

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。